弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

快適さをとるか、プレミアムポイントをとるか 、悩ましいビジネスクラス

ANA ビジネスクラス

ビジネスクラスは搭乗前には航空会社ラウンジが利用でき、搭乗中も足元が広く、最近はシートが水平になりベッド感覚で利用できるものもあり、快適です。

さらに、航空会社の上級会員になるために獲得が必要なポイント(JALの場合はFLY ON ポイント、ANAの場合はプレミアムポイント)がエコノミークラスよりも一気に獲得できる特徴もあります。

ところが、最近では、お手頃な運賃でこうしたビジネスクラスの快適なサービスを受けられる反面、上級会員になるために獲得が必要なポイントはエコノミークラス級の低加算率のものがあります。そんな快適さをとるか上級会員資格のために格安ビジネスルートをあきらめるか悩ましいビジネスクラスのチケットを選んでみました。

悩ましいビジネスクラスが存在する航空会社

JALまたはANAの上級会員を目指す場合において、通常のビジネスクラスチケットにおいてはエコノミークラスよりも加算率が高く、おおむね搭乗したフライトのマイルの125%が加算されます。しかしながら、お手頃運賃においては、125%加算されずにエコノミークラスと同等の70%という悩ましいチケットがあります。JALとANAに分けてまとめてみました。 

ANAマイレージクラブ

ビジネスクラスにおいて125%加算率が存在するスターアライアンス加盟航空会社は下記の通りです。

ANA、ユナイテッド航空、ルフトハンザ、スイスインターナショナルエアラインズ、オーストリア航空、ブリュッセル航空、ターキッシュエアライン、LOTポーランド航空

基本的には、Pクラスが70%加算となっています。例外としては、ターキッシュエアラインではJクラス、LOTポーランド航空ではZクラスが100%加算となっています。 

JALマイレージバンク

ちなみに、JALマイレージバンクでは、ビジネスクラスにおいて70%加算率が存在するワンワールド加盟航空会社は下記の通りです。

日本航空、エアベルリン、フィンエアー、イベリア航空

いずれも、Iクラスが70%加算となっています。

ANAマイレージクラブにおいてANA便以外のスターアライアンス加盟航空開始に搭乗の場合でも、加算率が100%以上の場合、プレミアムポイントとは別に搭乗ポイントが一フライト当たり400ポイント加算されるため、70%加算の場合は、悩ましい度がワンワールド系よりも高いといえます。

悩ましいビジネスクラスセレクション

ユナイテッド航空

ホノルルルート

ユナイテッド航空の国内線及びカナダへのフライトでは、上級クラスはファーストクラスと言われていますが、実質的にはビジネスクラスであり、片道であっても割安なチケットが思いのほかあります。その中でも距離が長いわりにお手頃なビジネスクラスをピックしてみました。

ユナイテッドビジネスクラス運賃

ホノルルからロサンゼルスとシカゴを経由してトロントに至るルートで、総マイル数は4,737マイルとなります。予約クラスはPクラスで加算率は70%であり、プレミアムポイントは3,315ポイントであり、運賃は68,990円、PP単価は20.8円と修行には向いていません。しかし、東京からシドニーまでの距離をビジネスクラスにて、しかも7万円で行けることを考えるとある意味魅力的であす。ちなみにエコノミーでは30%加算で2.7万円程度です。

スイスインターナショナルエアラインズ

ロンドンアテネルート

ルフトハンザグループの航空会社は欧州内を中心にフライト距離のわりに安いビジネスクラスがあります。ただし、こちらの場合、欧州域内のビジネスクラスは小型機が多く、ビジネスクラスはエコノミークラスと同じシートを使い、3-3配列の座席の真ん中を使用しないでビジネスとして提供するため、快適さは限られます。 

スイス ビジネスクラス運賃

ロンドンヒースローからアテネまでのルートで、チューリッヒで乗り換えをするルートです。総マイル数は1,511マイルです。予約クラスはこちらもPクラスで加算率は70%。プレミアムポイントは1,057ポイントであり、運賃は34,900円、PP単価は33.0円と修行向けには向いていません。

ちなみに直行便を検索すると同じくスターアライアンス加盟のエーゲ航空のビジネスクラスが以下の運賃で出てきます。

エーゲ運賃

直行便の総マイル数は1,510マイルです。予約クラスはこちらもAクラスで加算率は125%。プレミアムポイントは2,287ポイントであり、運賃は31,230円、PP単価は13.7円と比較的単価は良いといえます。ただし、こちらもシートは基本的にエコノミーと同等のシートで隣席が空席となるパターンであり、欧州内は最近でもこうしたビジネスクラスが多いようです。 

ターキッシュエアライン

ターキッシュエアラインルート

ターキッシュエアラインではJクラスが100%加算となるガッカリクラスであります。今回は検索するとJクラスの結果が出てこなかったため、10万円以下でなるべく長距離の路線に搭乗できる路線を検索してみました。

ターキッシュエアラインビジネスクラス運賃

エジプト・カイロから中国・広州までのルートです。総マイル数は5,670マイルです。予約クラスはこちらもZクラスで加算率は125%で搭乗ポイント400ポイントも付与されます。プレミアムポイント総計は7,887ポイントであり、運賃は94,181円(856.19USD 1USD=110円で計算)、PP単価は11.9円と悩ましくない結果となりました。 

世界一周運賃エコノミーよりもビジネスの方が安い

世界一周運賃表

以上、3ルートをご紹介しましたが、いずれも10万円未満のビジネスクラスシートに座れるチケットです。残りの区間も遠回りをしたりすれば、ビジネスクラスで世界一周が実現できるかもしれません。スターアライアンス加盟航空会社が提供しているスアライアンス世界一周料金は最安のエコノミークラスで358,900円からで、しかも空港税や燃油サーチャージが別途加算されるため、もしかしたらエコノミーのスターアライアンス世界一周運賃よりも片道海外発券ビジネスクラスの組み合わせの方が安くなる可能性もあります。 

最後に

マイレージ加算や上級会員資格に必要なポイント加算を考えると70%加算のビジネスクラスはがっかりするところではありますが、長時間を快適に過ごせ、お手頃な金額でエコノミーと同等の加算率があると考えると実は魅力的なのかもしれません。また、ANAのライフマイルタイムは加算率に関係なくフライト距離で加算されるため、ライフタイムマイル加算に適しているかもしれません。 

シンガポール航空ビジネスクラス


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.