弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

まずは、ディスカバリストをクリア ホテル修行が楽しくなるか

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210114232645j:plain

ワールドオブハイアットの上級会員資格が例年の半分と言うことで、あっという間にディスカバリストをクリアしましたので、記事にしてみました。

ワールドオブハイアットの会員資格

f:id:dantra:20210114232758j:plain

ワールドオブハイアットではANAのブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドのように3段階で会員制度が年間で設定されています。

ワールドオブハイアットでは貴金属的な名称ではなく、旅する人的な名称が各ランクで設定されています。

上級会員の名称は

ディスカバリスト

エクスプローリスト

グローバリスト

となっています。istと名付けるあたりは旅人の前提とも言え、ちょっと奥ゆかしさもあります。他のプログラムでは貴金属(場合によっては宝石)の単価の高い順になっており、人の肩書のような名称はある意味、人間味があるのかもしれません。

2021年のワールドオブハイアットの基準は半額

エアライン、ホテルともに新コロに苛まれており、各社上客のつなぎ止め施策が激熱となっており、上級会員に向けては下駄を履かせたり、新規チャレンジャーには二倍の施策をとったりするなど、とにかくステイ欲しいのが見えます。

ANAのように梯子を外したりするところもありますが、実質的な損失は手続きを踏めば、なしとしているところを考えると、2022年のステータス修行はかなり良いのではないかと感じ、原動力となる場合もあります。

しかし、ビギナー会員にとっては優遇があった方が、その後、入れ浸りにつながるものであり、演出の塩梅どころでもあります。

ワールドオブハイアットでは、マリオット、ヒルトン、IHG、アコーホテルズと比べると規模的には小さいですが、インパクトのある施策を出しており、結構楽しいかなと思っています。

ディスカバリスト達成

f:id:dantra:20210114232617j:plain

全く意識していなかったのですが、メールで「おめでとうございます。お客様をディスカバリスト会員としてお迎えします。」と言うタイトルでメールを受信すると見てしまいます。

2021年のディスカバリストの達成基準は5泊または12,500ポイントであり、同社が手掛けているプロモーションのボーナスジャーニーを活用すると12月のステイも活用できます。

それを活用して、年末に滞在した2泊と2021年から滞在した3泊で計5泊となったため、ディスカバリストとなりました。

エアラインのブロンズ的な扱いのため、ここに留まることなく、グローバリストまで行くのですが、ディスカバリストの冠で得られるものもあります。下記はその特典です。

対象となる料金のお支払いに対して10%のボーナスポイント

ご予約いただいた客室タイプ内でのご希望の客室 (空室状況によりご利用いただけない場合があります)

無料のプレミアムインターネット(一部の施設)

レイトチェックアウト(一部の施設では空室状況に応じてのご提供となります)

インターネットは平会員でも無料であり、日本国内ではテザリングすればプレミアムな環境はあり、客室タイプとレイトチェックアウトがポイントとなりそうです。

修行断面では最安レートの部屋を購入して、どこまでいいルームとなり、いつまで滞在できるかがポイントとなりそうです。

ワーケーションではいつまでホテルで仕事をするかと言う点もあり、レイトチェックアウトがキーかもしれません。

最後に

f:id:dantra:20210114232725j:plain

ディスカバリストは通過点であり、次のエクスプローリストから客室のUGが効いてくるため、修行本番と言えます。緊急事態もあり、当面は新宿が一番、個人的に移動も少なく、対象となりそうです。次の景色が見えたら、銀座とかもあるかもとれません。 

www.dangan-lucky.comwww.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.