弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

アシアナ航空 ビジネスクラス 沖縄=シンガポール往復が割安

スポンサーリンク

OZ A330-300

アシアナ航空ホームページより

アシアナ航空のビジネスクラスの沖縄=シンガポール(OKA-SIN)往復が割安のため、まとめてみました。

アシアナ航空のビジネスクラス

アシアナ航空 ビジネスクラス

アシアナ航空ホームページより

アシアナ航空のビジネスクラスにはA380-800やA350-900、ボーイング777-300ER型機などに設置されているジクザク配置のフルフラットにできる「ビジネス スマーティウム」以外に、中近距離便に設置されているビジネスクラスのシートがあります。中型機のエアバスA330-300に設置されているビジネスクラスのシートは2-2-2配列であり、シートピッチは60インチ、シート幅は26.5インチと余裕があります。リクライニングはライフラットと呼ばれる168°まで傾けられ、体を伸ばして休むことができます。

このほか、小型機のエアバスA321のビジネスクラスのシート配列は2-2で、シートピッチは39インチ、シート幅は21インチと他社のプレミアムエコノミーに近い仕様となっています。

シートマップ

アシアナ航空ホームページより

ビジネスクラス 沖縄=シンガポール往復

ルートマップ

今回は連休の後の台風が来る前のシーズンの6月初旬の土日で検索してみました。

旅程

ビジネスクラス往路

往路は6月2日の12:40に那覇空港を出発し、ソウル仁川空港には15:05に到着します。1時間の乗り継ぎでチャンギ空港に向けて出発し、チャンギ空港には21:30に到着します。機材は那覇からソウルまでがエアバスA321、ソウルからシンガポールまでがエアバスA330-300となります。 

ビジネスクラス復路

復路は翌日夜11時前に出発し、ソウルには翌朝6時過ぎに到着。約3時間の乗り継ぎで那覇空港には向かい昼前に到着します。こちらの機材もシンガポールからはエアバスA330-300、ソウルからはエアバスA321となります。トータルで3日間必要としますが、東京からでもANA便で同日乗り継ぎが可能な時間帯に出発・到着します。 

運賃・予約クラス

運賃

運賃は121,220円です。予約クラスはUクラスであり、ANAマイレージクラブでは125%加算の搭乗ポイント400ポイントも付与されます。

積算マイル・プレミアムポイント

積算マイルとプレミアムポイントは下記の通りです。

フライト 区間マイル 積算マイル PP
6月2日 OKA ICN 780 975 1,375
6月2日 ICN SIN 2,867 3,584 3,984
6月3日 SIN ICN 2,867 3,584 3,984
6月3日 ICN OKA 780 975 1,375
合計 7,294 9,118 10,718

積算マイルは9,118マイルであり、プレミアムポイントは10,718PPとなります。PP単価は11.31円/PPとなります。同じ区間ではANAのプレミアムエコノミーの特別運賃の方がPP単価的には勝りますが、こちらは快適なビジネスクラスであり、上級会員ステータスがなくても、那覇空港、仁川空港、チャンギ空港いずれでも優先搭乗やラウンジ利用ができます。 

最後に

沖縄=シンガポール間と言えばOKA-SINと呼ばれ、以前からANAマイルの修行ルートでしたが、2018年10月以降は国際線で発券される国内線区間のマイル積算率が実質下がるため、沖縄に行くのを楽しみしていた人にとっては残念ですが、定評のあるアシアナ航空のビジネスクラスで沖縄からシンガポールに行くのも面白いかもしれません。

沖縄の海


スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.