弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

デルタ航空 ビジネスクラス 名古屋=サンディエゴ往復 一撃2.5万MQM

スポンサーリンク

サンディエゴ
デルタ航空の名古屋発デトロイト経由サンディエゴ往復が安いため、まとめてみました。

デルタ航空の北米路線

デルタ航空の北米路線(ハワイ除く)は下記のとおりです。

羽田 ロサンゼルス、ミネアポリス

成田 シアトル、ポートランド、デトロイト、アトランタ

中部 デトロイト

関西 シアトル

ワンワールドやスターアライアンスと比較するとニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコに乗り入れていないものの、ハブ空港であるデトロイト、ポートランド、アトランタでの乗り継ぎは良いと言えます。

また。2020年夏からは現在、成田に就航している都市に羽田から就航することとなっており、成田線は減る可能性はありますが、アクセスの良い羽田が増え、便利になると言えます。

ビジネスクラス 名古屋=サンディエゴ往復

今回は遅い夏休みに弾丸で予定を立ててみました。

旅程

ビジネスクラス往路

往路は8月23日(金)夕方にセントレアを出発し、デトロイトには同じく夕方4時過ぎに到着します。4時間30分の乗り継ぎの後、サンディエゴに向けて出発し、サンディエゴには同日の夜10:21に到着します。

ビジネスクラス復路

復路は8月25日(日)夜10時にサンディエゴを出発し、機内泊の後、デトロイトには朝5時に到着します。約7時間の乗り継ぎの後、正午過ぎにセントレアに向けて出発します。セントレアには翌日27日(火)の午後3時前に到着します。

運賃・MQM

運賃は下記のとおりです。

デルタビジネスクラス運賃

運賃 214,140円

MQMは下記のとおりです。 

MQM明細

MQM合計 25,524MQM

MQM単価 8.39円/MQM

 一度、東部のデトロイトまで行き、そこから西海岸のサンディエゴまで再び大陸横断するため、MQMがどんどん積算し、MQM単価は下がります。マイル修行らしいルートと言えます。

A330-200のビジネスクラスのシート

デルタワン

今回、セントレアとデトロイト間は往復ともにA330-200であり、ビジネスクラスのシートは1-2-1タイプのヘリンボーン型のシートとなります。

最新型のA350-900やA330-900では、扉付きの個室タイプのデルタ・ワン。スイートなり、より快適ですが、A330-200のシートでもフルフラットとなり、快適と言えます。

MQM単価が8円台前半と言うことを考えるととてもお得と言えます。

最後に

羽田発でもサンディエゴ行きは同様の値段で往復が検索では出てきますが、ロサンゼルス経由となるため、MQM単価が11円近くまで上がってしまいます。

一方で、羽田=ロサンゼルス間はA350で運航されているため、デルタ・ワン・スイートを堪能できると言えます。

ステータスマッチ・チャレンジにおいて、プラチナの延長を狙うのであれば、一撃で必要なMQMを獲得できると言えます。

サンディエゴ

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.