弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

アメリカン航空 香港=ブエノスアイレス プレエコが安い

スポンサーリンク

アメリカン航空

香港から南米はかなり遠い場所であり、マイルも上級資格ポイントも積算できます。そうした中で、アメリカン航空のプレミアムエコノミーが安いため、まとめてみました。

ワンワールドにおいてアジアから南米はどこが一番安いか

アジアの主要都市(東京、大阪、北京、上海、広州、香港、台北、ソウル、クアラルンプール、シンガポール、ホーチミン)で比較すると南米行きのプレミアムエコノミーが一番安いのはソウルのようです。

アメリカン航空では16万円前後であり、快適に安く移動できます。しかし、マイル修行と考えると予約クラスはNクラスであり、FOPポイントは半減してしまいます。

日本発も検討していますが、やはり予約クラスの積算率が悪く、一番とは言えません。

そうした中で、一番単価が良いのは香港発券であります。アメリカン航空香港発券の場合、予約クラスはPクラスであり、100%積算となります。

ただし、注意点としてはチケットの販売においてCX便はAAとのコードシェアではなく、CXとして販売されるため、CXにはない予約クラスで登録され、積算されなくなるため、JLやAA本家で予約した方が良いと言えます。

また、西回りブリティッシュエアウェイズも善戦しますが、かなり日程が限られ、AAルートが最適と言えます。

ブエノスアイレスは魅力的な街

ブエノスアイレス

ブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれている都市であり、ラ・プラタ川に面しており、見通しも良く、きれいな街と言えます。

ウルグアイからラ・プラタ川をフェリーで渡り、到着するころに見える高層ビルとそのあとのストリートの賑わいを見ると世界レベルの都市と言うのを実感できます。

個人的には以前記事にしたこともありますが、滞在した日数が多い街でもあり、アルゼンチン・ワインはそこそこ有名ですが、現地で飲むとなおさら良く、しかも、コスパも良く、夕方になるとワインが飲みたくなるぐらいでした。

言葉の影響があるかもしれませんが、スペインの大都市にいる錯覚も覚えます。 

プレミアムエコノミー 香港=ブエノスアイレス往復

フライトルート

夏休みの時期に設定してみました。

旅程

アメリカン航空旅程一覧

往路は8月9日金曜日に香港を朝一で出発し、成田に到着します。このフライトはJALのエコノミーとなりますが、予約クラスはAA便名が割り振られており、Pクラスの加算となるため、マイルは積算されます。乗り継ぎ時間は110分でアメリカン航空にてダラスに向かいます。

ダラスでは約3.5時間の乗り継ぎで出発し、ブエノスアイレスには翌朝7:53に着きます。

南米行きはアメリカ縦断で日付がだいたい変わります。

復路はブエノスアイレスに6泊した後に、香港に向かいます。この間に船で行けるウルグアイやイグアスの滝、弾丸にはなりますが、フエゴ島にも行けると思います。

夜8時前に出発し、ダラスに翌朝到着し、約6時間乗り継ぎで香港に向けて出発し、翌日の夕方4時過ぎに到着します。

運賃・FLY ON ポイント

運賃とFLY ON ポイントは下記のとおりです。

運賃 約227,106円

予約クラス 全区間Pクラス

(すべて100加算)

FLY ON ポイント 26,694FOP

FOP単価 8.51円/FOP

単価的には東京=クアラルンプールのプレミアムエコノミーを繰り返した方が良いと言えますが、一度に稼げるFOPは2.6万とダイヤモンド修行にはかなり良いと言えます。

最後に

ブエノスアイレス

南米は遠いため、運賃も高くなります。しかし、マイル修行としては絶好の距離を稼げるルートでもあり、上級クラスでのチケットを購入すれば、上級資格ポイントは一気に積みあがります。

人生において南米に行く機会と言うのは、人によって異なりますが、あまりないと言えますので、敢えて旅行先を南米にしてみて、知見を豊かにすると言うのも良いかもしれません。 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.