弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAダイヤモンド会員同士の優先順位はあるのか

スポンサーリンク

ダイヤモンド会員

ANAダイヤモンドといえば、その優遇され方が天上の人の扱いにも見えますが、ダイヤモンド会員同士の優先度はどうか考えてみました。

ANAダイヤモンド基準の原則

10万PP

ANAマイレージクラブによるとANAダイヤモンド会員への基準は下記のとおりです。

年間10万プレミアムポイントを積算し、かつ、うちANAグループ運航便で5万プレミアムポイントを積算する必要があります。

簡単にクリアする人もあれば、難儀な人もいますが、ANAの飛行機にたくさん搭乗することが必要であるのは変わりません。

さらに、ANAではダイヤモンド会員年数に応じて、ボーナスマイルの付与数が異なるため。その区分けもできるようになっています。

また、ミリオンマイラープログラムにより、ダイヤモンド会員であった場合に生涯フライトの多さで一応区分できるようになっています。

更に言うと、ANAの事業会社の親会社のANAホールディングスは上場しており、直接的に間接的に株式の日本国が同社の保有はあるとは言えますが、保有比率では明らかに国策会社とは言えず、事業会社の取引により、国から指導の制約は少なく、裁量の自由はあると言えます。

ダイヤモンド特典

すなわち、マイレージプログラムの範囲で、事業のために利益貢献できることは優先できると言えます。

これは、B to B 取引などの需要により、トップラインからボトムまで貢献できる要因があれば、それを優先すると言うことでもあり、個人の一塊のマイラーよりもビジネス需要を重視するとも言えます。

アウトプットの最終系はそこまで辛辣でないと言えますが、個人より法人優先と言うのは事業者視点で言うと理解できます。

一方で、そうした判断基準を明確にしないと今の時代は投資する先が、法人はディスカウントとして儲かるのか、個人のフリークエントユーザーをたくさん拾った方が良いのか判断する指標がなく、透明性が求められると言えます。

個人ユーザーのスコアは法人利用にかなわないのか

法人利用客は株式持ち合いや取引金額の多さにより、それを劇的に変える影響があるため、なかなか手出しはできないと言えますが、個人においてはそのスコアはかなり明確になっていると言えます。

例えば、対象年のプレミアムポイントの積算具合やこれまでの履歴、ダイヤモンドの継続年数、ミリオンマイラープログラムの積算数等が優先されると思います。

例えば、前年にダイヤモンド会員の10万PPを達成できない場合に、それ以前の履歴をもとに、救済措置がされた場合には、その情報も反映されていると思われます。

これは個人、個人事業主でも同一であると推察されます。

以上からすると、予約の申請起点によりますが、やはりスコアの高いダイヤモンド会員が優遇されるのは間違いないと言えます。

そうでないと、飛んでいる人は不平を起こしますし、会社としては新たな収益の源泉を見失うことともなり、持続可能な企業としての存在意義が薄れ、ある意味あたり前であります。

ダイヤモンド会員の優先する要因を整理

ダイヤモンド会員内での優先する要因を整理すると下記がファクターと想像できます。

ダイヤモンド会員年数

直近のプレミアムポイント獲得数

ミリオンマイラープログラムでのマイル数

法人利用/個人利用

以上のような条件をもとに優先度をはかっているようですが、優先が裁定されるタイミング(アップグレード、空席待ちなど)は申請した早さが一番に決定されているようです。プレミアムエコノミーの最高峰Gクラスであっても、遅い場合にはビジネスクラスへのアップグレードにはあまり効果がないようです。

個人のスコアは個人の中で優先され、それと法人と比較したうえで整理されるようであり、法人(とくに公益な機関)の強さはあるようです。

最後に

ANAファーストクラス

今回はダイヤモンド会員の中での優先順位と言う不透明な内容をフィーチャーしてみましたが、ダイヤモンド会員の基本的なメリット、ボーナスマイル、スイートラウンジ利用、最優先搭乗、選択式特典、専用問い合わせ番号が利用できることを考えると、それ以上の不透明な内容に悶々としない方が良いかもしれません。

一個人としての力は限界があり、大量の法人需要に負けてしまい、ダイヤモンド会員と言っても、法人利用のダイヤモンド会員の方が優先されるかもしれません。残念ですが、そうしたことを割り切って利用するのが良いかもしれません。

また、ネットにでている事情通のような情報も情報漏洩の観点から今後はトレースされ、公平性の観点から撲滅されていくことが考えられ、そうした存在の意義もなくなるでしょう。こうしたことから、額面通り、目に見える特典のメリットを最大限活用することが幸福と感じることが最善かもしれません。 

Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.