弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

エバー航空 ビジネスクラス ソウル発パリ往復が安い

エバー航空 777-300ER

エバー航空ホームページより

エバー航空のソウル発パリ行きのビジネスクラス往復が安いため、まとめてみました。

エバー航空のビジネスクラス

エバー航空のビジネスクラスは機材により、少し異なっており、今回搭乗するボーイング777-300ERとエアバスA330-300について、下記の通りまとめてみました。

ボーイング777-300ER

EVAAIR 77W seatmap

seatguruより
ボーイング777-300ERのビジネスクラスは同社のフラッグシップビジネスクラスであり、名称は「ロイヤルローレルクラス」です。シート配列は1-2-1と胴体幅の広いボーイング777で贅沢な配列となっています。シートピッチは81インチ、シート幅は26インチとなっています。リクライニングはフルフラットとなり、フルフラットとなっても足元も十分な広さがあります。 

エアバスA330-300

EVAAIR 333 seatmap

seatguruより

エアバスA330-300のビジネスクラスの名称は「プレミアムローレルクラス」と言い、シート配列は2-2-2であり、シートピッチは62インチ、シート幅は22インチと近距離であれば、不便のないシートです。リクライニングは170度とほぼフラットになります。近距離の場合、食事をして、ドリンクを堪能しているとぐっすり眠る時間はないと思いますので、丁度よいのではないかと思います。

パリ・シャルルドゴール空港でのラウンジ

パリ スターアライアンスラウンジ

スターアライアンスホームページより
エバー航空はスターアライアンス加盟の航空会社であり、パリ・シャルルドゴール空港ではターミナル1のため、スターアライアンスラウンジを利用することができます。同ラウンジにはシャワールームも設置されているため、長距離便の前にリフレッシュしたい場合には、良いと思います。 

ビジネスクラス ソウル発パリ往復

ソウル発のパリ往復のビジネスクラスをゴールデンウィーク期間に合わせて検索してみました。

旅程

EVAAIR ビジネスクラス往路

往路は4月30日の夜にソウル仁川空港を出発し、台北桃園空港にて2時間の乗り継ぎで、夜行便でパリに向かいます。パリには朝7時30分に到着します。パリ市内であれば、ホテルに荷物を預けて朝食を食べるのもよいですし、シャルルドゴール空港直結のTGVで、ベルギー方面やリヨン方面に移動しても、午後早く到着できるため、使い勝手が良いフライトと言えます。

EVAAIR ビジネスクラス復路

復路は5月5日の昼前にパリを出発し、台北には翌日の早朝に到着します。台北での乗り継ぎ時間は9時間弱あるため、台北市内の観光も可能です。ソウルには5月6日の15時過ぎに出発し、ソウル仁川には19時前に到着します。

運賃・予約クラス

運賃

運賃は日本円で約195,515円です。予約クラスはDクラスであり、ANAマイレージクラブでの積算率は125%、搭乗ポイント400ポイントも加算されます。

積算マイル・プレミアムポイント

積算マイル・プレミアムポイントは下記の通りです。

フライト 区間マイル 積算マイル PP
4月30日 ICN TPE 907 1,134 1,534
4月30日 TPE CDG 6,092 7,615 8,015
5月5日 CDG TPE 6,092 7,615 8,015
5月6日 TPE ICN 907 1,134 1,534
合計 13,998 17,498 19,098

積載マイルは17,498マイルです。プレミアムポイントは19,098PPPP単価は10.24円と10円を下回っていませんが、サービスに定評のある5スターエアラインのエバー航空のビジネスクラスとしては割安と言えます。 

最後に

ゴールデンウィークにパリに行く際に、少し時間はかかりますが、その分マイルとプレミアムポイントは加算され、しかもお得にビジネスクラスに搭乗しながらパリに行けるため、旅気分も盛り上がるのではないでしょうか。

シャルルドゴール空港上空

パリ・シャルルドゴール空港上空より 

スポンサーリンク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.