弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAにはヨーロッパ発のハワイ行きのプレミアムエコノミー運賃があるんですね。

プレミアムエコノミー

ANAのハワイ行きのフライトを調べていたら、ヨーロッパ発のホノルル行きの運賃があったため、まとめてみました。

ANAの日本発のホノルル行き運賃

まず、日本からホノルルに直行便で行く場合、運賃はどれぐらいか確認してみました。2019年4月以降の例です。

エコノミー                        101,930円(Wクラス、50%加算)

プレミアムエコノミー  206,930円(Eクラス、100%加算)

ビジネスクラス              226,930円(Zクラス、125%加算)

ファースト                        まだ、ありません。

日本発の場合、ビジネスクラスが最も高いですが、加算率と快適さから言うと一番良いと言えます。

ANAの海外発のホノルル行き運賃の設定

プレミアムエコノミー運賃

ANA運航便同士の乗り継ぎでのホノルル行きの運賃を調べてみると設定ある地域は以下の通りです。

アジア就航地

シドニー

ヨーロッパ就航地

アジアは以前から北米ルートの一つとしてホノルル行きの設定もあり、珍しくはありません。最もメリットが有るのが、クアラルンプール発ホノルル往復のプレミアムエコノミー(往復約20万円)がPP単価的にはいいようです。このほか、ムンバイ、クアラルンプール発のビジネスクラス(Zクラス)が往復では36万円前後ですが、快適である点とファーストクラスにアップグレードできる運賃のため、エアバスA380-800がホノルルに就航した際に、ファーストクラスへの搭乗も現実味があります。このほか、運賃は高いですが、シドニーとホノルル間の運賃設定がありますが、直行便のカンタス航空のビジネスクラスが最安値ではANAの半額ぐらいになるため、そちらの方がメリットは有り、2018年8月現在では、ANAを利用するメリットはあまりないと言えます。

個人的に気になったのが、ヨーロッパ発券のホノルル行きです。ヨーロッパ発券と言えば、日本着、ソウル金浦着、カンガルールートのシドニー着以外は認識していなかったのですが、ANAが就航しているヨーロッパ各地から運賃の設定があります。

ヨーロッパからのホノルル行きの運賃

ヨーロッパ各都市からホノルル行きの運賃は最安値でクラスごとに下記の通りです。

エコノミー                        171,320円(S/Wクラス 50%加算)

プレミアムエコノミー      345,410円(Eクラス 100%加算)

ビジネスクラス                 527,580円(Pクラス 70%加算)

日本発とあまり変わらない単価であり、2018年8月現在では、あまりメリットがないと言えます。しかしながら、ホノルル路線の設定がされているのは、ヨーロッパからの需要を取り込むことも想定されます。アジアから需要を取り込むよりもハイクラスでの需要が高いと想定され、そうした狙いもあり、現状は高額な運賃としておいて、A380-800が就航した時点で一気に特別運賃で攻勢をかけてくる可能性もあります。

ヨーロッパからハワイに行く王道のルートは

ヨーロッパからハワイに行くルートについては、現状、大西洋、北米大陸を横断していくのがメジャーと言えます。

エコノミーではスカイチームのエールフランスとデルタの組み合わせが安く往復で8.5万円前後プレミアムエコノミーがヴァージンアトランティックとデルタの組み合わせが往復15万円前後ビジネスクラスもヴァージンアトランティックとデルタの組み合わせが往復31万円前後とスカイチームとヴァージンアトランティックが健闘しています。

ホノルルへの東回りと西回りの距離の差は

ルートマップ

ロンドンから東回り(東京経由)と西回り(シアトル経由)で比較した場合の距離は下記の通りです。

東回り   片道9,793マイル

西回り   片道7,477マイル

となり、東京を経由した方が、距離的には不利となります。距離的には不利となる場合、価格で勝負することも考えられ、スカイチームの運賃水準以下に設定してくることも想定されます。そうするとマイル修行としては、面白い事態となると言えます。

ANAの対抗JALは

JALフランスのサイトからはホノルル行きは検索できず、一部のネット代理店サイトではエコノミーの結果は出るものの、プレミアムエコノミーはなく、JAL自体では設定はないようです。そうした隙をついたのかわかりませんが、欧州からハワイと言う路線を大胆に設定しているのかもしれません。まだA380-800の機体自体が完成しておらず、納期及びサービスインの時期が確定していないため、ひっそりと高額な運賃にて設定しておいて、実現可能となった時点でスカイチームの価格並みに一気に攻勢をかけるかもしれません。

最後に

ヨーロッパとハワイにおいて、割安な運賃が設定されると永らく、マイル修行ルートとして利用されていたシンガポールやクアラルンプールでの短期間の過ごし方が減り、ヨーロッパ発券におけるヨーロッパとハワイの過ごし方のブログ記事が増える可能性もあります。エアバスA380-800の3機でそれほどのパラダイムシフトが起きるか不明ですが、働き方改革やリモートワーク、副業が進んでいる中で、個人の時間が作りやすい状況ができかけている一面もあり、面白いと思います。一方で、こうした戦略が成功するとますます、日本へのインバウンド需要が高まり、良くも悪くも色々な事象が起きてくることが想定されます。フライングホヌの初便のファーストクラスに搭乗する計画をそろそろ準備した方がよいかもしれません。

ANA A380

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.