弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

JALは モビルスーツで5スター継続か

スポンサーリンク

JAL 5スター

JALの2019年2月12日付のプレスリリースが興味深いため、記事にしてみました。いろいろな課題を解決できそうであり、今後のエアラインのサービスレベルのポイントとなるかもしれません。

空港の手荷物・貨物搭降載業務にパワードウェアを導入

JAL着用型ロボット

JALホームページより

JALでは、空港の手荷物・貨物を飛行機の荷物室に載せたり、おろしたりする業務にパワードウェアを導入するプレスリリースを出しています。

パワードウェアとは着用型ロボットとも呼ばれています。荷物などを持ち上げたりする時に、腰や腕になどかかる負担を電動力などでアシストし、人体への負荷を軽減且つ、性別や体格により、本来持ちあげることのできないような荷物を持ち上げることができます。

現在、普及している電動アシスト自転車を想像するとわかると思いますが、坂道や逆風、子供を同乗させた場合でも、ペダルがラクラクであるように、この着用型ロボットを利用すると重い荷物もラクラク持ち上げられるようです。自由で動く姿は、まるでガンダムのモビルスーツを想起してしまいます。

モビルスーツの正体は

atoun社

モビルスーツの正体はATOUN社という、奈良に本拠地を構える企業であり、パナソニックの社内ベンチャー制度により設立され、三井物産からサステナビリティの観点からの資本提携を受けて、着用型ロボットを開発、普及に向けて展開しているようです。

この着用ロボットはガンダムのモビルスーツのように、自分の手として動くため、これまで手荷物・貨物搭降載業務に就くことが難しかった人でもそれを可能とするため、雇用の拡大(逆に言うと人材の確保)にもつながり、人手不足の解消とダイバーシティの拡大という課題解決にもつながると言えます。

実際、海外の空港から窓側の座席に着席し、離陸に臨むと腕に彫り物があるゴツイ兄ちゃんや力士級の巨漢がスーツケースを機内に運んでいたりするのを見ると激務とも言えます。

ATOUN社製品ページ

JALの企業理念

JALの企業理念を調べてみると以下のとおりです。

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、

一、お客さまに最高のサービスを提供します。

一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

JALホームページより

株式会社である以上、公明正大に利益を上げ、利益剰余金を株主に還元することは必至でありますが、日本のインフラとしての企業でもある航空会社には、利用する顧客への最善のサービス、雇用の確保を持続的に続けていくことも重要であり、そうしたことが新たな同社への投資を呼び込むこととも言えます。

今回の取り組みは、人手不足の解消も直接的には効果がありますが、誰もが働きやすい職場であることや従業員の立場からすると、持続的な企業経営につながるためポジティブと言えます。

モビルスーツが5スターに寄与

預け荷物は利用者からすると飛行機搭乗では当たり前の出来事であり、あまり関心がない出来事と言えます。しかし、飛行機が着陸し、降機した後に荷物が出てくるのが遅かったり、出てきたスーツケースに思いっきり傷が付いていたりするとイライラさせられたりするものであります。

中にはスーツケースに傷がついてこそ、トラベラーとしての味が出ると言う人もいますが、やはり傷がついたりするのは嫌なものです。

また、早く目的地に向かいたい、家に帰りたい人にとっては荷物が出てくるまで待機するのは想像以上にイライラとして、旅行気分が台無しになることもあります。

モビルスーツにより、今までよりも負荷の軽減できれば、より荷物に注意を払い、同じ時間で多くの荷物を裁けるのであれば搭乗客にとっても、心地よいと言えます。

折角、シートの間隔を拡大したり、機内食を改善して機内の満足度を上げても、預け荷物でケチをつけられると結果的に評価が下がると言えます。

こうしたところでも改善するのは近年のJALらしいとも言えます。そして、こうした継続的な積み重ねがスカイとラックス社などのレーティングに寄与するとも言えます。

最後に

今回はJALにフィーチャーしましたが、ANAでも預け荷物を機内に運んだり、機内から空港にとどけるトーイングトラクターの自動運転を実証実験をしており、人手不足と顧客満足度向上に取り組んでおり、人をある地点からある地点に運ぶ運輸業から、移動自体を顧客の記憶に残るようなサービスにしようとする動きがあり、JAL,ANAともに今後も注目であります。

JAL羽田

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.