弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル宿泊記 プライム・キングルームは広い

スポンサーリンク

f:id:dantra:20201021003208j:plain

銀座6丁目にあるマリオット系のコートヤード・マリオット銀座東武ホテルに宿泊しましたので、お伝えします。

ロケーション

f:id:dantra:20201021003214j:plain

同ホテルは銀座6丁目の昭和通りに面しています。GINZA6までは200m程であり、中央通りに面しているよりも落ち着いていて良いかもしれません。

f:id:dantra:20201021003203j:plain

ホテル前にはリムジンバスのバス停もあり、羽田と成田にダイレクトアクセスできますが、現在はコロナ禍のため、運休となっています。

ちなみに隣にはACホテル東京銀座、さらにその隣にはアロフト東京銀座があります。文字通りの銀座の中のマリオット・ヴォンボイ銀座とも言えます。

歴史は1987年の「銀座東武ホテル」に始まり、1999年に「銀座東武ホテルルネッサンス東京」となり、2007年からは現在のホテル名となっています。

リブランドにより、日本で初めてのコートヤード・バイ・マリオットブランドのホテルでもあります。

宿泊記

f:id:dantra:20201021003230j:plain

ロビーはシックな外観とは違い、地下から吹き抜けとなった明るい空間となっています。地下から吹き抜けを見上げるとこんな感じです。

f:id:dantra:20201021003244j:plain

地下にはフィットネスルームやビジネスルームがあります。フィットネスは現在休止となっていました。

f:id:dantra:20201021003240j:plain

プライムのキングルーム

f:id:dantra:20201021003236j:plain

今回はワンランクアップグレードのプライムルームフロア(9F,10F)のキングルームでした。

f:id:dantra:20201021003233j:plain
f:id:dantra:20201021003149j:plain

最上階11階はプレミアムルームフロアとなっており、その一つ下の10階となりました。

f:id:dantra:20201021003247j:plain

部屋の広さは26㎡となり、他の部屋もそれ以上か、同等くらいで比較的広いホテルとなっています。

f:id:dantra:20201021003253j:plain

室内はベッド、デスク、テーブルで構成され、きつきつと言う感じはありません。メインであるベッドは広く、キングと言う名に恥じないベッドです。

f:id:dantra:20201021003250j:plain

電源はユニバーサルタイプコンセントが一つついています。

アメニティ

f:id:dantra:20201021003257j:plain
f:id:dantra:20201021003308j:plain

冷蔵庫にはわずかではありますが、ミニバーがあります。コーヒーやベッドボトルは無料であとなっています。

f:id:dantra:20201021003300j:plain
f:id:dantra:20201021003304j:plain
f:id:dantra:20201021003218j:plain
f:id:dantra:20201021003318j:plain

消臭スプレー、スリッパ、セーフティボックスが当たり前のように設置されています。

f:id:dantra:20201021003315j:plain

部屋着は浴衣であり、同ホテルのアイデンティティーかもしれません。

f:id:dantra:20201021003153j:plain

そして、今の時代の必需品のアルコールウェットティッシュもあります。

ウェルカムギフト

f:id:dantra:20201021003159j:plain

同ホテルではウェルカム特典がフロントで選択することが出来、白ワインとおつまみセットをお願いしてみます。部屋に着いた後、しばらくするとセットを扉まで持ってきてくれます。普通はテーブルまで運ぶのでしょうが、こういう時代なの扉までです。

クラッカー、チーズ、レーズン少々と言ったところです。ワイン自体はグラス一杯で終える程度でありますが、一服するにはちょうど良いくらいです。

f:id:dantra:20201021003156j:plain

この他に萬年堂本店の金平糖も貰うことが出来ました。和な入れものはSIMカードやSDカードを入れておくにはちょうど良いかもしれません。

バスルーム

f:id:dantra:20201021003145j:plain
f:id:dantra:20201021003322j:plain

バスルームは東武系ユニットバスとも言えるような黒とアイボリーの組み合わせです。バスタブは長めであり、清潔感があります。

f:id:dantra:20201021003327j:plain
f:id:dantra:20201021003333j:plain

アメニティはシェービングフォームやマウスウォッシュもあり、途中で買い揃える必要がありません。

f:id:dantra:20201021003142j:plain

ドライヤーはパナソニックです。世界中のホテルでパナソニックは結構なシェアがあるかもしれません。

無料の朝食

f:id:dantra:20201021003221j:plain

翌朝は1階のNYグリル&ブッフェ フィオーレでいただくこととなります。時間は朝6:30-10:15までとなっています。遅めに行くと、Go Toの影響か3人待ちとなっており、結構朝から長居する人が多いのか待たされました。

あまりに待ち時間が長いのを意識してか、オレンジジュースを差し入れていただくくらいでした。ブッフェ形式でありますが、選択時は使い捨て手袋にマスク着用となります。

f:id:dantra:20201021003227j:plain
f:id:dantra:20201021003224j:plain

ANAスイートラウンジのように小分けされたおかずをピックアップするのがメインとなっています。即席のエッグコーナーもあり、定番のオムレツとしました。

最後に

オープンから33年経過し、二度リブランドして現在に至っている同ホテルの外観に歴史を感じます。一方で、内部は近代的であり、コストパフォーマンスが良いホテルかもしれません。お手頃に日常を離れるにはいい場所かもしれません。  

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.