弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

クレジットカード不正利用発生 利用額200万円近くまで到達

雲

先日、メインで利用しているクレジットカードが不正利用に遭遇しましたので、いきさつを整理してみました。

きっかけ

9月最初の日の夜、スーパーでの買い物の支払いの際、いつものメインカードを出すと、レジでエラー音が発生。磁気カード読み取り系のエラーではなく、はっきりと利用できないメッセージが表示されており、自宅に戻り確認。滞納は履歴に傷がつくため、今まで一度も滞納をしたこともなく、前月分も銀行口座から引き落とされており、カード会社の個人ページにログインしてみました。すると利用可能額画面から利用額を確認すると195万円を利用したことになっており、実際の利用は9月10日支払予定分と8月15日からの利用分を合計しても30万円足らずであり、不正利用と認識しつつも、その金額に震撼してしまいました。

カード会社の対応

既に時間は23時を過ぎており、カード会社で連絡できるところは、紛失・盗難デスクのみであり、場違いでありながらも連絡してみました。すると、受付はしてくれました。その日に確認できた不正利用の明細(日本円で約21万円)をヒアリングされ、受け付けてくれました。しかし、調査部門は平日対応のため、補償の可否については、翌月曜日まで待ってほしいという回答でした。責任部門ではないので軽々に回答は言えないようで、土日モヤモヤすることとなってしまいました。

それから、カードの利用停止もしていただけました。一度停止すると二度と利用できないということでありますが、これ以上金額が膨れ上がるのが気持ち悪く、停止処理をしてもらいました。電話を切った後すぐに処理していただけたのか、Apple Payからもプッシュ削除が自動的に実行されていました。

その後、月曜日となり、朝一でカード会社より連絡をいただき、明細で確認できている不正利用を補償していただき事なきを得ました。利用額は200万円近くまで到達していましたが、当日即停止したためか、停止当日分は無効となったのか明細に反映されず、明細に反映された取り消し分約20万円が補償されました。 

手口

明細を確認してみるといきなり不正利用したわけではなく、最初は8月16日に音楽配信コンテンツ購入により日本円で約6千円利用され、その翌週にアメリカの通信会社の利用で2万円程利用されていました。そして、カードが使えなくなる前日にアメリカの有名雑誌のオンライン年間定期利用料らしき決済が8件利用されていました。

思うに、最初はカード所有者本人及びカード会社の検知システムの様子を伺い、少額からスタートし、それを潜り抜けると一気に不正利用を拡大させているのではないかと思います。また、大手企業を利用することで、「音楽を購入した」「出張でプリペイドSIMを購入した」「会社で購読するオンライン雑誌を立て替え購入した」ように見せかけカード会社の検知システムを潜り抜ける技なのかもしれません。不正で購入したものは原価がかかっていないので、格安でブラックマーケットで転売できそうなので、それが資金源のようにも思えます。

個人的には、まめにログインしてクレジットカードの利用明細をチェックしているのですが、8月はあまりカードの利用がなく、明細のチェックが手薄だったことも偶然ではありますが、こうした顛末になったといえます。 

前兆はあった

2017年4月にカード会社から不在着信があり、あわせて、SMS(ショートメール)で連絡をくださいという旨を受信し、電話連絡すると「現在の前の前に利用していたクレジットカード(既に解約済みで年会費は発生していない)で有名なメーカーのオンライン直販サイトで利用しましたか」とヒアリングされ、既に解約済みで利用することもないと回答し、そのまま補償されました。その当時同サイトでの不正利用が多発し、ビットを立てていたとのことでしたが、同時に解約したはずのカードでアクセスできる疑問も持ち、問い合わせると年会費は払っていなくても残存しているということで、解約したすべてのカードを完全に無効にする手続きをしてもらいました。

原因について

不明です。これまで対象のカードでは、オンライン決済のほか、海外ATMでキャッシングもしていますし、海外レストランでは見えないところでカード決済もしており、どこで起きたか不明です。今後は、獲得ポイントに大きな影響を与えない範囲で利用別に足跡を残すべく、カードを使い分けてみたいと思います。

被害

金銭的被害は補償により発生しませんでした。それなりに年会費を支払っているカードのため、こういう場合の有効性をとても感じました。しかしながら、カードが使えなくなってしまったため、週末どこかに出掛けようかと思っていたのができなくなってしまいました。カードは複数持っているので実行可能でしたが、「出かけている最中に別のカードも狙われたらどうしよう」「万が一、今回の不正利用が補償されない場合、出費がかむことを想定し、緊縮しよう」という小心者の気持ちが働き、どこにも出かけませんでした。また、この週末に今後、搭乗するフライトの予約と発券を計画していたのですが、対象のカード支払いによるマイルとポイントが加算されなくなることを回避するため、待っていると安い運賃の航空券が売り切れてしまったなど間接的な被害が発生してしまいました。(泣)

なによりも、カード会社からの結果が翌週月曜日に持ち越しとなったため、小心者なので、フィッシング詐欺等により、自分のパソコンの不適切管理により、補償されないのではないかという気持ちで過ごしたのが一番大きいかもしれません。

補償とならないケース

不正利用の場合でも補償にならないケースもあるようです。

カードの裏面に自身の署名をしていない場合

誰でもわかるような暗証番号を設定

キャッシング枠の不正利用(キャッシングにはカード自体が必要で、設定した暗証番号も必要なため)

クレジットカード会社への連絡が不正利用発生日から60日を過ぎた場合

オンラインでの不正利用では該当は少ないようですが、管理する本人側に非があると言われてもしょうがない内容です。再確認してみてはいかがでしょうか。 

最後に

いつかは遭遇すると思っていましたが、いきなり強烈な金額で驚きました。ブログは土日も更新しましたが、本件が気になり、作成に対して力が抜けてしまいました。これから頑張ります。

自分に責がないので補償していただけましたが、補償とならないケースもあり、そうしたケースは事前に把握し、対策をした方が良いと思います。どうせ補償してくれるからと言っても、カード番号の変更が発生するほか、航空会社のマイレージ番号等のロイヤリティプログラム会員番号と紐づいている場合は、面倒な手続きが多いので、遭遇しないことが一番と思います。また。明細は毎日こまめに確認することが必要だと再認識しました。

犯人に対しては悔い改めて、罪を償っていただきたいです。 

ニューヨーク


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.