弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

クアラルンプール国際空港 タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ

f:id:dantra:20170611223518j:plain

早朝のクアラルンプール国際空港からバンコク・スワンナプーム国際空港までの乗り継ぎの際に利用しました。

 クアラルンプール国際空港サテライトターミナルラウンジマップ

f:id:dantra:20170612001750j:plain

サテライトターミナルは国際線用ターミナルで、メインターミナルからはエアロトレインでアクセスします。サテライトターミナルには、航空会社のラウンジ(エミレーツ、キャセイパシフィック、チャイナエアライン、タイ国際、シンガポール、マレーシア)が6つとプラザプレミアムラウンジの合計7つのラウンジがあります。ホームであるマレーシア航空のゴールデンラウンジが一番大きく、次いで、プラザプレミアムラウンジのようです。

 タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ

営業時間

営業時間は6:00-21:30

タイ国際航空自体は13:20発のバンコク行きなので、もう少し遅くから開始してもよさそうですが、コードシェアをしているタイスマイル航空のバンコク行きが8:10発なので、それに対応しているためと思われます。今回、タイスマイル航空を利用したため、同ラウンジの利用となりました。タイスマイル航空は乗り継ぎカウンターに人が現れるのは7時過ぎのため、ANAで早朝到着後、しばらくベンチで待つか一度、入国してカウンターでチケットをもらい、再度出国してラウンジに行く必要があります。後者の方が面倒ですが、待っている時間は少なくて済みます。ちなみに、タイスマイル航空はタイ国際航空の子会社ではなく、タイ国際航空が運営している格安ブランドのようです。ちょうど、ソフトバンクモバイルがソフトバンクとワイモバイルを運営しているのに似ています。

受付・ラウンジ全体

f:id:dantra:20170611223501j:plain

受付には、Wi-Fiパスワードの紙切れが置いてあります。ラウンジ全体としては、それほど大きくありません。

f:id:dantra:20170611224025j:plain

ビジネスデスク

f:id:dantra:20170611223642j:plain

Windowsのパソコンが備え付けられているデスクが4席あります。

 

水回り

水回りでは、シャワーはありませんが、トイレはあります。ただし、今回、早朝利用しましたが、トイレは利用できませんでした。トイレの利用の場合は、ラウンジ外にある通常のトイレに行く必要がありました。

f:id:dantra:20170611223731j:plain

また、VIP専用と思われる予約ブースもありますが、あまり利用しているのを見かけたことがありません。開放した方がいいかと思われます。

食事ドリンク

f:id:dantra:20170611223752j:plain

食事やドリンクですが、コーヒーはポットに入ったものだけでした。コーヒーマシンはありましたが、使用中としなっていました。カップ麺もあるので、ジャンキーなものを食べたい時にはいいかもしれません。サラダは一人用に小分けされ、ラップで包装されています。

f:id:dantra:20170611223814j:plain

アルコール関連でいうとビールはハイネケンがあります。

f:id:dantra:20170611223827j:plain

そのほか、洋酒が数か少ないですが、置いてあります。おつまみもあります。ワインはありませんでした。

f:id:dantra:20170611223840j:plain

食事については、朝ということもあり、スクランブルエッグとチキンソーセージ、ハッシュドポテトと焼き春雨のように物があったほか、おかゆとパンもあります。

f:id:dantra:20170611223900j:plain

早朝ということもあり、出来立てのスクランブルエッグを食べることができました。

f:id:dantra:20170611223916j:plain

最後に

スターアライアンスでクアラルンプール国際空港を利用する場合は、ANAかタイ国際航空が主になると思います。ANAの場合、ラウンジはプラザプレミアムラウンジとなり、こちらの方が広く、食事やドリンク(特にお酒)は充実しているので、あえて、ロイヤルシルクラウンジを利用する必要性はありませんが、タイ国際航空のラウンジは静かなので、タイ国際航空フライト時には十分満足できると思います。

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.