弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

ANA ホノルル線限定最大10,000マイル 特典航空券マイルバックキャンペーン

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210716071953p:plain

ANAの国際線・ホノルル線限定で特典航空券利用の際に最大10,000マイルバックされるキャンペーンが始まりますので、まとめてみました。

キャンペーン概要

対象搭乗期間中、対象便において、対象クラスのANA国際特典航空券を利用の場合、羽田または成田=ホノルル間の搭乗区間数に応じて、一人片道につき5,000マイル、一往復につき最大10,000マイルをマイルバックするものです。

対搭乗期間

2021年8月1日~9月30日まで※

※9月26日(日)までの予約発券分が対象です。

対象クラス

エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス

対象路線・便

羽田・成田⇔ホノルルの下記の便限定でかつ、下記の日の運航が対象となります。

NH183/184/185/186

 NH186便 羽田→ホノルル
8月 9月
1   1  
2 対象 2  
3   3 対象
4   4  
5   5  
6 対象 6 対象
7   7  
8   8  
9   9  
10   10  
11   11 対象
12   12  
13   13 対象
14   14  
15   15  
16   16  
17   17 対象
18   18  
19   19  
20 対象 20 対象
21   21  
22   22  
23 対象 23  
24   24 対象
25   25  
26   26  
27 対象 27 対象
28   28  
29   29  
30 対象 30  
31        
 NH185便 ホノルル→羽田
8月 9月
1   1  
2   2  
3 対象 3  
4   4 対象
5   5  
6   6  
7 対象 7 対象
8   8  
9   9  
10   10  
11   11 対象
12   12  
13   13  
14   14 対象
15   15  
16   16  
17   17  
18   18 対象
19   19  
20   20  
21 対象 21 対象
22   22  
23   23  
24 対象 24  
25   25 対象
26   26  
27   27  
28 対象 28 対象
29   29  
30   30  
31 対象      
NH184便 成田→ホノルル(A380)

 8月9日、 8月13日

NH183便 ホノルル→成田(A380)

 8月10日、 8月14日

対象者

ANAマイレージクラブ会員および特典利用者登録済みの二親等以内の家族

会員本人以外の方が利用の場合は事前に「特典利用者登録(最大10名まで)」が必要

マイルバック時期

マイル積算は2021年10月末頃の予定

その他注意事項

  • キャンペーン対象便とキャンペーン対象外の搭乗日や路線の便を組み合わせ場合でも、キャンペーン対象便についてはマイルバックが適用になります。
  • 他社便が旅程に含まれる特典航空券(提携航空会社特典航空券)は、対象路線のANA便が含まれていても、本キャンペーンの対象とはなりません。
  • エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスの混在利用も可能
  • 海外発旅程(HNL⇔NRT,HND)も対象

バック率はどれくらいか

f:id:dantra:20210716071500j:plain

今回は対象日と対象便が限られているため、かなりニッチな施策でもありますが、発券にあたってどれくらいのマイル数が必要であり、どれくらいマイルが戻ってくるか調べてみました。

成田発着A380の方が空席あり

羽田発着のNH185/186よりも日にちは限定されてしまいますが、成田発着のFLYINGホヌのA380の方が空席があるという感じでした。

マイル数は43,000マイルであり、往復1万マイルのバックとなると実質33,000マイル(手数料等は別途19,700円発生)でホノルル往復ができることとなります。

約23%もバックされることとなりそうです。

 最後に

f:id:dantra:20210716075638j:plain

海外渡航は陰性証明やワクチン接種証明など事前に出国にあたって準備するものが必要な場合もあり、帰国後も帰宅ルートの手配や自主隔離が一応必要なため、なかなか検討しにくい断面であります。

しかし、国際線でも徐々にキャンペーン等が展開されるという点では、いよいよ国際線の利用も検討となってきます。

今回のキャンペーンはA380を503日ぶりに運航にあたって、その復活を盛り上げるためには搭乗率を上げたい狙いがあるのかもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.