弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAホノルル線A380ファーストクラス初便に搭乗するための方法

スポンサーリンク

ANAホームページより

ANAホームページより

2019年5月24日より、念願の世界最大の旅客機であるエアバスA380-800でホノルルに就航できるANAですが、ANAファンにとっては、初便でホノルルへファーストクラスで行くのが夢とも言えますが、どのようにしたらよいか考えてみました。

A380初便は2019年5月24日

フライングホヌ3種

ANAホームページより

フライング・ホヌとも呼ばれるANAのエアバスA380-800は3機導入予定であり、3機一括納入ではなく、3段階に分けて導入されます。導入スケジュールは下記の通りです。

第一弾 

2019年5月24日から就航 成田、ホノルルいずれも火・金・日発

機体色はANAブルー。

第二弾

2019年7月就航予定 成田、ホノルルいずれも火・金・日2往復、それ以外の日は1往復

機体色はエメラルドグリーンが追加。

第三弾

2020年度就航予定 正式な発表はないようですが、毎日2往復の模様

機体色はサンセットオレンジが追加。

初便は2019年5月24日~であり、最短の弾丸旅程はホノルルタッチで乗ってきた便で日本に戻ると言うのが最短ではありますが、ワンチケットで最短で旅程を組む場合は5月24日に日本を出発して、5月26日ホノルルを出発すれば5月27日に日本に到着できます。

発表時点ではどの便にA380-800が割り当てられるか不明

2018年11月27日に、2019年5月24日を就航させることは発表していますが、1日に2往復ある成田=ホノルル路線のどちらに設定されるかは2019年1月中に決定ということで販売開始日にパソコンと睨めっこをすることとなります。

初便をファーストクラスに搭乗するためには

ANA A380 ファーストクラス

ANAホームページより

A380-800のファーストクラスは1機あたり8席であり、初便は人気もあり、有償も特典も即予約完了が想定されます。有償で購入できればよいですが、そうしたことができる人は限定され、多くの人は特典航空券やビジネスクラスからのアップグレードで夢をつかもうとすると思います。

ファーストクラス特典の場合

ファーストクラスの特典航空券の場合、就航日決定時点では特典航空券のファーストクラス搭乗に必要なマイル数は公表時点では未定のものの、初便が該当するローシーズンでは往復では11万マイルから12万マイルが予想されます。

ただし、販売開始時点で、旅程や日程を入力すると結構時間がかかり、その間に特典枠が埋まってしまう可能性もあります。

アップグレードの場合

アップグレードとは一つ下の位からアップグレードできる特典であり、マイルまたはANAの上級会員に付与されるアップグレードポイントを利用して申請することができます。

マイルでのアップグレード

アップグレードマイル

ANAホームページより
ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードは距離制であり、成田=ハワイ間の区間マイルは3,831マイルです。この距離でビジネスクラスからアップグレードに必要なマイル数は片道あたり35,000マイルとなります。往復ファーストとすると70,000マイル必要となります。

アップグレードポイントでのファーストクラスは

アップグレードポイント

ANAホームページより

アップグレードポイントに必要なポイント数は既定のビジネスクラス予約クラス(J,C,D,Z)であれば、片道あたり16ポイントで空席が有ればアップグレードできます。また、ダイヤモンド会員には特別に倍のポイント片道あたり32ポイントで対象外のクラス(ツアー運賃などのPクラス)でもアップグレードが可能です。

どちらがファーストクラス特典獲得に有効か

販売日が確定した時点で特定の時間にシステムがオープンとなり、予約が開始となります。その場合、操作する工数を考えると事前に購入しているビジネスからアップグレードの方が時間的には有利と言えます。対象時間にアップブレードする画面にカーソルを置いて、ボタンを押す方が、旅程を一から入れるよりも操作工数は少ないため、有利と言えます。

ダイヤモンド会員のメリットはあるか

ANAマイレージクラブの最高峰の会員であるダイヤモンド会員については、国内線などでは先行販売などの特典もあるほか、空席待ちにおいても優先されるメリットはありますが、A380ホノルル初便では実質ダイヤモンド会員の戦いともいえjます。

ANAでは最初から空席待ちにして、最初に空席待ちをクリックし、有償からのUGと無償特典に加えて、ダイヤモンド会員の継続歴やミリオン積算などを鑑定して、横綱審議委員会のように選定することが必要かもしれません。

これがなければダイヤモンド会員やミリオンマイラーのメリットは少ないため、初便ぐらいはこうした人力での選別をしてもらうのも真に選ばれる意味があるとも言えます。

成田発のどっちがA380便に機材変更されるか

現在、ANAではホノルル便は一日2便あり、NH184便(20:35発)とNH182便(21:30発)があります。現在はいずれもボーイング787-9型機で運航されています。前者はグループ会社のエアージャパン、後者ANAの機材・クルーで運航されています。どちらの便にA380が設定されるかは、以下のように様々な要因があると言えます。

運航会社

早発はエアージャパン、後発はANAが運航しており、世紀のスタート初便にANAのパイロットとCAが担当すると考えると後発便にA380が割り当てられると想定されますが、スケジュール自体を現在と入れ替えれば、早発をANAで運航することも可能であり、これだけでは何とも言えません。

成田空港の運用時間

成田空港の運用時間は2020年以降には延長されますが、現在は23時までとなっています。現在の後発のNH182便は21:30であり、90分の余裕がありますが、超大型機でもあり、搭乗時間がかかることや、初期バグや他社要因による影響により、離陸できない可能性もあり、そうした場合の飛べない損失は大きいとも言えます。そうしたリスクを回避すると早発便に設定される可能性もあります。

初便を満席で運航

輝かしい未来のフライトを満席で就航させるのはPRとしては最高であり、早便のオーバーブックキングをA380でのインボラアップグレードなどで、ポジティブなサプライズを提供し、イメージアップを図る可能性もあり、後発便をA380にする可能性もあります。そうした場合、前述した成田空港の運用時間を考慮し、A380の2機体制が整うまで、早発便と後発便の出発時間を早めて、対応する可能性もあります。

JALの運行時間を考えるとJALの方が、遅い便が多く、遅い便になれている(金曜日の終業後に成田に向かう)顧客層を新たな魅力で誘うのであれば、後発便にするのが妥当と考えられます。

予約はどうするか

ファーストクラス特典航空券は2019年1月以降でないと予約は出来なく、現在できるのはファーストクラスにアップグレードできるビジネスクラスの予約をするほかないと言えます。

成田=ホノルルビジネスクラス往復

初便の5月24日と復路を5月26日でビジネスクラスの最安を検索してみました。また。マイル修行を兼ねてPP単価を下げるため、前後に沖縄往復を付加してみました。

旅程

ビジネスクラス Zクラス旅程

ANAホームページより

往路は5月24日の15時前に沖縄を出発し、羽田には17時前に到着します。週末の金曜日の夕方に羽田から成田に移動するのは列車であればラッシュ、バスであれば渋滞もあり厳しいですが、最短の移動ではこの旅程となります。時間に余裕があれば、羽田にもっと早く到着し、昼の時間帯をバスで移動して、ラウンジゆったりすると言うもありかと思います。

その後、成田発ホノルル早発のNH184便でホノルルに向かいます。

復路は5月26日にホノルル後発のNH181便で成田に向かいます。成田に夕方16時に到着し、羽田に移動し、羽田発の最終便で沖縄に向かいます。

予約クラス・運賃

予約クラスは国際線区間なついては、Zクラス125%加算、搭乗ポイント400ポイント付与。国内線区間はYクラスであり、100%加算の搭乗ポイント付与しなしです。

運賃は237,590円となります。

積算マイル・プレミアムポイント

積算マイルとプレミアムポイント下記の通りです。

フライト 機材 区間マイル 積算マイル PP
5月24日 OKA NRT 772 984 984 1,968
5月24日 NRT HNL 789 3,831 4,788 5,188
5月26日 HNL NRT 789 3,831 4,788 5,188
5月27日 HND OKA 772 984 984 1,968
合計 9,630 11,544 14,312

積算マイルは11,544マイルプレミアムポイントは14,312PPとなります。PP単価は16.6円となります。ちなみに、国内線区間(羽田=沖縄往復)がプレミアムクラスに前日までアップグレードに成功するとPP単価は16.31円となります。あまりメリットはないようですが、プレミアムポイントは+1,968であり、快適な国内線の空の旅も楽しめます。

最後に

ANAが元号の変わるゴールデンウィークを避けて、閑散期に導入してきたのはリスク軽減がメインともいえ、本格的な勝負は夏休みとも言えます。

とはいえ、マイラーや航空ファンは新しい物好きで、初便に関心があり、その中でも最高峰のファーストクラスはダイヤモンドを越えた価値があり、それに搭乗するために数多の手段を考える人がいると思います。

今回試算したルートでは往復違う機材になる可能性かあり、どちらかはA380になる可能性が高く、往路か復路でファーストクラスに搭乗できる可能性があり、いまから購入するのも一つの手と言えます。

ただし、Zクラスのビジネスクラスは予約変更不可のため、大勝負とも言えます。ダイヤモンド会員になれば、優遇があるともいえ、ANAが今回のホノルル路線でダイヤモンド会員にどのようなメリットを提供するのかも関心が及ぶ点でもあります。

ANAもなかなか面白い施策を考えてくると感じており、渋々だけではなく、サプライズでワクワクを期待したいところであります。SFC達成して、満足している人はあと一か月でダイヤモンドに達成すると来年はダイヤモンド会員として素晴らしい時期がくるかもしれません。

ホノルル

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.