弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

令和元年スタート ANA 今週のトクたびマイル ふらっと3,000マイルでどこに行く

スポンサーリンク

ANA今週のトクたびマイル

ANAマイレージクラブより、わずか片道3,000マイルから飛行機に乗れる2019年限定特典でどこに行けるか考えてみました。

キャンペーン概要

マイル数は3,000マイルから

対象期間は2019年度(5月~翌年3月)であります。東京オリンピックど真ん中の2020年については未定のようです。

通常片道5,000マイル~(ローシーズン)かかる国内線チケットがキャンペーンでは3,000マイル(4割引)で予約・発券できます。

通常、国内線特典航空券は距離と搭乗する時期において、マイル数が異なり、マトリクスは下記のとおりです。

距離 L(閑散) R(通常) H(繁忙)
0-300 5,000 6,000 7,500
301-800 6,000 7,500 9,000
801-1,000 7,000 9,000 10,500
1,001-2,000 8,500 10,000 11,500

 今回のキャンペーンがこのマトリクスに対して、一律に4割引となると下記のとおりです。

距離 L(閑散) R(通常) H(繁忙)
0-300 3,000 3,600 4,500
301-800 3,600 4,500 5,400
801-1,000 4,200 5,400 6,300
1,001-2,000 5,100 6,000 6,900

 この通りになるのか、通常のマトリクスと別な体系となるのか不明ですが、後者の場合、割引率が高くなることも想定され、ポジティブサプライズとも言えます。 

遠い距離でも結構な魅力的マイル数でありますが、そうした路線は往々にして混雑しているほか、対象外とする可能性もあり、近場を想定しておいた方が良いと言えます。通常の特典航空券で、土日でもチケットが取れる地域を想定しておけばよいと言えます。 

期間と路線・マイル数は直前に発表

通常は搭乗する期間と路線によって、マイル数が決まっていますが、「今週のとくたびマイル」では搭乗できる期間が「前月の20日前後」に発表されます。

そして、路線・マイル数は「搭乗期間初日の2日前の17時頃」に発表されます。さらに、予約発券は「搭乗日前日」まで(これは通常の国内線特典と同じ)となっています。

スーパーの総菜コーナーに閉店間際に行くと売れ残っているものが半額とかで売られているロジックに近いと言えます。

過去の路線から次回を予測

1回目(5/16-5/22)

羽田発は下図のとおりです。

第一回羽田発対象路線

2回目(5/30-6/5)

羽田発は下図のとおりです。

第二回羽田発対象路線

3回目(6/13-6/19)

第3回羽田発対象路線

まだ、3回ですが、前回までの目的地が当てはまるわけではなく、空いているルートが割り当て割れているようです。

4回目(6/20-6/26)

第四回羽田発対象路線

初の北陸の能登が出ているほか、鹿児島もあります。そして、便の多い札幌もあります。給料日前であまり出かける人が少ないのでしょうか。

搭乗できる期間は1週間前後

5月分の今週のとくたびマイル」では搭乗できる期間は下記のとおり、2つの期間が発表されています。

トクたびマイルカレンダーいずれも期間初日は木曜日、最終日は水曜日と1週間となっており、今後の発表でも1週間となるのかそれ前後となるのか不明ですが、1週間前後となっています。

逆に言い換えると、期間初日のフライトを予約発券しようとした場合、路線・マイル数を搭乗日2日前に知り、翌日中に予約発券し、翌々日に搭乗するという「即断即決型」とチケットと言えます。

土曜日に搭乗したい人は火曜日に路線とマイル数を知り、水曜日以降金曜日までに予約・発券となります。搭乗日前日までは予約変更が可能なため、希望の時間帯のフライトが埋まっていても土壇場で空く可能性もあるため、前日まで空席状況をチェックしてみるのも良いと言えます。

どこに行くか

羽田からどこ行く

需要が多い、平日朝や夕方、土曜日の午前、日曜日の午後は人気路線では厳しく3,000マイルでは行くのは厳しいと言えます。また、幹線(羽田=大阪、福岡、那覇、札幌など)は時間帯が厳しいと思われます。

東京からの場合、東北、北陸、四国、中国等が狙い目になるのではないかと言えます。大型機を飛ばしている広島や秋田、フライトの多い徳島などが狙い目と想定されます。

第一回に実際に利用してみました。実際に利用しないと実感がわかないため、予約し、搭乗してみました。記事はこちらです。 

最後に

このキャンペーンの使い方としては、前月中に期間の日程を把握、対象の週末の自身のスケジュールと照らし合わせて、ふらっとどこかに行きたいと思ったら、過去の設定地などから行きたいところをピックアップしてみるのも良いでしょう。

翌月の最初の搭乗日の2日前の17時頃にWEBと睨めっこして、ターゲットを絞り、翌日0時にすかさず予約を入れるのが良いと言えます。

ファーストインプレッションは以上です。詳細は全体像がはっきりしたら追記してみたいと思います。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.