弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ルフトハンザ  プレミアムエコノミー バンコク=ケープタウン往復が激安

スポンサーリンク

ルフトハンザプレミアムエコノミー 海外発券

ルフトハンザのプレミアムエコノミーのバンコク=ケープタウン往復が安いため、まとめてみました。

旅程

旅程は下記のとおりです。

フルとハンザプレミアムエコノミー旅程

5月1日の夜にバンコクを出発し、ケープタウンに5月3日の朝に到着します。帰りは5月6日の夕方ケープタウンを出発し、5月8日の午後にバンコクに到着します。

フランクフルト=ケープタウンは直行便のため、ヨハネスブルグでの乗り継ぎもなく、ドイツからそのままケープタウンです。

機材は4区間ともエアバスA340-300と古めですが、プレミアムエコノミーのシートは機体の年齢より新しいシートです。

運賃

ルフトハンザプレミアムエコノミー激安

運賃は約217,265円予約クラス

Nクラス(AMC100%加算搭乗ポイントも付与)

プレミアムポイント計 24,426PP

PP単価 8.89円

PP単価は9円台であり、ケープタウンとアクセスが限られた場所でなかなかの単価と言えます。

最前列席が空いていたら即指定

ルートマップ

4区間とも11時間超のフライトであり、シートピッチ38インチのプレミアムエコノミーと言っても、長時間の同じ姿勢は窮屈です。

最前列席は膨大に広いと言うわけではありませんが、前から座席が倒れてこない最前列席が空いていたら座席した方が良いと言えます。

敢えて、最前列席が空いている日程にするのも良いかもしれません。

フランクフルトでストップオーバー

フランクフルト

フランクフルトにおいて、往路または復路でストップオーバー(途中降機)して、旅程を下記の例のように分割することもできます。

A.5月 東京→バンコク→フランクフルト→ケープタウン→フランクフルト→東京

B.8月 東京→フランクフルト→バンコク→東京

もちろん、フランクフルトから東京往復のチケットを用意する必要はありますが、Aで一気にケープタウンに行き、東京に戻る。Bで東京からフランクフルトに行き、欧州を観光した後に、バンコク経由で東京に戻る。ということもできます。

そして、Bで東京=フランクフルト往復をするよりもチケットは安上がりになり、Aのケープタウンの旅の帰路も楽になります。

途中降機した場合、片道あたり約3万円高くになりますが、旅行を二度楽しむことができます。早くマイル修行を終えて、事前上級会員サービスを受けたい人に向かないかもしれませんが。

最後に

今回は5月頭の旅程で検索してみました。改元に伴う特例の連休のため、日本からバンコクまでのアクセスが限られて厳しい旅程になることもあると言えます。しかし、夏休み時期とその後の連休と組み合わせて、風光明媚なケープタウンとドイツ、そしてタイを一気に味わうまたは、分割して味わうのも良いかもしれません。

ケープタウン

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.