弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANA国際線機内レポート NH885便(787-8)

f:id:dantra:20170611103458j:plain

ANAの羽田発クアラルンプール行きNH885の搭乗レポートをお伝えします。読まれている方には、NH885便に搭乗された方も多くいられると思いますので、今回は、シートの広さについて、フィーチャーしてみます。

NH885便

NH885便は上述の通り、羽田空港とマレーシア・クアラルンプール国際空港(KLIA)を結ぶフライトです。現在のスケジュールは23:30に羽田を出発し、クアラルンプールに6:00に到着します。季節により、出発時間が遅くなったりします。このフライトには10回以上搭乗していますが、ほぼ定時運航で、定刻よりも早く到着することも多いです。早着の場合は、CAさんが最後に「定時運航にご協力いただきありがとうございます。」とアナウンスを大体されています。

機材

機材は、同社では最新の機材ボーイング787を使用しています。ANA国際線でのボーイング787は大きく分けると下表のとおり3つあります。

機材 総座席数 PY E
787-9 246/215席
787-8 169席
787-8 240席 -

NH885便では、787-8の240席仕様が使用されていますが、2017年7月31日搭乗分より787-9に変更となり、プレミアムエコノミーが利用可能となります。復路のNH886便は2017年8月1日からです。ビジネスクラスのシートについては、787-8(240席)仕様が通常リクライニングの2-2-2配列、その他がジグザク配列のフルフラットシートです。細かく言うと、787-9と787-8のスタッガードタイプのシートは違います。787-8のスタッガードシートは早期に製造されたもののようで、テーブルがモニターの前から引き出すタイプとなっていますが、787-9では、ひじ掛けから出すタイプとなっている違いがあるほか、各テーブルがブルーカーボーン調から木目(CLUB ANA時代に先祖帰)に変更されているなどあります。787-8のスタッガードタイプ自体の方がゆったりしているようですが、そもそもゆったりしているビジネスですので、そんなに違いはありません。

エコノミークラスシート

エコノミーのシートについては、シートを倒さずリクライニングできるFixed Back Shellスタイルと通常リクライニングタイプがあります。シートピッチは前者の方が若干広く、シート配列も余裕があります。B787では、すべて通常のリクライニングタイプのシートで、シート配列はおおむね3-3-3と詰め込み仕様となっています。シート自体は、技術革新のおかげか薄く、シートの心地もよくなっています。国内線の薄型のシートとは全然違います。

f:id:dantra:20170611103945j:plain

f:id:dantra:20170611103928j:plain

エコノミー最前列シート

787-8のエコノミー最前列シートは12ABC,13DFG,12HJKとなっています。787-9との違いは全てのひじ掛けが固定式とおり、787-9については、最前列が20列目でDのシートはひじ掛けが可動式となっています。最前列については、おおむねどのシートも広く快適です。

f:id:dantra:20170611103756j:plain

13DFG

f:id:dantra:20170611103906j:plain

12HJK

 関連記事はこちら

もう一つのバルクヘッドシートは23列ABC,DFG,HJKです。ABC,HJKについては、前に遮るものがなく、広い反面非常口ドアがあるため、飛行中は寒いので厚着をするなどの対策が必要なほか、緊急時に脱出の援助をする必要があります。(ほとんどないと思いますが)DFGについては、13列目と同様の仕様となっています。
f:id:dantra:20170611104010j:plain 

 23列目シート(みなさん寛がれています)

NH885便レポート

SUITE LOUNGEにて食事をいただき、搭乗となりました。ちなみに、遅く到着したので、在庫切れもあり、アブラカレイのフライをいただきましたが、最もカロリーが高いメニューでした。昔よく釣ったことがありますが、旨味があり、どんな調理でもおいしい魚です。

f:id:dantra:20170611103525j:plain

f:id:dantra:20170611103550j:plain

アブラカレイのフライ

今やほとんどの国際線が787となり、ゲートにはたくさんの787がいます。残念ながら今回もインボラはありませんでした。打率的にはないのが、正しいのですが・・・

f:id:dantra:20170611103614j:plain

今日は、13Dのシートでした。離陸し、ベルトサイン装着のサインが消えると恒例の夜食が配られます。

f:id:dantra:20170611115748j:plain

カントリーマアムは同じですが、クアラルンプール便の場合は、クラッツではなく、ハラル認証のあられでした。信仰に関係なく、こっちの方が体には良いのでしょうね。

f:id:dantra:20170611103639j:plain

今日はWi-Fi搭載機のため、NHKワールドがライブで見られます。

f:id:dantra:20170611104103j:plain

タッチパネルに役割を奪われ、ほとんど使われないコントローラーを撮影してみました。

f:id:dantra:20170611104121j:plain

日本時間基準の深夜だと個人的に見たいと思う番組がないため、映画「夜に生きる」を見てウトウトしてしまいました。

f:id:dantra:20170611103710j:plain

朝となり、これまた恒例の朝食(和食魚系かパンケーキ)でパンケーキにしました。この区間のフライトに乗りすぎなのか、少し飽きてしまいます。自宅で毎朝食べるものも変化があると言えませんが、飛行機だと強く思ってしまいます。

f:id:dantra:20170611103725j:plain

クアラルンプール国際空港には、予定より早く到着。次の乗り継ぎのフライトの手続きに行くこととなりました。

まとめ

NH885便は、深夜便で、土日を有効活用されるには便利で、定時運航率が高いようなので、乗り継ぎ等でマレーシア近隣都市にも土曜日早めにつくことができます。また、現在はビジネスクラスとエコノミーの2クラス仕様ですが、2017年7月31日搭乗分より787-9に変更となり、プレミアムエコノミーが利用可能となり、上級会員の方は、プレミアムエコノミーが空席の場合、快適になると思います。

関連記事 

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.