弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

Sofitel Luang Prabang ( ソフィテル ルアンパバーン ) 滞在記

f:id:dantra:20170617105818j:plain

世界遺産の街であるラオス・ルアンパバーンに訪問した際に、宿泊しましたので、お伝えします。

ソフィテルについて

ソフィテル(Sofitel)は、フランスに拠点を置くアコーホテルズの最上級ブランドのホテルです。アコーホテルズのブランドは他に、ラッフルズ、フェアモント、プルマン、スイスホテル、メルキュール、ノボテル、イビス等があります。ソフィテル ルアンパバーンは2017年からソフィテル名に変更になったようです。

アクセス

プーシーの丘や夜店が並ぶシーサワン通りがある中心部からは少し離れています。歩いていくのはちょっと厳しいので、中心部からはトゥクトゥクかホテルのシャトルカーまたは、ホテルで貸してくれる自転車でのアクセスができます。シャトルカーは中心部のサッカリン通りにある同系列のホテル・ル トロワ ナガー(3 Nagas)との間を往復しています。

空港からのアクセスはホテルの送迎もあります。行きは、プーシーの丘から日没を見たかったため、空港から直接、プーシーの丘に行ったため利用しませんでしたが、帰りは利用しました。片道12ドルと高いですが、HONDAのRV車です。

チェックイン時間は14:00、チェックアウトは12:00となっています。

宿泊レポート

直前まで時間がなく、ホテルを予約していませんでしたが、Agodaの直前35%引きで、2万円以下で泊まれましたので、レポートいたします。

エントランス・フロント

エントランス。像の銅像とクラッシックカーがあります。建物はフロントとなっています。

f:id:dantra:20170617105832j:plain

フロント。チェックインはソファに座って済ませます。ウェルカムドリンクもあります。

f:id:dantra:20170617105847j:plain

フロントの横にはレンタルサイクル(無料)もあり、街中まで行くこともできます。

フロントを出ると中庭に通じる道の途中にお釈迦様でしょうか。線香をあげることもできます。

f:id:dantra:20170617105855j:plain

中庭は外界とは隔てられた空間となっています。

f:id:dantra:20170617105944j:plain

小さな池には噴水があり、たくさんの草花が植えられています。

f:id:dantra:20170617105955j:plain

ハンモックとプール。

f:id:dantra:20170617110008j:plain

ルーム

全部で25室しかないそうで、すべてスイートルームとなっています。1部屋1戸とはいきませんが、別邸感満載です。

ホテル自体が外部と隔離された空間のため、安全なのか鍵はオートロックではなくただの鍵です。部屋の中にはセーフティーボックスもあるので、気になる人は利用した方がいいと思います。

f:id:dantra:20170617110034j:plain

リビング・ベッド

ジュニアスイートルームは大きな吹き抜け部屋が一つあり、ベッドとリビングが一緒になっています。

f:id:dantra:20170617110048j:plain

LCDTVもありますが、日本の放送はなかったようです。

f:id:dantra:20170617110112j:plain

高い天井にはシーリングファンもついています。

f:id:dantra:20170617110401j:plain

クイーンサイズのベッド

f:id:dantra:20170617110126j:plain

お茶は種類が豊富です。

f:id:dantra:20170617110256j:plain

冷蔵庫にはビールぐらいです。赤ワインはボトルが備え付けでありますが、ルームサービスを利用すれば、他のワイン等も可能です。

f:id:dantra:20170617110315j:plain

リビングの電源はそれほどありませんが、タップがあるので、電源切れのガジェットを同時に充電できます。

f:id:dantra:20170617110327j:plain

ゴミ箱には消臭目的か葉が敷き詰められています。電源タップやゴミ箱の葉など細かい配慮が行き届いています。

f:id:dantra:20170617110338j:plain

バスルーム

余裕の広さの洗面。

f:id:dantra:20170617110143j:plain

アメニティは一通りあります。虫よけスプレーもあります。(マウスウォッシュではありません)

f:id:dantra:20170617110200j:plain

トイレも広々しています。

f:id:dantra:20170617110218j:plain

「室内」のバスルームです。反対側にはシャワーブースもあります。

f:id:dantra:20170617110236j:plain

プライベートガーデン

このホテルの特徴として、パブリックの中庭だけでなく、高い壁で囲まれたプライベートガーデンがあります。プライベートガーデンには、露天風呂もあります。

f:id:dantra:20170617110423j:plain

露天風呂はスーパー銭湯にある壺湯なんかよりも大きいです。この部屋だけなのかお湯の水圧はいいのですが、水の水圧が良くなく、お湯をためた後しばらくしないと熱くて入れませんでした。

f:id:dantra:20170617110433j:plain

プライベートガーデンの芝生には、花が散りばめられています。

f:id:dantra:20170617110447j:plain

朝食

朝食は中庭にあるレストラン「ガバナーズ・グリル」で朝6:30から10:30まで食べることができます。朝日を浴びて、そよ風にあたり、中庭を見ながら優雅な時を堪能できます。レストランは夜10:30までオープンしています。

f:id:dantra:20170617110512j:plain

種類はありませんが、ブッフェもあり、自分で取り揃えることもできますが、まめにオーダーをとってくれます。まず、ジュースです。スイカのジュースです。

f:id:dantra:20170617110542j:plain

洋食もありますが、折角のラオスなので、「A Taste of Laos」のデトックスセレクションからお粥をオーダーしました。

f:id:dantra:20170617110556j:plain

お粥は薄味だと思っていましたが、しっかりと味がついており、香草との相性も良いです。

f:id:dantra:20170617110616j:plain

最後はコーヒーをいただきました。

f:id:dantra:20170617110531j:plain

SPA・フィットネス

フロント横の建物にSPAとフィットネスがあります。SPAは2階、フィットネスは1階です。フィットネスはフロントに声をかけると開けてくれて、照明とエアコンを入れてくれます。

f:id:dantra:20170617110651j:plain

マシンはそれほどありませんが、有酸素運動はできます。このほかにランニングマシンが2台設置されています。

f:id:dantra:20170617110702j:plain

最後に

全室スイートで25室しかないため、プライベート感が高いホテルです。スイートといっても、タイミングによっては一泊二万円以下で泊まれるので、とてもコストパフォーマンスが高いホテルだと思います。街の中心部からは1.5km程ありますが、ホテルのシャトルカーが定期的に巡回していますし、トゥクトゥク(130円程度)もすぐ呼んでくれます。自転車もあるので、決して不便ではありません。ルアンパバーンは欧米の人にはとても人気な都市なので、結構予約も入ってしまうようなので、早めに計画をされた方がいいかと思います。

f:id:dantra:20170617110723j:plain

 ホテルまでの道のり 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.