弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ドバイ国際空港で乗り継ぎ5時間、どれだけ観光できるか

ドバイモール

ドバイ国際空港でフライトの乗り継ぎ時間が約5時間、入国してどれだけ観光できるか試してみました。

乗り継ぎ時間5時間・実質3時間

カイロからのエジプト航空が定刻より早めに到着し、次のフライトまで5時間超、入国せずに空港内で買い物とラウンジで過ごすか、入国してどこまで観光できるか迷いましたが、折角なので、入国をしてみました。ドバイ国際空港の利用は3回目でしたが、アラブ首長国連邦への入国は初めてとなりました。66番目の国への訪問でもありました。

時間は5時間ですが、次のフライトは夜行便であり、機内でぐっすりと眠りたいため、ラウンジでシャワーを浴びることを考えると出発の2時間前には空港に再びもどっていることが必要で実質使える時間は3時間でした。 

入国・荷物の一時預け

手荷物預け所

入国用のパスポートコントロールが空いていたため、順調に進み、5分程度で完了しました。弾丸の観光においては、スーツケースは足手纏いのため、手荷物を預かってもらうことにしました。エジプト航空の利用ターミナルはターミナル1であり、手荷物預かり所は到着フロアからメトロ駅に上がるエスカレーターの横にあります。大きな看板などもなく、目立ちません。ATMが近くにあるため、それが目印になります。

通常サイズの手荷物は12時間で40AED(約1,200円)、通常サイズでない荷物は50AEDとのことです。営業時間は24時間365日でパスポートによる本人確認により受付をしてくれます。料金は後払いで現金のみの支払いです。なお、ターミナル3にも手荷物預かり所があります。

ドバイメトロ(地下鉄)

ドバイメトロ

ドバイの街を廻るのに便利な公共交通機関であるドバイメトロは空港に乗り入れ、空港ターミナル1とは直結しています。到着階からはエスカレーターまたはエレベータで3階まで上がり、連絡橋を渡るとメトロ駅に着きます。券売機でICタイプの切符を購入します。クレジットカードで購入可能で、英語のメニューもあります。

ゴールドクラス

ドバイメトロは普通車両とゴールドクラス車両があり、ゴールドクラスは高くなりますが、混雑しておらず、着席することができます。折角なのでゴールドクラスを利用してみました。ゴールドクラスは編成端の号車であり、座席は2-1配列となっています。自動運転で運転手はいません。地下鉄と言っても、かなりの区間が高架橋であり、ドバイの街並みを楽しめます。 

ドバイ・モールへ

ドバイモール内部

ドバイについて詳しくありませんが、現時点で世界一の高さのビルである「ブルジュ・ハリファ」があるには認識していましたので、間近でそれを観ることにしました。行き方はメトロでBurj Khalifa /Dubai Mall駅まで行きます。メトロに乗車している時間は25分程度で思いのほか、遠いです。Burj Khalifa /Dubai Mallで下車後、ドバイ・モールまでは長い連絡通路を歩きます。エアコンの効いた動く歩道付きの連絡通路ですが、距離は1km以上あり、時間は10分程かかります。歩きスマホを助長しそうですが、通路内はWiFiが完備され、無料で利用できます。

モール2
モール1

連絡通路が終わると広大なドバイ・モールに到着します。「ブルジュ・ハリファ」はこのモールの地下からアクセスできるということですが、展望フロアの見学には時間を要するため、諦め、モールにある人工池から観ることとしました。

モール天井
iphone8

モール内にはありとあらゆるショップがあり、一日中見てもすべて廻れ切ないくらいお店があります。ショッピングモールの中を歩き、アップストアでiPhone8を初めて手にしたりしました。アップルストア付近から、外に出ると人工池があり、そこから「ブルジュ・ハリファ」を眺めることができます。人工池には巨大な噴水もあります。ここまでたどり着くのに、空港で荷物を預けてから約1時間です。

ファウンテン
人工池

再び空港に

DXB

写真を撮り、モールで買い物をすると小一時間が経過し、空港に戻ることとします。連絡橋はエアコンが効いており、暑くはないのですが、歩くとそれなりに汗ばみます。帰りもゴールドクラスに乗車しましたが、4駅ほど混雑しており、立ち乗車でした。メトロは時間も正確です。ドバイ・モールからメトロ駅までの連絡橋を歩くのが億劫なため、タクシーも考えましたが、走行しているメトロから眼下の道路を見ると空港に近づくにつれ、物凄い渋滞があり、メトロを利用して正解でした。 

実質3時間の観光の成果

ブルジュハリファ

実質3時間のドバイ観光はドバイ・モールでの買い物とモールにある人工池から「ブルジュ・ハリファ」を撮影するにとどまりました。

ある程度ゆったりした買い物や「ブルジュ・ハリファ」の展望台に行くためには、実質6時間は欲しいところであります。飛行機に乗ることも考えると、トータルの乗り継ぎ時間は8時間あると良いでしょう。 

最後に

今回は、弾丸観光であり、買い物と撮影だけでしたが、66番目の入国を果たし、世界一周の最後にわずかではありますが、日本では観られない絶景を堪能できたのは良かったです。今度は時間をかけてドバイを堪能してみたいと感じます。

ドバイ


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.