弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

まさかこんな事になるとは、羽田空港国際線夏ダイヤスタート

スポンサーリンク

羽田空港

2020年3月29日、羽田空港の国際線の夏ダイヤがパワーアップし、国際線ターミナル(現ターミナル3)がオープンして以来の大きな変化の日でしたが、あまりにも事態が変わってしまったため、記事にしてみました。

寂しすぎる夏ダイヤ初日

3月29日の羽田空港のホームページより、国際線出発の全便(欠航便除く)をピックアップしてみました。

3月29日出発(予定)一覧(AM7時現在)

定刻 変更 行先 航空会社 便名 ターミナル 状況
0:05 23:57 LAX ANA NH1906 T3 出発済み
0:55 0:37 BKK ANA NH877 T3 出発済み
8:50   LHR ブリティッシュエアウェイズ BA8 T3  
8:50   TSA JAL JL97 T3  
9:15   SIN シンガポール航空 SQ631 T3  
9:45   MNL ANA NH869 T3  
10:15   CGK ANA NH855 T2  
10:20   IAH ANA NH114 T2  
10:40   ORD ANA NH112 T3  
10:50   BKK ANA NH847 T3  
10:55   IAD ANA NH102 T2  
10:55   DFW JAL JL12 T3  
11:00   JFK JAL JL6 T3  
11:05   SIN ANA NH841 T2  
11:15   BKK JAL JL31 T2  
11:20   LHR JAL JL43 T2  
11:35   LHR ANA NH211 T2  
11:45   ORD JAL JL10 T3  
13:05   VVO S7航空 S76290 T3  
13:15   LHR ブリティッシュエアウェイズ BA6 T3  
14:55   FRA ルフトハンザドイツ航空 LH717 T3  
15:25   DTW デルタ航空 DL276 T3  
15:40   LAX デルタ航空 DL8 T3  
15:45   SFO ユナイテッド航空 UA876 T3  
16:00   IAD ユナイテッド航空 UA804 T3  
17:15   EWR ユナイテッド航空 UA130 T3  
17:45   ORD ユナイテッド航空 UA882 T3  
18:20   LAX ユナイテッド航空 UA38 T3  
19:20   SYD JAL JL51 T3  
21:00   HNL JAL JL74 T3  
21:05   SEA ANA NH118 T2  
22:30   SYD ANA NH879 T2  
22:55   LAX ANA NH106 T2  

33便のみの運航であり、最多はANA13便、次いでJALの8便となっています。ほかの航空会社ではS7航空、ブリティッシュエアウェイズ、ユナイテッド航空、デルタ航空、シンガポール航空のみとなっています。

欠航は100便近くとなり、4分の3が欠航しているかたちとなります。なんとも寂しすぎる夏ダイヤ初日であり、こんなことは昨年末、いや今年の1月末でも誰も想像していなかったと思います。

夏ダイヤの初出発はANAロサンゼルス行き

初便はANAのロサンゼルス行きのNH1906便でした。便名からしても初便狙いの感があります。過去に国際線の初離陸でANAとJALが競った記憶がありますが、今回はANAがロサンゼルス、続いてバンコクとワンツーとなっています。

ターミナル2からの初の国際線はジャカルタ行のNH855便のようです。続いて、ヒューストン、シカゴ、バンコク、ワシントンD.C.と続きます。

最終の出発便はANAのロサンゼルス行きとなり、最初と最後はANAロサンゼルス行きとなっています。

粛々とオープン

ヴィラフォンテーヌ羽田空港

新型コロナウィルスによる感染症拡大する中でも、ターミナル3やターミナル2の施設は粛々と開業しています。この後、第3ターミナルと直結するホテル「ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港 」と「ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港 」が4月下旬にはオープンの予定でしたが、夏ごろに延期となっています。

さらには7月にZEPP HANEDAがオープンし、5GLIVEも可能となるようです。

新型コロナにより、東京オリンピックが1年程度延期となり、延期となったとたんに外出自粛要請が強くなり、連日報道されています。

行動が制限されてから月日が経過しているためか、SNSやネット記事、ブログを見てもストレスが相当たまっているようなコメントや記事にもあります。そのためか、用事があって外出する場合でも、周りの視線が気になり、委縮してしまうような事態となっています。

8月の予定は結構空いている

最安運賃地図

上図は8月出発の羽田発のプレミアムエコノミー往復(スターアライアンスとワンワールド)の最安運賃です。例年8月となると20-30万円の運賃が多くなりますが、今年はとても安くなっています。

こんな事態で、オリンピックも延期となったため、予約していた人がキャンセルしたり、予約を差し控えているからであると思われます。

個人的にも今予約するかと言ったら微妙ですが、あと4か月も外出もできない事態が続くとどうなってしまうのかと思います。

計画を立てるのは自由であり、これまでのマイル修行で却下となった結果は数多あるので、こんな安さで色々と計画を立てていると時間が経つのを忘れてしまいます。

最後に

トリッププラン

3か月前はまさかこんな状況になるとは思いませんでしたし、武漢のニュースが始まりだした年始でもまだ、こうした事態になるとは想像できませんでした。

日を追うごとに事態は深刻化しているというか、現実が明るみになっています。ただし、現実が見えてくると絶望だけではなく、見通しも見えてくるため、耐えつつ、先のことを考えるしかないかという感じです。

幸い、航空会社やホテルでも特別対応やステータス延長の措置も出ており、前向きに色々と計画が立てやすいので、旅行で一番楽しいともいわれる計画をしまくるのがいいストレス解消になるかもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.