弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ダイヤモンド修行を続けて、意味のあったことなかったこと(後編)

スポンサーリンク

巡り合わせ

前編に続きまして、ダイヤモンド修行を続けて良かったことを個人的感想ですが、まとめてみました。

はじめに

前編を公開の際に、いつもは下書きをスマホで校閲し、誤字脱字やタイポなどを修正するのですが、時間がなく、PCのみでチェックしたため、校閲が緩くなってしまいました。結果的に読みづらいとのご指摘をいただき、申し訳ございませんでした。出来る限り修正いたしましたので、よろしければお読みいただければと思います。 

ダイヤモンド修行を続けて良かったこと

ダイヤモンド修行を続けて良かったことを想起してみると幾つかあり、以下の通り記載してみます。

時間が有効となった

ダイヤモンド会員の特典として、「スイートチェックイン」「Fast Track」「空席待ち優先取り扱い」などがあります。こうした特典はラウンジ利用などと比較するとそれほど魅力がないように思いますが、LCCなどに搭乗するとその違いがよくわかります。時間帯にもよりますが、手荷物検査では長蛇の列ができているときは辟易しますが、ダイヤモンド会員では、日本国内はもちろんのこと海外でもかなり「Gold Track」が利用でき、列に並ぶと言う無駄な時間を費やすことがなくなり、便利となりました。

また、弾丸旅行が多いということもありますが、荷物を少なくすることにも拘ってきたことで、ホテルでの荷物のパッキングなどの時間も少ないほか、移動の際の負担も少なくなり、旅行を楽しむ時間や調べ物をする時間が増えたことが一番良いと言えます。

ビジネスクラスに搭乗する機会が増えた

ダイヤモンド修行をするとなると「プレミアムポイントを達成」ということが毎年の課題となります。365日休暇と言うある意味贅沢な時間があるのであれば、一番安いエコノミークラスで、世界中を巡りながらゆっくりとフーテンライフでプレミアムポイントを貯めることをしますが、週5~6日働きながらプレミアムポイントを積算するとなるとそのようなことは無理です。限られた時間でフライトした距離よりも効率的にプレミアムポイントを積算することが重要となり、「効率的=PP単価」が指標となります。

前編でも記載しましたが、ANAマイレージクラブの度々の改変により、上級クラスほどプレミアムポイントやマイルが積算され、且つ、国内線での安い運賃のプレミアムポイント積算が難化している傾向もあり、国際線の上級クラスが魅力的になってきました。

しかし、ビジネスクラスを正面から購入すると非効率のため、海外発券やプレミアムエコノミー+アップグレードポイントを活用し、限られた時間を効率的に使うようになりました。

また、ビジネスクラスに搭乗するとエコノミーやプレミアムエコノミーよりもはるかに大きなスペースを利用でき、PC等で自分の時間に費やすことができます。

さらに、快適なため夜行便を利用し、地上でのホテルなどの滞在時間と費用をカットすることができます。ダイヤモンド会員になる前はダイヤモンド会員になるとビジネスクラスに搭乗できると思っていましたが、ビジネスクラスに搭乗する努力により、ビジネスクラスに搭乗することができるようになったと感じています。

日常と非日常のギャップが楽しい

ダイヤモンドダスト

ダイヤモンド修行を1年の間に限られた時間で過ごすと、日常の時間とマイル修行をしている時間のギャップがとても楽しくなります。修行している間の時間は、決められた時間に搭乗し、乗り継ぎ時間も決まっており、計画的に稼働する必要があります。また、海外での滞在時間も限定されていることが多いため、場合によっては分刻みで動いたりします。もちろん、日常の時間でも通勤の時間や仕事でのスケジュールはそうしたことはありますが、何かが違います。

やはり、自分で決めて、楽しむことを目的としているのが大きな違いなのでしょう。決めた予定が計画通りに完璧にできた時など、自己満足ですが、とても楽しいものです。

また、一瞬ではあるものの日本では観られない景勝や体験をでき、空港でもETCレーンのようにスルスルと飛行機に搭乗でき、機内では他人に気兼ねなく、自分の時間を利用できることは非日常であり、日常とのギャップが続ける原動力とも言えます。

旅行から戻ってくると明日から日常と落ち込みますが、ダイヤモンド修行の場合は、次の非日常がすぐに待ち構えていることが多いため、切り替えがうまくできると思います。

ブログでの関心

最後に少し余談ではありますが、ダイヤモンド修行は随分前から続けていますが、ブログは1年ちょっと前から続けており、新たな楽しみとしています。

基本的には楽しみである旅行についての記事を書いていますが、ダイヤモンド修行を続けて良かった点としては、ブログでの関心が高いのはダイヤモンド修行やミリオンマイラーについて書いた点です。こうした記事は個人的な独りよがりの感想や意見であり、絶対的に正しいということはないのですが、なぜかアクセス数が高いです。

搭乗記やPP単価の記事は間違いがないようにたくさん調べたりするのですが、個人的な感想などの方がアクセス数は高いのは不思議であります。ブログを運営する上で、アクセスが高い方が嬉しいものであり、ダイヤモンド修行を続けていてよかったことの副産物でもあります。

最後に

ダイヤモンド修行は陸マイル活動と違い、「絶対おすすめ」とか「やらないと損」と言うものではありませんが、やればやったなりの経験もでき、損得勘定だけでは仕訳けられないものであります。結果的に自己満足の高い活動ではありますが、楽しいものであります。

ダイヤモンド修行に限らず、何かに打ちこむことは良いことも悪いことも意味ある体験をできるのは間違いないと思います。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.