弾丸トラベルは怖くない!

マイル、飛行機、鉄道、海外・日本国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

フェアフィールドバイマリオット札幌【2022年宿泊記】6連泊でアップデート

スポンサーリンク

フェアフィールドバイマリオット札幌

恒例の札幌での連泊でしたが、今回は中抜きで東京に戻ってみましたので、お伝えします。

連泊数が多いとアップグレードは渋め

フェアフィールドバイマリオット札幌 フロアレイアウト

連泊数が多いとそれだけ、部屋を占有され、いい部屋を提供してしまうと、その部屋を一週間とか提供してしまい、他のプレミア会員へのアップグレードや良い部屋レートでプロフィッタブルなレートをつけることができなくなってしまいます。

これまでは10~08が常でしたが、今回は1015とちょっと変わった位置でした。

フェアフィールドバイマリオット札幌 ツインルーム

広さとしてはこれまでと変わりませんが、特徴的なテーブルがありません。仕事をするうえで期待していたのですが、ちょっと残念です。

フェアフィールドバイマリオット 壁画

このあたりは日本初のフェアフィールドバイマリオットのためか、金太郎飴の西日本の積水とは一線を画しています。

何よりも札幌と言う都心でありながら、西日本の田舎のよりも広いと言うのが満足であります、

マリオット系は札幌では豪華なブランドが進出していませんが、(ヒルトンもハイアットもIHGもそうですが)、その中では個人的に満足感が高いと言えます。

フェアフィールドバイマリオット 札幌 ソファ

あまり使うことのないソファセットですが、見た目的には落ち着く場所でもあります。財布とカメラの置き場に終始なっていましたが。

フェアフィールドバイマリオット札幌 空間

特徴的なテーブルがない分スペースは広めであります。このスペースでLet's!美バディでもしなさいと言うことかもしれません。エクササイズをしたらしたで、ぎっくり腰になったりするかもしれません。フェアフィールドバイマリオット札幌 デスク

特徴的なデスクがないため、手狭なデスクで3日間過ごします。と言っても、電源系は豊富であり、全然問題ありませんでした。

フェアフィールドバイマリオット札幌 コーヒー

コーヒーメーカーがあり、デロンギの電気ケトルとこの辺りは特に変わっていません。水は空いていないとチャージしないようであります。

フェアフィールドバイマリオット札幌 イメージ

朝食ブッフェに力をいれているようですが、チタン会員でも朝食はないのであまり関心がありません。と言って、最初は朝から二条市場に行きましたが、お腹の皮膚をつまんでみると、隣のローソンのおにぎりで我慢となります。淋しいですが。

USBタイプCポート フィールドバイマリオット札幌

なかなか珍しいUSBタイプCがあります。スマホの充電が早く便利です。パソコンはさすがに厳しいかったですすが。

フェアフィールドバイマリオット札幌 セーフティボックス

セーフティボックスです。留守中に活用するかと思いましたが、使いませんでした。安心な日本であります。

フェアフィールドバイマリオット札幌 アメニティ

チェックインの際に提供されるものであります。アルコールシートは普遍でありますが、ポイントとか関係ないアメニティが変更となりました。

東武グループはウェルカムの選択肢が多く、ポイントを選択したとしても、それ以外で選択肢があります。

フェアフィールドバイマリオット札幌 アメニティ 羊羹

お菓子はサブレから羊羹に変更となっています。こっちの方がお腹には良い感じであります。

フェアフィールドバイマリオット札幌 テレビ YouTube

LGのテレビです。4K放送も見られます。番組表ボタンを押して、戻るボタンを押すと同テレビのメニューで出てきて、YouTubeを見ることができます。ブラウザもありました。

フェアフィールドバイマリオット札幌 夜景

いつも東側の部屋でしたが、今回は北側であり、テレビ塔が見えました。こっちの景色もなかなかです。

フェアフィールドバイマリオット札幌 時計台

そのテレビ塔の麓に行ってみます。札幌駅から同ホテルまで歩くと、歩者分離式横断歩道に立ち往生がしばしばですが、歩者分離式の横断歩道を避けてクネクネ歩いてくるとテレビ塔あたりで創成川に到達します。

あとは川にある遊歩道を直進すればあまり信号のかからないルートであります。

フェアフィールドバイマリオット札幌 バスルーム

フェアフィールドバイマリオットにしては広いバスルームであります。普通のフェアフィールドバイマリオットの場合、部屋と一緒ですが、こちらはバスタブとトイレと一緒であります。

東武ホテルからそのまま引き継いだもののようですが。

フィールドバイマリオット札幌 バスアメニティ マウスウオッシュ

マウスウォッシュがありがたいところです。ついつい、コンビニで買い忘れてしまうのですが、そうした時に便利であります。

綿棒はヘアゴムと髪留めと一緒に包装されているのですが、そちらは使わないので別にした方がいいかなと思ってしまいました。

フィールドバイマリオット札幌バスアメニティ
フィールドバイマリオット札幌 バスソルト

こんなアメニティあったかなと過去の自分の宿泊記を見てみましたが、なかったのでアップグレードされたようです。もちろん、フェアフィールドバイマリオットらしい緑色のリキッドもあります。

バスソルトはいつものようにありました。淡い香りがついているのでちょっとバスタイム気分を堪能できます。

近所をパトロール

フィールドバイマリオット札幌 付近のすすきののすし店

二日目はすすきのにある廻らない「町のすし家 四季花まる」に。刺し盛からスタートします。添えてある菜っ葉までおいしいです。

根室はなまる 寿司1
根室はなまる 寿2

続いて、ホタテの白子にヌタ風なネギ、すじこ、にしん、赤ホヤとしてみました。

サムサンド

そして次の日お昼です。

ホテルの裏と言うか、二条市場の東側にスポーツクラブがあり、その中にやば珈琲がありましたが、いつの間にかなくなっており、その代わりにサムサンドというサンドイッチとチョップドサラダ専門店になっていました。

レイアウトや椅子など基本的には変わっておらず、電子マネー対応でコインランドリー待ちやホテルの清掃待ちにパソコンを持って行って作業にはちょうど場所は変わっていませんでした。

アップデートと言うとホテル近くのコインランドリーから40分800円メニューが消え、60分1000円からとなり、2000円で撥水コースが追加となっていました。

値上げなのか40分コース需要がないのかわかりませんが、旅行者にはちょっと残念でした。

中二日は東京に戻る

フィールドバイマリオット札幌 ツインルーム

一日だけどうしても東京にいないとおらず、衣類等を置いたまま東京に戻ります。荷物少なく、夜出て行って、夕方に戻ってくるみたいな行程でもすんなり部屋に戻れるのはいいところであります。

何もなかったような静かなお部屋であります。

最後に

フェアフィールドバイマリオット札幌

初めてチタン修行を始めてから2年、スタート地点である同ホテルに今回も連泊してしまいました。

アップグレードはありますが、毎回広い部屋であり、仕事を一日籠ってしていても満足であり、近所をパトロールすればグルメもあり、日帰り温泉もあるので、アーバンライフ(古い言い方ですが)を巻か満喫できるかもしれません。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.