弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

【毒吐レポート】シンガポール・チャンギ空港 T2 シンガポール航空「シルバークリスラウンジ(First class)」

シルバークリスラウンジ(First class)

シンガポール・チャンギ空港での乗り継ぎの際、シンガポール航空「シルバークリスラウンジ(First class)」を利用しましたので、記事にしてみました。

基本情報

■オープン時間:5:00~22:00

■サービス内容: 温かい食事、スナックなどの軽食、バーテンダーサービス、新聞雑誌、Wi-Fi無料、TV、インターネット接続PC、ミーティングルーム、トイレ、シャワー、託児室(シンガポール航空ホーページより)

■ラウンジ入室基準

同社フリーククエントフライヤープログラム「PPSクラブ」ソリティアPPSクラブ会員、SQ便ファーストクラス・スイートクラス利用者、スターアライアンス便ファーストクラスクラス利用者(ただし、SQ以外のスターアライアンス便の場合、別のラウンジを案内される場合もあります)、そして、ANAマイレージクラブ・ダイヤモンド会員

ANA ダイヤモンド会員であれば、ANA便エコノミークラス搭乗時でも利用できるが特徴的です。敷居が高そうなルフトハンザグループのMiles & More、HON Circle会員でもファーストクラス利用でなければアクセスできないので、思いのほかアクセス難易度の高いラウンジです。

■場所

チャンギ空港・ターミナル2のパスポートコントロール通過後のゲートE寄りの3階にあります。ANAホームページより(ANAでは4:00と書かれていますが、SQでは5:00)

シルバークリスラウンジ(First class)場所

毒吐レポート

シルバークリスラウンジ(First class)エントランス

ターミナル3のバタフライガーデンで外気に当たり、ウィンドウショッピングをしながら、ターミナル2まで歩いたため、ラウンジに着いた時間は23時前でした。搭乗券を見せ受付すると受付右側にあるファーストクラスラウンジに案内され、22時までと認識していたので、「22時迄では?」と質問すると「24時過ぎまで大丈夫ですよ。時間になったら案内しますので、左側のビジネスラウンジに移動してくださいね。」と言われ、ファーストクラスラウンジに。クローズ間際ということもあり、ほとんど人がいなく、23時半から1人となってしまいました。

ラウンジ全景

シルバークリスラウンジ(First class)全景1

チャンギ空港におけるシンガポール航空のメインターミナルはターミナル3のため、ターミナル2はサブ的な役割なのかそれほど大きくありません。託児室やミーティングルームなどを含めると大きいですが、一般的に利用するエリアとしては成田空港の第4サテライトにあるANA SUITE LOUNGEと同じくらいの大きさです。常夏のシンガポールにおいて、温度対策なのか外の景色を楽しめるような窓はありません。

デザイン・インテリア

シルバークリスラウンジ(First class)写真

大理石の床とフカフカのカーペット、大理石と高級木材のコンビネーションの壁、高そうなソファなど高級感満載の空間です。全体の照明は暗めに設定され、ソファ付近にテーブルライトが設置されており、落ち着きと個を意識した空間です。当ラウンジの特徴として、花がたくさんあることです。ランがふんだんに設置されており、ラウンジのシンボルといってもいいくらいです。

ファシリティ

電源・Wi-Fi

各ソファに1つ設置されているため、電源のある席を探す必要はありません。Wi-Fiについては、ラウンジの名前の接続先名を選択すれば、パスワードなしでインターネットにアクセスできます。奥まった場所にあるので、外部からアクセスできないのでそうした設定にしていると思われます。チャンギ空港自体でも無料のWi-Fiインターネット接続がありますが、シルバークリスラウンジのインターネットの方が速く快適です。

トイレ・シャワー

シルバークリスラウンジ(First class)トイレ

トイレについてはラウンジ内にあります。ファーストクラスラウンジ専用で、思いのほか大きなスペースです。ウォッシュレットは東南アジアによくある金属製のホースのものが設置されています。洗面コーナーは大きく、歯ブラシ、マウスウォッシュ、ブラシなどのアメニティグッズが置いております。

シルバークリスラウンジ(First class)

こちらも入口に花が飾られています。トイレにはほとんど常駐といっていいくらい清掃スタッフがおり、ちょっと恥ずかしくなるくらいです。

シルバークリスラウンジ(First class)シャワー

シャワールームについては、ANAのように受付をする必要はなく、利用OKであれば、扉が開いていてそのまま利用できます。タオルはバスタオルのみ。シャンプー、ボディソープはエコなのかディスペンサー式です。使い捨てのボディスポンジを持ち歩いていればシャワーは快適かもしれません。ドライヤーは壁掛け型でホース部を外すと電源がオンとなるタイプです。

シルバークリスラウンジ(First class)シャワーアメニティー

シャワー室内に置いてあるアメニティは洗面コーナーに置いてあるアメニティと共通で、自宅から何も持ってこなくても、ひととおり身だしなみを整えることができます。

インターネットコーナー

シルバークリスラウンジ(First class)インターネットコーナー

インターネットコーナーはラウンジ端の奥まったところにあります。インターネットコーナーの手前には、大画面のモニターとその方向に向いたソファがあり、スポーツ中継など集中して観戦できそうです。

シルバークリスラウンジ(First class)パソコン

インターネットコーナーには8席あり、4台がWindows PC、2台がMac PC、何もないデスクが2席あります。自分のパソコンで作業するのに最適です。デスクには電源も設置されているのでスマートフォンの充電にも便利です。

食事

シルバークリスラウンジ(First class)イートコーナー

当ラウンジはソファコーナーとイートコーナーが分かれており、イートコーナーで食事を楽しむこともできます。もちろんソファで食事も可能です。

シルバークリスラウンジ(First class)食事1

シルバークリスラウンジ(First class)食事2

最上位クラスのラウンジだけあり、非常に充実しています。ホットミールについては、洋食、和食のほか東南アジアのローカルフードもあります。生野菜へのドレッシングもひと手間加えられているような味です。チーズも個別包装されたものではなく、きちんとカットされています。

シルバークリスラウンジ(First class)サラダ

今回はクローズ間際でしたのでありませんでしたが、即席コーナーもあり、卵料理やフォーのような麺はオーダーすると厨房で調理してくれます。

シルバークリスラウンジ(First class)デザート

スイーツに関しては自分で皿にとるのではなく、小皿にすべて取り分けられており、それぞれきちんとしたサイズ感があります。こういうところがファーストクラスラウンジなんでしょうね。

ドリンク

シルバークリスラウンジ(First class)ドリンク

ドリンクについては、エスプレッソマシンのほか、缶ジュースを中心としたソフトドリンクが充実しています。セルフコーナーのお酒についても充実しています。ワインコーナーにはきちんとマットも敷かれています。

シルバークリスラウンジ(First class)ワイン

ワインについては3,000円から5,000円はするだろう品で、特にシャンパンは20,000円弱するだろう品でした。

シルバークリスラウンジ(First class)シャンパン

金額が評価の全てではありませんが、ワイン・シャンパンに関してはANAのラウンジの3倍くらいの値段の品ばかりです。

バーカウンター

シルバークリスラウンジ(First class)バーカウンター

クローズ間際ということもあり、バーテンダーはいませんでした。タイガービールのサーバーがあるほかハードリカーがあり、カクテルなど楽しめます。上部にはモニターが設置されており、スポーツ中継を見ながらバーテンダーさんと会話もできそうです。

スタッフの対応

結局クローズの案内をしてくれたのは25時前でした。クローズ間際にも関わらず、融通を利かしてファーストクラスラウンジ入れてくれ、最後はビジネスラウンジへと案内してくれました。途中、ラウンジ内でもコックさんにクローズ時間について聞いてみましたが、「案内来るまで利用していただいて結構ですよ。どんどん食べてください」と言われ、なかなか気さくな対応でした。もともとスタッフがたくさん待機していて、搭乗時間などきめ細やかに案内するラウンジではありませんが、搭乗客が気になることはきちんと対応してくれるので「やっぱり、このラウンジはすごいな」と感じました。

勝手に星評価

当ラウンジをいままで数十回利用していますが、あらためて独断と偏見で勝手に星評価をしてみたいと思います。

設備の充実度

★★★★★★★★★★

清潔度

★★★★★★★★★★

広さ・寛ぎ度

★★★★★★★★★☆

ラウンジ内の雰囲気

★★★★★★★★★★

係員の対応

★★★★★★★★★★

フードの充実度

★★★★★★★★★★

ドリンクの充実度

★★★★★★★★★★

独自性

★★★★★★★★★☆

100点満点にすると98点です。「毒吐レポート」をタイトルから外すべきか迷ったくらいの満足度です。当ラウンジは、アクセスできる人がかなり限られるため人が少なく、かつ、外界を眺められる窓がないため、とても静寂です。そして、食事やワインなどでも、クリスフライヤーゴールドラウンジやシルバーバクリスラウンジ(ビジネス)と差別化しており、プレミアム感があります。

ブログを始めるようになってからラウンジで写真を撮るようになりましたが、当ラウンジに来ると必ず無意識に写真を撮るものがあります。それは「花」の写真です。上述したようにいたるところに花が飾られており、シルバーバクリスラウンジ(ビジネス)よりも花は多い気がします。なぜか、写真を撮ってしまいますが、当ラウンジの特別感を引き立てているのはスタッフの方ではありますが、この花もささやかながら貢献しているかもしれません。

シルバークリスラウンジ(First class) 花

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.