弾丸トラベルは怖くない!

マイル、国内トラベル情報、ホテル、海外発券など

スポンサーリンク

【9月末まで延長】ANA国内線プレミアムポイント2倍キャンペーン

スポンサーリンク

f:id:dantra:20210618154644j:plain

ANAでは3月22日搭乗分から国内線で対象運賃に限り、プレミアムポイント2倍キャンペーンを展開しますので、まとめてみました。

今回9月末まで延長となりました。

キャンペーン概要

ANA(ANAグループ運航含む)国内線を対象運賃で搭乗し、獲得したプレミアムポイントを通常の2倍積算

対象運賃

マイル積算率75%以上の運賃

対象路線

国内線全路線(提携航空会社が運航するコードシェア便の場合はANA便名で予約・搭乗した場合のみ)

対象期間

2021年3月22日(月)~6月30日(水) 9月30日まで

対象者

ANAマイレージクラブ会員

積算時期

3/22-4/30搭乗分→5月下旬

5/1-5/31搭乗分→6月下旬

6/1-6/30搭乗分→7月下旬

7月以降の搭乗の詳細は別途、ANAウエブサイトで伝えるとのことです。

期限は2021年7月31日登録完了分までが対象となります。

注意点

8月1日以降の事後登録は対象外 ←詳細は7月とのことです。

50%積算運賃で有償またはアップグレードポイントでプレミアムクラスにアップグレードした場合は対象外。

緊急事態宣言等の国または各自治体が実施する感染防止措置の対策が講じられて場合は中止することもあるそうです。

寸評

先日、ANAプレミアムメンバー向けにプレミアムポイントをボーナスする対応が出ましたが、それに続き、2倍とは何とも太っ腹とも言えます。

気になる点としては50%積算運賃が対象外であり、有償でプレミアムクラスにアップグレードした場合、ベースのプレミアムポイントは75%となり、対象になりそうなものですが、ならないというので気を付ける必要がありそうです。

マイル修行する場合はおよそ、75%以上で搭乗するケースが多いので、影響は少ないかもしれませんが。

上級会員はわずかなプレミアムポイントで維持が可能に

ANAでは上級会員向けにプレミアムポイントをボーナスする特別対応をしています。

詳細はこちらです。

例えば、2020年にダイヤモンド会員資格を得た会員(10万PP到達、これも特別対応が含んでいるケースもありますが)は4万プレミアムポイントをボーナスされており、約3か月間の間に3万プレミアムポイントを獲得すれば、×2で6万プレミアムポイントとなり、ダイヤモンド会員を防衛できることとなります。

3万プレミアムポイントを稼ぐには、75%運賃(400Pナシ)で東京沖縄を搭乗した場合は1回のフライトで1,476PP積算できるので、20.33回で到達となります。10往復とちょっとで防衛することができます。

さらに、ANAではANAカード等の利用額も上級会員を獲得できる施策を実施しているため、ANAカード等の利用が多い場合にはわずか5,000PPの搭乗でダイヤモンド会員となることもできそうです。

(獲得チャレンジダイヤモンド5万PP=ボーナス4万PP+(5,000PP×2))

プレミアム株主優待運賃で羽田⇔沖縄一往復で5,000PPを超過するため、それで終了となります。ただし、ANAカードの利用額は大きいので、そっちの方は大変ですが。

最後に

f:id:dantra:20210322114736j:plain

ANAのキャンペーンはかなり太っ腹で、文字通り捨て身作戦とも言えるようなキャンペーンであります。国際線統合などという意見もあり、国内線だけは何としても固めたいというところなのかもしれません。

3か月実施してみて、ほとんどの期間が緊急事態宣言にかかっており、また、オリンピックも挟んでしまうことから、9月末まで延長としたと推察されます。

加えて、一部のダイヤモンド会員から+More特典を狙いたいが、時間が足りないと意見があったのかもしれません。

これを聞きつけた海外のマイル修行者がオリンピック関係と言って、日本国内線でマイル修行をしたりするという驚愕の事例も出てくる可能性もあります。

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.