弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

羽田空港 各ターミナルの展望デッキ巡りをしてみた

羽田空港

羽田空港の各ターミナル(第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナル)にある展望デッキをすべて行ってみましたので、お伝えします。 

ターミナル間の移動

無料連絡バス

連絡バス

誰でも利用可能で、系統は2種類あり、国内線ターミナル同士(第1ターミナルと第2ターミナル間)を運航するルートと国内線各ターミナルと国際線ターミナルとの間を運航するルートで、ほぼ4分間隔で往来しています。マドリード バラハス空港のようにターミナル間がとても遠いわけでもなく、すぐに着きますので便利です。

地下連絡通路

地下連絡通路

国内線の各ターミナルを結ぶ地下通路があり、長さは約400メートルで動く歩道もあります。京急線の駅の横を歩くような感じです。

京急線・東京モノレール

京急

国内線と国際線の乗継する人に限り利用することができます。証憑としてチケットやパスポートの提示をすると乗継乗車票が貰えます。配布場所は第1ターミナル4ヶ所、第2ターミナル4ヶ所、国際線ターミナル1ヶ所の到着階案内カウンターとのことです。

京急線では羽田空港国内線ターミナル駅と羽田空港国際線ターミナル駅間相互、東京モノレールでは羽田空港第1ビル駅・羽田空港第2ビル駅と羽田空港国際線ビル駅間相互で利用することが無料で利用できます。

もちろん、当たり前ですが、運賃を支払えば、国内線同士の乗継や飛行機に乗らない人でも利用できます。 

第1旅客ターミナル

第一旅客ターミナル

1993年に供用開始された羽田空港の新時代を告げるターミナルビルで当時「ビッグバード」という言葉が巷でよく聞かれました。日本が絶頂期にあった時期に計画されただけあり、重厚感があり、つくりが豪華です。今世紀に入りリニューアルされ、ますます重厚感が増しているようです。

展望デッキ

T1展望デッキ

場所 一般エリア6階と屋上

営業時間 6:30~22:00 天候により変わる場合もあるとのことです。

スカイステーション フード&ビア

T1フードコート

軽食やソフトドリンク、そして、ビールをはじめとしたアルコールもあります。営業時間は10:00~17:00とのことです。

富士山 羽田

羽田管制塔
お天気カメラ

展望デッキについては、西側を向いており、天気が良ければ富士山も見えます。また、東側も一部見え、管制塔も見えます。第1ターミナルはJALが主体のターミナルのため、JALの機材が良く見えます。また、テレビのお天気カメラが各局ごとに設置されていました。

展望デッキからのJAL

第2旅客ターミナル

羽田ターミナル2

2004年に供用開始されたターミナルであり、主にANAが利用しているターミナルです。第1ターミナルとは対照的に外光を積極的に取り入れた作りとなっています。今世紀に入って建設された空港だけあり、明るいというのが第一印象であり、今後、東京オリンピックに合わせて拡張が計画されているそうですが、どのように拡張されるか楽しみです。

羽田T2

展望デッキ

羽田ターミナル2オープンデッキ

場所 一般エリア5階

営業時間 6:30~22:00 天候により変わる場合もあるとのことです。

第2ターミナルの展望デッキは、オープンな屋外とガラス張りの屋内展望フロアがあります。第2ターミナルはコの字型の配置のため、飛行機が駐機しているのが良く見えます。羽田で一番海が見えるのも特徴であり、朝日に当たる水面をバックにした着陸なども撮影ができます。

羽田T2屋内デッキ

また、コの字型の影響かジェット燃料の燃焼した臭いも強く感じられ場所です。 

シーニックカフェ
CASTELMOLA
シーニックカフェ

三本コーヒーの工場直送のコーヒーが飲めるほか、軽食も食べることができます。営業時間は10:00~19:00 L.O 18:45(土・日・祝 10:00 - 20:00 ,土・日・祝 L.O 19:45)とのことです。

CASTELMOLA

イタリアンレストランで、ピザや炭火焼の料理が主体のようです。営業時間は11:00~22:00 L.O 21:00とのことです。

ANAの飛行機が多く、大型機から小型機までたくさん見られます。

ANA

国際線ターミナル

羽田空港 国際線ターミナル

世界・アジアを代表する国家の玄関口であるべく、色々な演出がされており、海外から来た人にも満足できる空港ではないかと思います。ほとんどが国際線のチャンギ、香港は横に広いですが、羽田・国際線ターミナルはコンパクトながら縦に演出が感じられます。

展望デッキ

羽田 国際線 展望デッキ

一般エリア 【5階】TOKYO POP TOWNにあります。

営業時間 24時間

国際線ターミナルの一般エリアはこれでもかというぐらい楽しめる場所があり、そのひとつとして展望デッキもあります。滑走路も見え、風向きによって変わりますが離着陸も見えます。また、国際線ターミナルだけあり、海外の航空会社の機体や国際線用の大型の機体も見られます。

国際線機材
soraドンキ

展望デッキ専用のカフェはありませんが、同じ5階にあるカフェがデッキ側にも面しているため、オープン席で飛行機を見ながら飲んだり食べたりできます。5階には驚安の殿堂SORAドンキもあり、飛行機を見た後に買い物も楽しめます。 

最後に

展望デッキにフィーチャーして羽田空港を訪れたのは初めてですが、展望デッキについてそれぞれ特徴があるのを感じました。高価なレンズで撮影をしている人が多いのはT1,T2であり、国際線ターミナルはそうした人はあまりいませんでした。

羽田空港は頻繁に利用しますが、いつも時間がないので、手荷物検査場(国際線は出国審査または入国審査も)を通過して、ラウンジ直行してしまうのですが、天気が良い日に展望デッキに行ってみると機内の窓からタキシングしているときに見る景色とはまた違い、いいものです。搭乗前や到着後でも、たまには行ってみてインスタ映えする写真でも撮ってみようかと思います。

羽田国際線ターミナル
夕焼け富士山


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.