弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

世界初就航 シンガポール航空 B787-10 関西空港へ ANAマイル利用可能か

SQ787-10

ボーイングホームページより

先日、シンガポール航空が最新鋭の機体であるボーイング787-10の引き渡しと運航開始予定時期をリリースしましたので、まとめてみました。

シンガポール航空B787-10

シンガポール航空は世界で初めて、ボーイング787シリーズの最長胴型機の787-10型機を受領し、定期就航させる航空会社となります。その初めてのルートは日本であり、関西空港とシンガポールチャンギ空港を結ぶ便となります。

シンガポール航空によるとスペックは下記の通りです。

B787-10
全長 68.3m
翼長 60.17m
高さ 19.8m
ビジネスクラス 36席
エコノミークラス 301席

 現在トレンドのプレミアムエコノミーはなく、ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制となっており、位置づけとしては長距離国際線用ではなく、アジア域内などリージョナル仕様となっています。エアバスA330-300の置き換えや繁忙期用と考えられます。 

関西空港便のスケジュール

シンガポール航空のサイトで5月の旅程で検索してみると下記のような検索結果が出てきました。

シンガポール航空787スケジュール

関西空港発はSQ619便で、午前10:55に出発し、シンガポールには午後4:40に到着します。シンガポール発はSQ618便でシンガポールを未明の午前1:25に出発し、関西空港には朝9:05に到着する夜行便です。政府認可中のようで、予定が変わる可能性もあります。 

ビジネスクラスのスペックは

リージョナル仕様のエアバスA330-300のビジネスクラスのシートピッチは2-2-2の配列であり、同様であれば、ボーイング787-10でも2-2-2と考えられますが、予約画面から予約を進めて、座席指定画面に遷移してみると下記の通りでした。

787-10シートマップ

シート配列は1-2-1とエアバスA380-800やA350-900、ボーイング777-300ERと同じ配列となっています。エアバスA330-300ではビジネスクラスは全部30席ですが、ボーイング787-10では36席と配列は少なくなっているにもかかわらず、座席数は増加しており、同機の特長である長さを生かしたと思われます。まだ、デザインは正式に出ていないようですが、フルフラットの半個室タイプのようです。 

ANAの特典航空券で搭乗可能か

ANAの提携航空会社の特典航空券のビジネスクラスでは、シンガポール航空のビジネスクラスには制限があり、以下のように記載されています。

シンガポール航空の次の機種(A350-900、A380-800、B777-200ER (retrofitted)、B777-300ER)ではスイートクラス・ファーストクラス・ビジネスクラスでの特典航空券での予約はできません。

当然、ボーイング787-10型機は最新鋭機のため、利用できない懸念もあり、ANAの特典航空券検索をしてみました。検索結果は下記の通りです。

ANA特典航空券SQ787-10

現時点では、予約できるようです。この先変更があるかもしれませんが、最新のビジネスクラスのシートに座ることができそうです。仮に同機が不可となると関西からの特典航空券が不便になるため、おそらくこのまま利用できるのではないかと思います。 

最後に

ANAでも来年にはボーイング787-10型機を国際線で就航させるようですが、一足早く、搭乗したい人はシンガポール航空で利用してみてはいかがでしょうか。しかも、マイルで利用できそうなので、お得に最新ビジネスクラスを堪能できそうです。どのようなビジネスクラスのシートになるのか楽しみです。

シンガポール航空ボーイング787-10

シンガポール航空ホームページより 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.