弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

マリオット ステータスマッチ Go To一時停止に忖度なのか

スポンサーリンク

f:id:dantra:20201217015501j:plain

昨日、マリオットヴォンボイのサイトにログインし、概要を確認してみるといつもと違う感じがしましたので、記事にしてみました。

PCサイトからログイン

f:id:dantra:20201217015256j:plain

いつものように昨日ログインしてみると概要画面に見慣れない表示があり、確認してみると

2019年のエリート会員の皆様:  以前にもお伝えしましたように、お客様のエリート会員資格の有効期限は2022年2月まで、1年間延長されました。次のエリートレベル達成を早めることができるよう、このたび、2019年のエリートステータスに対して必要なエリートナイトクレジットの50%を、お客様のアカウント加算したことをお知らせいたします。

とあります。加算された証跡はないものの、「2022年2月まで、1年間延長されました」は気になるところであります。

年明けにエリートナイトクレジットが加算されるのであれば、チタンにも挑戦ありかなと思いますが、どういうことなのか不思議であります。

ステータスマッチでの2022年2月まで有効期限ルールは

f:id:dantra:20201217015312j:plain

紆余曲折はあったものの、ステータスマッチに成功したのは2020年9月後半であり、2022年2月までの延長には、3か月以内に15泊が必要と言うことであり、今現在、13泊であり、まだその基準には達成していない状況であります。

先行して札幌と大阪でGo Toが一時停止されたことに対する忖度かと考えてみましたが、そのような情報のツイートはなく、忖度で15泊よりも少ない(10泊ぐらい)滞在数で緩和されているとなると嬉しい誤算となりますが、そんなに世の中甘くはないとも感じています。

そうするとあと2泊、自粛下において、どこに滞在するかと言うことになってしまいます。

後に2泊の処遇

f:id:dantra:20201217015335j:plain

東京は12月18日チェックインからGo To トラベルの適用除外となり、今日、どこかに泊まり行く事でかろうじて適用となると言えます。

家から歩いて行ける対象のホテルもありますが、都内で滞在できる最安の3倍くらいするため、ドコモのサイクルシェアで行けばよいのですが、あの自転車のハンドルとか消毒している風もなく、アハモ並みのセルフ消毒とかなので悩みどころです。

明日は運動と言うことで長距離を歩いても良いとして、明後日以降のラスイチが問題となります。

Go Toを考えると多摩川を渡って、横浜駅前に行くか、荒川と利根川を渡って栃木に行くかと言うのが選択肢になりますが、without Go To でも都内で安いところがあるので、動かない方がいいのかなと考えてしまいます。

最後に

f:id:dantra:20201217015909j:plain

概要画面で出ているのはバグなのか、忖度による特別対応なのか不明ですが、安牌を考えるとルール通りに15泊することが良いかなと考えてしまいます。

期日が迫っており、Go To期限の今晩と翌日ぐらいにはチェッカーフラグを振っておきたいところです。予備で1日滞在して、仮想PLT達成感を味わうのも良いかもしれません。自粛と言う文字がなければ沖縄に再び行きたいところでありますが。

しかし、マリオット系列で15ないし16泊の3か月は意外とさらりとしており、IHGを前半に全国行脚してきたことからするとかなり優遇されたステマなのかもしれません。

そういう意味では来年は新規拡大する同系列の同ホテル巡りを兼ねてチタンを目指すと言うのも有りかもしれません。まずは、今年の残りをきっちりクリアするのが先決であります。 

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.