弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール・チャンギ国際空港 ターミナル4 エアアジアで利用してみた

チャンギ空港ターミナル4

2017年10月31日に開業したシンガポールのチャンギ国際空港のターミナル4をエアアジアで出国してみましたので、お伝えします。

シンガポール・チャンギ国際空港 ターミナル4

航空会社

現在、ターミナル4を利用している航空会社は以下の通りです。

航空会社
キャセイ・パシフィック航空
大韓航空
セブパシフィック航空
春秋航空
ベトナム航空
エアアジアグループ

 東南アジアでは、利用が多いと思われるエアアジアが利用しているほか、ワンワールド系ではキャセイ・パシフィック航空が利用しています。スターアライアンスでは、シンガポールはオセアニアとの要衝ですが、ワンワールドでは隣国にマレーシア航空があり、カンタス航空との接続等はあまり関係ないのかキャセイ・パシフィック航空はターミナル4に真っ先に移転しています。

アクセス

f:id:dantra:20180110005605j:plain

チャンギ空港ホームページより

これまでのチャンギ空港のターミナル(1,2,3)はそれぞれ繋がっていて、徒歩でも一度も外に出ることなく、アクセスできるほか、ターミナル間を自動運転する交通システム「スカイトレイン」があり、便利にアクセスできますが、ターミナル4は現時点では、交通システム「スカイトレイン」は接続されておらず、徒歩(運動目的で頑張れば行けますが)でもいけません。シンガポール市内からの地下鉄の駅もなく、タクシーやUberであれば、ターミナル4を指定すれば、そのまま直行できますが、ターミナル1~3到着のフライトの場合は、以下のような手順が必要です。今回、ターミナル1から4に行きましたが、結構大変です。

ターミナル4に無料で行くには、現時点では、ターミナル2から運行されている無料のシャトルバスしかなく、ターミナル2の到着フロアに行く必要があります。ターミナル1からの場合、スカイトレインで移動し、ターミナル2の到着階にエスカレータで降り、バス乗り場に行く必要があります。バスは頻繁に運行されており、羽田空港の国内線各ターミナルと国際線ターミナルを結ぶシャトルバスのような感じです。バスの移動時間は5~6分であり、出発階にバスは到着します。

ターミナル訪問レポート

エアアジアのチェックイン

チャンギ空港ターミナル4エアアジア

チェックイン締め切り、ぎりぎりに到着したため、わさわさしながら、チェックインカウンターマシンを操作するとあっという間に搭乗券がプリントされました。今回は利用しませんでしたが、チェックインマシンの後ろには自動手荷物預けマシンもあり、カウンターらしいものがほとんどありません。時間帯が空いている時間だったのか不明ですが、LCCのチェックインブースにも関わらず混雑していません。搭乗券を事前にプリントしていけば、ここにも立ち寄ることなく、出国ゲートに進むことができます。

出国ゲート

チャンギ空港ターミナル4出国自動ゲート

チャンギ空港では、出国ゲートで手続きをする前に搭乗券をチェックするポイントがあり、そこに行くと「日本人は自動化ゲートに」と言われて、よくわからないまま自動化ゲートに挑戦。パスポートをかざし、一番目の扉が開き、進むと親指をかざす端末があり、親指を押しつけて認証が開始され、二番目のゲートが開き、出国手続きが完了します。この間、1分もかかりませんでした。有人カウンターですと3分ぐらいはかかりますが、とても便利です。ハイテク感満載です。

手荷物検査場

チャンギ空港ターミナル4手荷物検査

従来のチャンギ空港(ターミナル1~3)では、手荷物検査場は飛行機に乗り込む搭乗ゲート付近にそれぞれ設置されていますが、ターミナル4では出発と到着をフロアで分離されており、日本をはじめとしてかなりの国で採用されているシステムと同じです。出国ゲートを通過するとすぐに、手荷物検査場があります。見た目は通常の手荷物検査の機械のようですが、パソコンをカバンから取り出さなくてもチェックができました。また、再検査が必要な荷物と検査OKの荷物をコンベアで自動的に分岐されて、搭乗客のもとに届きます。ターミナル4ではスムースに進むことができました。

出発フロア

チャンギ空港ターミナル4出発フロア地図

最新の施設だけあり、快適でゆったりとした空間です。アメリカやヨーロッパの空港と比較すると一般フロアにいるだけで、ラウンジにいるような錯覚も覚えてしまいます。

チャンギ空港ターミナル4出発フロア
電源ポート

ベンチも充実しており、USBポートとユニバーサルタイプのコンセントがかなりの確率であり、非常に便利です。また、出発と到着を分けたことにより、混雑が少なく非常に静かです。無料インターネットブースの設置も多く、パスポートをかざすとアクセスコードが得られ、電話番号のないパソコンなどのデバイスでもインターネットが利用できます。

チャンギ空港ターミナル4 無料インターネット

チャンギ空港ホームページより

中二階フロア

中二階フロアには24時間営業のフードコートやキャセイ・パシフィック航空のラウンジがあるほか以下の施設もあります。

仮眠所
チャンギ空港ターミナル4 仮眠所
チャンギ空港ターミナル4 仮眠所シート

カプセルホテルのように区切られた空間ではなく、横になれるソファが設置され、減灯されているブースがあるだけですが、それでも横になれるのは便利です。 

プラナカン・ギャラリー

プラナカン・ギャラリー

プラナカンとは、15世紀ぐらいに現在のマレーシアやシンガポールに数世紀をかけた移住してきた中華系の移民の末裔らしく、中国やローカル、そして、当時統治していたヨーロッパなどの文化をうまく取り入れ、独自の価値観やライフスタイルを構築してきた人たちであり、現在のシンガポールがアジア屈指の国であるのもこうした人々の貢献もあるようです。

プラナカン・ギャラリー アート
プラナカン・ギャラリー写真

ギャラリーは無人・無料であり、気軽に入ることができます。昔の写真やプラナカン調の陶器なども飾られています。陶器に関してはアジアな感じもしますが、ヨーロッパの陶器のような感じもあり、不思議な感じがします。

プラナカン・ギャラリー 陶器

こちらのギャラリーで一番気になったのが、シンガポール航空のCAさん「シンガポールガール」の制服である「サロンケバヤ」が職制ごとに陳列されていた点であります。先述のようにターミナル4はキャセイ・パシフィック航空や大韓航空、セブパシフィック航空、春秋航空、ベトナム航空、エアアジアグループが利用しており、シンガポール航空の利用はないのですが、地元のフラッグシップの航空会社で且つ、伝統衣装でもあるため、飾っているのでしょう。

プラナカン・ギャラリー サロンケバヤ

エアアジア搭乗記

エアアジア クアラルンプール行き

チェックイン時間ぎりぎりで到着し、ゲートに急ぐものの肝心のフライトは豪雨による遅延のため、30分以上も遅延し、待たされる結果となりましたが、充電設備の豊かなベンチでスマホの充電を満タンにすることができました。

エアアジアA320-200

クアラルンプールまでの短距離のフライトですが、ホットシート(非常口席)を選択、この区間において、有料で座席指定する人が少ないのか、独り占めできました。通常の航空会社であれば、空いていれば移動してくる人が多いのですが、LCCでは有料のため、そうした人はいなく、万が一、移動してきてもCAさんが戻るように指示するので広い空間を利用できます。

エアアジアホットシート
エアアジアwifi

機材はエアバスA320-200型機でWi-Fiも設置されています。無料で楽しめるコンテンツがありますが、インターネットを利用するには有料です。有料でも500円程度です。クアラルンプールまでの実飛行時間は40分程でしたので、利用はしませんでしたが、フルサービスの航空会社からするとこちらも格安です。

エアアジアからの景色
KLIA2

雲が多く、あまり視界も良くないまま、着陸。窓が曇っていましたが、クアラルンプールのターミナル2(KLIA2)に到着。チャンギ空港と比較してたくさん歩く必要があるものの、KLIA2の入国は有人でしたが、人力パワーで思いのほかスムースでした。

最後に

シンガポール・チャンギ国際空港の最新ターミナルであるターミナル4は未来を感じさせる設備が充実していますが、人間をリラックスさせる環境が整っています。また、チャンギ空港独自の方針なのか、いずれのターミナルも遊び心的な施設があり、ターミナル4もギャラリーをはじめとした空間がいくつかあり、どんな搭乗客でも楽しめる空間となっています。ターミナル4のオープンにより、チャンギ空港の評価はますます上昇すると思われます。

チャンギ空港ターミナル4 ラウンジ

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.