弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

スポンサーリンク

ANA 地上の飛行機レストラン ファーストクラスとビジネスクラスを羽田空港で

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210308163010p:plain

ANAでは実際の飛行機に搭乗し、そのまま地上でファーストクラスとビジネスクラスの機内食を楽しめるツアー「翼のレストランHANEDA」をすることとなりましたので、まとめてみました。

翼のレストランHANEDAの概要

f:id:dantra:20210308163046p:plain

今回は初回と言うことで、下記のスケジュールで開催します。

3月31日(水)

昼の部(11:30~14:30)

夜の部(18:00~21:00)

現地集合 昼の部(9:30~11:00頃)、夜の部 (16:00~17:30頃)

集合時間に幅があるのは、レストラン前に国内線ターミナルのANAラウンジでドリンクを楽しめるようになっているとのことです。このツアーの場合、ダイヤモンド会員でもスイートラウンジは利用できないそうです。

参加記念 ANA スカイコイン 777コイン付与

食事は実際にANA長距離国際線で提供している機内食を、事前に和食か洋食から選択

コンセプトとしては下記のとおりに記載されています。

周りを気にせずにラグジュアリーなお食事をお楽しみいただけます。自分へのご褒美におひとり様でのご利用や、記念日やちょっと贅沢なお祝いに、ご家族、ご友人とお楽しみいただくなど、様々なシーンで皆様のご利用をお待ち申し上げております。是非この機会に、非日常な空間でANAのプレミアムな機内食をお楽しみください。

機材 ボーイング777-300ER

f:id:dantra:20210308163354p:plain

シートは最新のTHE SuiteとTHE Roomではないシートのようです。これらの機材は数少ない国際線の中でロンドン、フランクフルト、ニューヨークに飛んでいるようです。

申込はすでに受付中であり、2021年3月19日(金)15時59分が締め切りとなっています。

www.ana.co.jp

和食と洋食のメニュー

f:id:dantra:20210308163416p:plain

気になるクラス別の和食と洋食メニューは下記のとおりです。

ファーストクラス

まずはファーストクラスです。アミューズとデザートは和洋共通であり、それ以外は分かれています。洋食はメインを肉か魚で選択できます。

アミューズ(和洋共通)

ANAオリジナルスティック

シーフードタルタル

富山湾産白えびの昆布〆

フォアグラロール

和食

先付け

飯蛸、筍、独活(ウド)、豆乳胡麻クリーム

前菜

太刀魚桜葉寿司

帆立貝とクリームチーズの味噌漬け

揚げ新じゃが芋明太子焼き

矢羽根蓮根甘酢漬け 梅肉

串打ち(独活牛肉巻き、近江蒟蒻)

そら豆木の芽和え

吸い物

蛤俵道明寺あられ揚げ

お造り

本鮪中とろ 細魚博多造り鯛昆布〆土佐醤油

小鉢

焼き穴子 柑橘ジュレ

炊き合わせ

(煮物)若竹煮と槍烏賊柔らか煮

主菜

和牛蒸ししゃぶ胡麻たれ掛け

御飯

白ご飯、お椀、香の物

洋食

アペタイザー

赤ピーマンムースと蟹のガトー仕立て キャビアともに

メインディッシュ

(肉)和牛フィレ肉のグリル 神戸ワインマスタード風味

または

(魚)金目鯛のポワレ ズッキーニピューレと大阪産レモンのクリームソース

ブレッドセレクション

バゲット、米粉ソフト、フィグセーグル、よもぎフォカッチヤ

チーズプレート

ピクタフルールサンドレ

ブリヤサヴァランフレ

シュロスバーガー アルト

フルムダンベールA.O.C.

デザート(和洋共通)

桜モンブラン

または

フォンダンショコラ

または

抹茶マスカルポーネ

洋食のメインディッシュは王道のステーキと外さないところであり、和食は品数にすると食べきれるのかと言うくらい種類があり、ゆっくり味わえそうです。

ビジネスクラス

続いて、ビジネスクラスです。こちらもアミューズとデザートは共通です。

アミューズ(和洋共通)

抹茶アーモンドパイスティック(ANAオリジナル)

サーモンの彩りテリーヌ アボガドサラダ

和食

前菜

籠盛り(白魚菜の花湯葉揚げ、蛍烏賊青海苔揚げ、揚げそら豆)

しらすの玉子焼き

串打ち(合鴨味噌漬け、赤蒟蒻)

生姜砧甘酢漬け

桜鱒味噌幽庵焼き

小鉢

蒸し鳥の白酢掛け

煮穴子 白滝真砂和え

主菜

銀鱈西京焼き 肉すい豆腐

御飯

白ご飯、お椀、香の物

洋食

アペタイザー

トマトと柑橘のコンカッセ カニとウズラの卵

メインディッシュ

(肉)牛フィレ肉のソテー レホールの香るオニオンコンポートのせ

または

(魚)メバルと海老のソテー クリーミーカレーソース

ブレッド

バゲット

よもぎフォカッチヤ

デザート(和洋共通)ピエール・エルメ・パリ

エモーション フレーズ ピスターシュ(ピスタチオのジュレ、イチゴのコンポート、イチゴのコンポート、ピスタチオ風味ダコワーズピスタチオ風味ババロア)

和食はなんとなく、幹線プレミアムクラスのメニューにも通じる感じもします。洋食のメインはメバルとカレーソースとどんな味になるのか気になるところであります。

気になるお値段は

気になるお値段は下記のとおりです。

ファーストクラス 59,800円

ビジネスクラス    29,800円

時間は3時間と言うことであり、食べ物はコースであり、御飯・味噌汁やパンはお替り自由だと思いますが、それ以外は一度きりであります。

一方で機上とサービスが同じであれば、ドリンクはお替り自由と考えれば、高額なシャンパンやブランデーなどたくさん飲めば、安いと言う計算ができるかもしれません。

ただし、実際の飛行機であれば、食後はそのまま眠れるのですが、今回のツアーでは羽田空港から帰らないといけないので、飲み過ぎには注意が必要かもしれません。

最後に

f:id:dantra:20210308163230p:plain

実際の飛行機をレストランにしたサービスはシンガポール航空やタイ国際航空でも実施されており、好評のようであります。

日本でも好評になりそうであります。会社の経営は厳しいようですが、色々なことに積極的に実施するのは結構大変だなと感じてしまいます。

実際機内で食事をして、酔いが回ってくると、このまま、日本一周してくれないかと思ってしまいそうなサービスです。 

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

www.dangan-lucky.com

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.