弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

シンガポール航空 プレミアムエコノミーのプロモーションが安い

シンガポール航空ちあえわ

シンガポール航空のオーストラリア行きのプロモーション運賃がかなり安いため、まとめてみました。

シンガポール航空プロモーション運賃概要

プレミアムエコノミー運賃

シンガポール航空ホームページより
プロモーションでは、東京、名古屋、大阪、広島、福岡発が対象であり、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスの各クラスでプロモーションが行われています。販売期限はクラスやルートで異なっているため、シンガポール航空のサイトを確認してみてはいかがでしょうか。

f:id:dantra:20171204210517j:plain

パースの海岸

特徴としては、広島発のオーストラリア行きビジネスクラス往復が18万円台であります。安いのですが、広島=シンガポール間はシルクエアとなるため、ANAマイレージでは加算対象にならないため、注意が必要です。

そして、魅力的なのが、オーストラリア行きのプレミアムエコノミーです。オーストラリア各都市へのプレミアムエコノミー運賃は下記の通りです。

東京=シドニー往復 130,160円~

東京=メルボルン往復128,910円~

東京=ブリスベン往復130,400円~

販売期限は2018年1月18日まで

旅行開始は2018年2月26日から9月30日までに開始し、同年10月14日までに終了する必要があります。最低旅行日数は3日、最大滞在日数は14日とBtoB対策とも思える限定チケットです。

また、繁忙期の2018年4月28日~5月3日, 2018年8月10日~8月15日の出発は対象外、いずれもシンガポール航空便(シンガポール以遠はシルクエアも可能)であり、往復ともにシンガポールでのストップオーバーは無料で可能です。

シンガポール航空プレミアムエコノミー東京=シドニー間運賃

運賃・旅程

オーストラリア3都市で最も距離が遠い、東京=シドニー間で運賃を検索してみました。

結果は以下の通りです。

シンガポール航空プレミアムエコノミー運賃

木曜の夕方、羽田を出発し、シンガポールで100分の乗り継ぎでシドニーに向かい、朝10時に到着します。帰路は日曜日の午前11時にシドニーを出発し、シンガポールで5時間30分の乗り継ぎの後、深夜便で月曜早朝羽田に到着します。木曜日半休と金曜日を休みにすれば可能そうなルートです。運賃は130,000円で予約クラスPです。 

積算マイル

ANAマイレージクラブでの加算

予約クラスはいずれもP(100%加算)

積算マイル数

東京=シンガポール間 3,312マイル

3,312×100%=3,312マイル(A)

シンガポール=シドニー間 3,743マイル

3,743×100%=3,743マイル(B)

往復合計 (A+B)×2=14,110マイル

130,000円÷14,110=9.21円/マイル 

プレミアムポイント

東京=シンガポール間 3,312マイル

(3,312×100%)+400=3,712PP(A)

シンガポール=シドニー間 3,743マイル

(3,743×100%)+400=4,143PP(B)

往復合計 (A+B)×2=15,710PP

130,000円÷15,710=8.27円/PP 

ライフタイムマイル(参考)

(3,312+3,743)×2 =14,110マイル

プレミアムエコノミーでPP単価が8円台でありながら距離も稼ぐことができるため、ライフタイムマイルがかなり積算されます。

ANA直行便の場合

運賃・旅程

往復ともに夜行便であり、羽田=シドニー直行便のANAのプレミアムポイントを同時期で検索してみました。検索結果は下記の通りです。

ANAプレミアムエコノミー運賃

週末を利用した往復が可能です。運賃は152,200円で予約クラスはEクラスです。

積算マイル数

東京=シドニー間 4,863マイル

4,863×100%=4,863マイル

往復合計 4,863×2=9,726マイル

152,200円÷9,726=15.65円/マイル

プレミアムポイント

東京=シドニー間 4,863マイル(路線倍率1.5倍)

 (4,863×100%×1.5)+400=7,694PP

往復合計7,694×2=15,388PP

152,200円÷15,388=9.89円/PP 

ライフタイムマイル(参考)

4,863×2=9,726マイル

シンガポール航空のプレミアムエコノミーの方が単価や積算されるプレミアムポイントは良いですが、ANAの場合、マイルでビジネスクラスへのアップグレードも空いていれば可能であるほか、マイルをスカイコインに交換することで、運賃に充当できるため、持ち出しが少なくて済むというメリットもあります。 

最後に

個人的に来年の計画をしている中で、プロモーション運賃が色々な航空会社で続々と出てきており、しかも、マイルやポイントの加算が良く、快適な空の旅が楽しめるプレミアムエコノミーで財布にやさしい運賃がたくさん出てきて、どれにしたらよいか迷ってしまいます。あまり迷っているとプロモーションの運賃が満席となってしまうのですが。

オーストラリア


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.