弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

全便ビジネスクラスのLCC パリとニューヨーク(EWR)を結ぶ航空会社がクールすぎる

スポンサーリンク

ラ・コンパニー

パリとニューヨーク(ニューアーク空港)を結ぶ、前席ビジネスクラスの航空会社である「La Compagnie(ラ・コンパニー)」が思いのほかクールで記事にしてみました。

La Compagnie(ラ・コンパニー)とは

757

同社ホームページより

ルートマップ

ラ・コンパニーとは2013年に設立されたフランスの航空会社であり、パリ・オルリー空港とアメリカ・ニューアーク空港のみを結ぶ航空会社であります。機材はボーイング757のみですが、2019年春から2機のエアバスA321neo新造機の導入を計画しており通路が一つしかない旅客機では最長フライトができるA321LRで就航するようです。

同社の存在意義は「ビジネスクラスをフルサービスキャリアよりも2-3割安く提供し、同等のサービスを提供する」ところに意義があります。会社設立には早期に事業をスタートするために、簡単に言うととある航空会社を買い、リブランドして立ち上げたようです。

ビジネスクラスサービス

同社ホームページより

そして、ビジネスクラスのみでありながら、サービスをよく、運賃は安くをコンセプトにしているようです。パリとニューヨーク間はありとあらゆる所得層がいるため、このようなコンセプトも成り立つと言えます。

スーパーモデルの卵などがターゲットかも

同社のサイトを見ていると使用されている画像には、若い女性やスリムなスーツをまとった男性が多く採用されており、ビジネスクラスとは言え、高収入の若年層がターゲットとしている可能性もあります。

機内食

同社ホームページより

既存のビジネスで積み上げてきたパーソンではなく、これから成長していく、若年層や新たなビジネスを生み出すパーソンに向けて、将来性とクールさを訴求し、長期的な顧客獲得を喚起しているのかもしれません。または、将来的に顧客から投資を受けることも考えているのではないかと想起してしまいます。

こうしたフライトに搭乗すると将来のスーパーモデルや富豪との接点ができるかもしれません。

同社のシートスペックは

シートスペック

同社ホームページより

同社では、ナローボディのボーイング757で運用されており、シート配列は2-2となっています。シートグルではシートピッチは62インチ、シート幅は26インチであり、シートの角度は175度までリクライニングされるライフラット仕様となっています。

シートマップ

新造機のA321neoはフルフラット

新造機のA321neoはシート配列は2-2でありながら、フルフラットであります。シートモニターは15.7インチであり、Wi-Fiも搭載されます。

パリとニューヨークいずれもラウンジの利用が可能

LCCではビシネスを提供していても、シートだけの場合もありますが、同社ではパリ・オルリー空港とニューアーク空港のいずれも出発の際にラウンジが利用できます。ニューアークでは「Art & Lounge」が利用でき、パリ・オルリー空港では「ICARE LOUNGE」が利用できます。

ホームページがクール

同社のサイトが飛行機並みにクールであります。色の使い方や画像の使い方が巧妙であり、閲覧するターゲットが絞られていることもあるのかもしれませんが、とてもクールです。JALは新たなLCC事業に参入に当たり、「ぶっ飛んだLCC」と言うコメントをされていますが、是非参考にしてみては良いのではないかと思います。

La Compagnie - New York, Paris

運賃はどれくらいか

運賃

同社ホームページより

大西洋間のフルサービスキャリアのプロモーション運賃よりも安いようですが、実際検索してみると圧倒的に安いわけではなく、2-3割ほど安い程度であり、単純な欧米間で購入しなければ、フルサービスも安い場合もあります。それでも事業が継続できているのは、何かしらの魅力があると言えます。10万円ちょっとで往復できるのであれば、一定の収入があれば、利用したくなると言えます。

マイレージプログラム

同社のマイレージプログラムは同社単独であり、運賃の種別により、積算するポイントが異なります。そのため、パリとニューアークを片道での特典航空券をゲットする場合は、相当数の往復が必要です。また、同社の有償航空券利用の際の予約変更手数料にも充当できます。日本のマイラーにとっては、かなり遠い存在と言えます。

最後に

マイルを貯めて飛行機に乗ることや上級会員ポイントをいかに安く搭乗できることばかり考えているとこうしたニッチで尖ったサービスを提供する航空会社は見過ごしてしまうところですが、生涯にわたってフライトを楽しむのであれば、こうした航空会社を利用するのも良い経験になるのではないかと思います。また、思わぬ出会いがあるかもしれません。

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.