弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

ANA株主優待券が再び下落、色別に有効期限を理解する

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210415132339p:plain

ANA株主優待券は現在、黄色、ピンク、緑色の優待が出回っており、さらに5月末には新たな優待券が発行される見込みです。

そうした中で、通常は2色ぐらいの流通ですが、有効期間の延長が相次いでいるため、どれがどれかわからなくなっているケースもあり、まとめてみました。

再び下落

ANA株主優待は金券ショップやオークションサイトで二次流通しており、例年であれば3,000円~5,000円であり、年末年始やゴールデンウィーク前は高騰するのが常でありました。

しかし、コロナ禍となり、飛行機利用の需要が激減し、相場は2,000円を下回るようなプライスとなり、感染者数と相関するようになっています。

特に、緊急事態宣言が出ると1,000円を下回るようなことがありました。緊急事態宣言明けの3月から徐々に上がりだし、1,500円を超えるような水準でしたが、まん防の適用地域が拡大するにつれて、再び下落しだしており、全国の1日あたりの感染者数が5千人を超えると、1,000円を切るような気配もしています。

ANA株主優待券とは

f:id:dantra:20201028235443j:plainANA株主優待券の正式名は株主優待番号ご案内書と言い、ANAホールディングスの株式を3月末、9月末時点で100株以上所有している株主に発行しています。

3月末時点で保有の場合は5月中旬に、9月末時点で保有の場合は11月中旬に、それぞれ発送されます。

有効期限

有効期限は発送された時期別に以下のとおりです。

5月中旬発送→有効期限 6月1日から翌年5月31日

11月中旬発送→有効期限 12月1日から翌年11月30日

いずれも発送された翌月から1年間の有効となっています。期限が来ればただの紙屑になり、チケットショップなどでは5月末と11月末に投げ売りがされているケースもあります。過去のように航空需要が旺盛であった時代でも1枚1,000円程度で売られていましたが、500円台まで落ちることも想定されます。

2021年5月最終の週末は29日(土)と30日(日)であり、これらの日に当月末で期限切れとなる優待券を購入し、そのまま空港に行くと超直前の購入でもお得にフライトできそうです。特に株主優待運賃は積算率75%であり、プレミアムポイント2倍キャンペーンが適用されるので、投げ売りをたくさん買い、同二日間に飛びまくる人も出てくることも想定されます。

色別の有効期限一覧

f:id:dantra:20210415133539p:plain

黄色の優待券

有効期限 2019年12月1日~2020年11月30日

延長期間 2020年12月1日~2021年5月31日

6月29日に延長に関する開示がされており、約一年近い延長であり、本来であれば、年末年とゴールデンウィークに活用できるところでありますが、どうなるかと言ったところです。年末年始が長くなると活用のメリットがあるかもしれません。

ピンク色の優待券

有効期限 2020年6月1日~2021年5月31日

延長期間 2021年6月1日~2021年11月30日

有効期間の延長は10月27日に発表されており、トータルで利用できる期間は発表されてから1年以上となります。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み時期の3つをカバーできる切り札とも言えます。

緑色の優待券

有効期限 2020年12月1日~2021年11月30日

最も新しく発行された株主優待券であり、有効期間は正規の1年間となっていますが、次の優待券が発行される5月までには延長の案内が出ると見込まれます。

5月発行の優待券

有効期限 2021年6月1日~2022年5月31日

有効期限が長いため、価値はありますが、現状、数百円台で流通しているため、余程下落しない限りは、敢えて青を買わずに、安いものを使うときに使う時だけ買うのが弱さそうです。

色の違いで流通価格に差が出るか

本来の価値で言うと有効期限が長い方が高いと言えますが、それかどうかチェックしてみました。都内に店舗を多く構え、比較的リーズナブルであり、自動販売機も設置しているA社で比較してみると下記のとおりです。

黄色券   1,350円

ピンク色券   1,550円

緑色券 1,600円

黄色券はあと1か月半の有効期限のため、最安となっています。このまま下落し、5月最終週には500円台まで落ちそうな気配もします。

11月末まで有効なピンクと黄色も下落傾向にあり、

最後に

f:id:dantra:20210116204324j:plain

ANA株主優待券が下落しだして、金券ショップにて購入する際にどの色のものを購入したら迷うことがあります。

通常であれば、安いものほど有効期間が短いと世間一般的な勘が通用しますが、現在は有効期間の延長が続いており、どれを購入したら良いかわからないケースもあります。

2021年4月断面では黄色⇒ピンク⇒緑と覚えておくと確かかもしれません。5月に発行される優待は青が想定され、青が最新になると覚えておくと良いかもしれません。   

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.