弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

JGC修行 「リンギットラン」は可能か

マレーシア国内線ルート

その昔、ANAの上級会員資格取得のために搭乗回数を増やすために、「バーツラン」「八丈ぐるぐる」というものが存在したことを思い出して、航空券が安いマレーシアで同様のことはできないか考えてみました。

FLY ON プログラムとは

JALのホームページでは以下の記載があります。

「FLY ON プログラム」は、数多くご搭乗されているお客さまだけにお届けする上質のプログラムです。毎年1月~12月の12カ月間(暦年)に積算されたFLY ON ポイントやご搭乗回数に応じて、さまざまなサービスをご利用いただけます。

JALおよびJALが加盟している航空連合のワンワールドに加盟している航空会社にたくさん搭乗すれば、上級会員の資格が得られ、ボーナスマイルや航空会社が運営するラウンジへのアクセスができたり、搭乗の際にエコノミークラスのチケットを購入しても、アップグレードポイントにより、ビジネスクラスへアップグレードできたりするお得意様優遇プログラムです。

暦年の間のFLY ON ポイントの獲得数により優遇度が決定し、上位から「ダイヤモンド」、「サファイア」、「クリスタル」と会員種別が分けられています。特に、「サファイア」以上のポイント獲得となるとメリットが大きいようです。「サファイア会員」になるとマイル加算において、ボーナスマイルが「クリスタル」会員と比較して約2倍のボーナスマイルが加算されるほか、JALグループおよびワンワールド加盟航空会社のラウンジに入室できるようになります。そして、最大とも言えるメリットはJALグローバルクラブのクレジットカード(略称JGC)を作り、年会費を払えば永久的に上級会員となれる入会資格が得られます。

ANAにおいても同様の施策は展開されており、プレミアムポイントを50,000ポイント獲得できれば、「ANAスーパーフライヤーズカード、略称SFC」というクレジットカードを発行し、毎年年会費を払い続ければ、永久に世界中のスターアライアンス加盟の航空会社のラウンジにアクセスできる「スターアライアンスゴールド」会員取得が獲得できます。

JALとANAの違いは?

JALとANAにて同じような永年上級会員資格があるわけですが、違いもあります。大きな違いとしては、クレジットカードを発行して、永年上級会員加入後(マイラーの間では解脱という)のサービスレベルです。ANAの場合、SFC会員加入後でも、上級会員のランクによる違いはSFC会員でない場合と比較しても、ボーナスマイルが少し多いなど以外はありません。いっぽう、JALの場合は、JGC会員となると「サファイア会員」と「ダイヤモンド会員」の資格の間に「JGCプレミア」という資格ができます。

上級会員資格基準

「サファイア会員」の達成基準が50,000ポイントで「ダイヤモンド会員」の達成基準は100,000ポイントです。「JGCプレミア」はその間の80,000ポイントとなります。JGCカードを発行することにより、永久上級会員を得られるだけでなく、JGC会員に搭乗するモチベーションも与えています。ANAの場合は、SFC会員限定の「プラチナ会員」と「ダイヤモンド会員」の間に特別な会員ランクがない代わりに「ダイヤモンド会員」への優遇がJALと比較して大きくなっているようです。

JGC会員になるための資格基準は?

JALのホームページには以下の通り記載されています。

1~12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。

JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。

以下省略

クレジットカードを保有できることについては、クレジットカードのこれまでの利用履歴や経済力などが影響しますが、資格基準としては飛行機にたくさん搭乗することが必要です。JALが特徴的なのは、距離と運賃クラスを基準とした「FLY ON ポイント」以外に、登場回数(こちらもFLY ON ポイントも一定数必要ですが)による資格基準もあります。言い換えれば、距離は短くても回数を稼げば上級会員に近づけるということです。

回数で上級会員になるためには

サファイアへの到達基準50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上を攻略するためには、多く搭乗することが必要です。しかしながら、飛行機に搭乗するには時間とお金が必要です。FLY ONポイント積算対象予約クラスの運賃が安ければ安いほど効率的といえます。

日本国内の短距離路線

JALにおいて、短距離路線で頻繁に運航されている路線は東京=大阪で、1日約15往復運航されており、1日数回は往復で搭乗できますが、運賃は1回あたり1万円前後かかります。

那覇=石垣線運賃検索結果(JALホームページより)

JAL石垣路線運賃

では、他の路線でいうと沖縄県内の沖縄本島と石垣空港、宮古空港のルートが考えられます。石垣、宮古、それぞれ那覇から1日7~8往復運航されているので、1日数往復はできそうです。運賃は先得割引運賃で約6千円から8千円と回数という点では東京大阪よりもお得です。

那覇=宮古線運賃検索結果(JALホームページより)

JAL宮古路線運賃

海外の短距離路線はどうか

週末に完結できて、ワンワールドに加盟している航空会社が就航している地域を考えると中国本土か香港、マレーシアあたりが候補になります。今回は、現地発券の航空券が安いマレーシアをピックアップしてみました。マレーシアはマレー半島南部とボルネオ島の北部が領土で、世界で66番目の面積があり、日本と同じくらいの大きさがあります。海で隔てられている地域もあるため、交通の足として、飛行機が活躍しています。

マレーシア航空国内線運賃は?

マレーシア航空のマレーシア国内線の運賃を調べてみました。注意点としてはJALマイレージバンク積算対象の最安のエコノミー予約クラスはS,Vで、クアラルンプール市内に近い場所にあるスバン空港(SZB)からのフライトはファイヤーフライ社運航のコードシェア便のため積算対象外であることを念頭に検索してみました。

JMB マレーシア航空加算基準

クアラルンプールとの往復よりも、クアラルンプールを乗り継ぎ地点として国内線を2区間往復する方が区間当たりのコストは安くなるようです。4区間で785MYR、1区間当たり日本円で5千円と沖縄県内ルートよりも安くなります。

マレーシア国内線運賃

また、当日の往復よりも滞在日数を2~3日程度に設定した方が、積算対象最安クラスに近づきます。マレーシア航空において、B to B発券が禁止されているか不明ですが、それができれば1日に大量のフライトをこなすこともできそうです。上級会員への資格はJAL便が25回必須のため、マレーシア航空での搭乗回数は25回と考えると総額13万円弱です。JAL便25回はマレーシアに行くためのJAL便往復と沖縄県内往復で稼ぐかたちになると思います。

まとめ

搭乗回数による上級会員の道が残されているJALマイレージバンクにおいて、回数をできるだけ安くルートを想定してみました。過去にスターアライアンス(ANAマイレージクラブ)では、バーツランといい、タイ国際航空のタイ国内線が1フライト当たり1,000円で積算された時代をヒントに考えてみましたが、マレーシア国内線で回数を稼いでもそれだけで上級会員資格の獲得とはならないようです。ワンワールドはFLY ON ポイントがたまりやすいビジネスクラス運賃において割安なルートが多いため、ビジネスクラス搭乗の方が上級会員資格獲得への近道となりそうです。日本国内において出張族で、JALの搭乗回数が多く、残りを集中して稼ぎたい方やマレーシアに頻繁に行く機会があり、マレーシアでの滞在時間に余裕がある方にはマレーシアの観光も兼ねてトライしてみるのはいいと思います。JGC修行も楽しそうに見えてきました。


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.