弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

コロンボからビジネスクラスで地球を半周するには

f:id:dantra:20170525013752j:plain

コロンボはスリランカの首都で、インドの南に位置する島国です。スリランカは、セイロンの名前の方が通っているかもしれませんが、紅茶の茶葉が有名なところで、海がきれいなリゾートとしても有名です。

 

f:id:dantra:20170525073121j:plain

コロンボ発券の今は?

以前、同じ目的で、シンガポール発クアラルンプール経由のスリランカ航空で行ったことがあります。帰路はタイ国際航空のビジネスクラスが破格であったため、利用しました。時代が変わりコロンボ発の航空券の破格ぶりも薄れています。

f:id:dantra:20170525013810j:plain

また、スリランカは日本からそれなりに遠いので、週末で行き来するのはちょっと厳しいということもあります。今年は夏休み(8月)に、地球を大きく回るルートで安くかつ、優雅に巡れるルートがないか調べてみました。 

米国に行くのが安い

コロンボからですと北米へのルートが安そうです。以下が検索結果です。

8/17 シカゴ行き

f:id:dantra:20170525071946j:plain

 8/17 ニューヨーク(JFK)行き

f:id:dantra:20170525072025j:plain

 シカゴが最安、次いで、ニューヨークとなっています。単価としては10円を切らないもののビジネスクラスとしては破格の域に入るかと思います。為替で多少変動はあると思います。

コロンボ-イスタンブールが3,898マイル

イスタンブール-シカゴが5,491マイル

合計 9,389マイル

ANAマイレージクラブの場合、ビジネスではありますが、加算クラスがJのため、加算率は100%です。

125%加算でないのは残念ですが、搭乗ポイントは加算されます。ビジネスクラスを十分満喫できそうです。
旅程としては、コロンボをたち、モルディブの首都マレを経由して、イスタンブールに。その後、シカゴ便は約9時間、ニューヨーク便は約14時間の乗継待ちです。ターキッシュエアラインの場合、イスタンブールでの乗り継ぎがビジネスクラスの場合、イスタンブール・アタテュルク空港での乗り継ぎ時間が7時間以上の場合、ホテルが用意されます。

f:id:dantra:20170525014004j:plain
ホテルでなくとも、ターキッシュエアラインのラウンジは良いので、7時間ぐらいであれば、ラウンジで過ごすという手もあります。 

アメリカへのフライトは同社最大の機材のボーイング777-300ERです。ビジネスクラスは2-3-2配列で、シートピッチは78インチ(約250cm)と余裕があり、シートは水平に倒れ、ベットとして利用できます。 

f:id:dantra:20170525014021j:plain

www.seatguru.com

最近は、イスタンブールから米国までのフライトは自分のノートパソコンを機内に持ち込めないので、記事を書いたりする方にとっては、貴重な時間のロスです。しかしながら、Wi-Fiが無料で、ノートパソコンも貸し出してくれるため、文字起しということであれば、問題ないと思います。また、フライトは東から西に向かうルートのため、偏西風の影響で、時間がかかります。ビジネスクラスであれば、空中で過ごしている方が楽しいととらえることもできますので、ありかと思います。

ターキッシュエア、ノートPC無料貸出 米英行きビジネス、電子機器持ち込み制限で

最後に

エコノミーよりも高いですが、マイルを使ったアップグレードをしなくても、最初からビジネス確定ですし、長距離のビジネスクラスを二度、体験できます。日本からコロンボまでと米国から日本までのルートについては、色々ありますが、また別で書いてみます。連休明けで、天気も気分も晴れない日が多い方もいると思いますが、夏休みにむけて、楽しいことを考えてみませんか。 コロンボで修行した人はわかると思いますが、オンラインで発券してもいろいろあります。

関連記事 

 

 

 

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.