弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAダイヤモンド会員に到達して良かった。2019年は最上級会員メリット回復と新たな期待

スポンサーリンク

羽田空港

2018年も残り2カ月余りとなり、マイラーの方にとっては、初めて上級会員になった方もいれば、ANAやJALの最上級会員であるダイヤモンドを防衛、初タイトル獲得した人もいると思います。また、これから日が短くなる中、暗い中、早起きして、スパートをかけられる人もいると思います。そこで、ANAダイヤモンド会員の2019年のメリットを考察してみました。

ANAダイヤモンド選択式特典2019

「ANAダイヤモンド選択式特典」とはダイヤモンド会員資格に到達した会員向けに、選べる特典を提供しています。概要はこちらを参照してください。

2018年と2019年で大きく変化した点は下記の通りです。

これまで、同特典は選択式コースに加えて、国内線・国際線機内販売で利用できるクーポン(20,000円分)または、「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券6枚が選択できました。

数式風に書くと下記の通りです。

 ANAダイヤモンド選択式特典=選択式コース+(機内販売クーポン2万円分or「ANA SUITE LOUNGE」6枚)

となります。クーポンの方が買い物に利用できるため、個人的には良いと言えますが、後者は無記名式であり、親族や知人と一緒に旅行する場合にラウンジアクセス手形として利用することができます。

しかし、無記名式ということもあり、二次流通しても、利用を拒否されることがないため、見知らぬ他人に〇〇カリや〇フ〇クなど、それを現金と交換することも可能であり、機内販売クーポン2万円分よりも価値があるようでした。

AMAでは、「マイルおよび特典ご利用の際の注意事項について」案内を出しており、注意喚起しています。

実際、トレースすれば、どの会員が売買・譲渡しているかわかりますが、すべてチェックしていると資本効率も悪く、より良いサービスに資本を投下した方が良いため、2019年から改変したと言えます。

ちなみに、海外のサイトでANAのマイルを購入できるサイトを紹介しているブログもあるようですが、ANAが認定したものではなく、こちらもANAの注意喚起の対象となっているようです。SFC会員になって、こうしたサイトから大量にマイルを購入して、資格はく奪ということもあり得ますので注意が必要です。

選択式特典改変がダイヤモンド会員にもたらすメリットとは

これまでは、選択式特典では、一番キャッシュに近い「ANAスカイコイン6万円分」と機内販売クーポンまたは、「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券6枚がもっともベストでしたが、今後は「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券6枚が選択の一つとなったため、スカイコイン6万円分と危ない橋を渡り「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券6枚の現金化とを天秤にかけた際、前者の方がメリットは有るため、「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券6枚の選択率は大幅に減ると考えられます。そうすると、ANA SUITE LOUNGEの利用者が減るということになります。

ANA SUITE LOUNGEの創設の時から利用していますが、年々利用者が拡大し、ANAの国際線就航および利用増に伴い、増加していると思われますが、「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券もそれに拍車をかけていると思われます。それが、2019年4月以降は大幅に減少されることにより、ANA SUITE LOUNGEの混雑が緩和されると思われます。

ANAダイヤモンド選択式特典が改悪と言う記事も目にしますが、実はダイヤモンド会員にとってはメリットと言えると言えます。

羽田空港第二ターミナルの国際線化が本格化

新第二ターミナル

日本空港ビルディングホームページより

羽田空港第二ターミナルを運営する日本空港ビルディングでは、東京オリンピック2020に向けて、現在の国際線ターミナルと第二ターミナルの拡張を進めています。現在の国際線ターミナルを拡張するとともに第三ターミナルと改称します。

第二ターミナルにおいては、南側66番から71番スポットを中心に国際線利用可能エリアとするほか、北側の50番台のスポットも国内線向けに強化が図られる予定です。

ターミナル一覧

日本空港ビルディングホームページより

工事は着々と進展

エアポートラウンジ

写真は第二ターミナル南

現在、国内線の第一、第二ターミナルで利用できるエアポートラウンジでは、リニューアル工事が相次ぎます。第一ターミナルではエアポートラウンジ(中央)が、第二ターミナルではエアポートラウンジ(北)が、2018 年 11 月 15 日(木)~2019 年 3 月下旬(予定)まで休止となっています。こうしたことも拡張工事の一環であり、オリンピックに間に合わせるために着々と進行しているようです。

https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/whats_new/1188_1018_0407.pdf

新生第二ターミナルはいつから開業

第二ターミナルビルの拡張工事は2020年2月末迄であり、これまでの航空会社のターミナル移転などを考えると4月1日の移転は混乱があると社会的混乱となるため、3月中に実施されると思われます。そうするとダイヤモンド会員2019の在任期間中に新しいターミナルをダイヤモンド会員として利用できる可能性もあります。

新ANA SUITE LOUNGE

現在、ANAがほぼ占拠している第二ターミナルはANAが引き続き、利用することとなり、国際線も第二ターミナルに移転すると考えられます。

そして、羽田発着のスターアライアンス便(エバー航空、アシアナ航空、エアチャイナ、タイ国際航空、シンガポール航空、ニュージーランド航空、ユナイテッド航空、エアカナダ、ルフトハンザドイツ航空等)も一緒に移転する可能性もあります。スターアライアンス以外でも、フィリピン航空やベトナム航空等も一緒に移転するかもしれません。

そして、新生第二ターミナルには、新たなANA SUITE LOUNGE((国内線・国際線)も設置されることが容易に想定されます。オープン当初の混雑による低評価を回避するため、今年度からラウンジ利用のアクセスを制限し始めたのかもしれません。2019年にダイヤモンド会員となれば、既存のスイートラウンジを快適に過ごせ、もしかしたら、新ラウンジを利用する可能性もあります。

最後に

仮に2020年4月以降に新ラウンジがオープンするとしても、2019年にダイヤモンド会員であるとマイルの積算率やスカイコインの提供等により、2020ダイヤモンド修行はそれ以前と比較すると容易であり、もう一年ダイヤモンド修行をするのも良いかもしれません。ANAダイヤモンド修行は1年おきにという説もありますが、変革の時期にはこうした定説も厳しいかもしれません。まあ、こうして、ズルズルとダイヤモンド修行の深みにはまっていくのかもしれませんが。

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.