弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

【PP単価6円台】新修行ルートになるか エアチャイナ北京=ジャカルタ線 新規就航

エアチャイナ ビジネスクラス

エアチャイナが9月26日から北京=ジャカルタ線を新規就航するということで、新修行ルートになるか考えてみました。

エアチャイナ 北京=ジャカルタ線 新規就航

エアチャイナは9月26日から北京=ジャカルタ線を運航開始しますが、10月28日まで週三便(北京発 火・金・日、ジャカルタ発火・金・日)で10月29日から週4便となります。毎日運航ではないので、土日で往復は無理ですが、現地発券とは組み合わせはできそうです。10月29日以降の時刻は下記の通りです。

CA977

PEK 15:50

CGK 22:00

火、木、金、日

CA978

CGK 00:15

PEK 8:20

月、水、金、土

北京発土曜日はないものの15:50と羽田の朝便からの接続は可能そうです。また、ジャカルタ発は0:15と羽田には同日夕方には到着できそうです。

また、ジャカルタ到着が22:00で、ジャカルタ発が00:15ということで、ジャカルタ到着時は宿泊を検討が必要で、ジャカルタ発は近隣他都市からの乗り継ぎは可能そうです。

東京=ジャカルタ間のマイル数

マイル数は下記の通りです。

HND-PEK 1,299

PEK-CGK 3,241

合計 4,540マイルとなります。シンガポールよりも461マイル、クアラルンプールよりも508マイル長くなります。ちなみに、羽田-ジャカルタは3,585、羽田=シドニーは4,837マイルと距離としてはシドニーに匹敵します。

ビジネスクラス運賃は

ビジネスクラス運賃を検索してみました。

ビジネスクラス運賃

 

予約クラスはRクラス。ANAマイレージクラブで加算は125%で搭乗ポイントも4区間加算されるため、総計12,950ポイント加算可能です。運賃は84,940円で、PP単価は6.56円台とかなり良いルートです。

問題点

問題としては毎日就航ではないため、単独工程でも3日間かかる点であり、土日の休みの方には、金曜日または月曜日の休暇が必要となる点かと思います。2017年は3連休が少ないため、来年以降の検討になるかと思います。また、夜遅く到着のため、同日の乗り継ぎが厳しいため(一部深夜便は除く)、ジャカルタでの宿泊が必要です。

おまけ

クアラルンプール発券のANA便と組み合わせたい場合は、ジャカルタとクアラルンプール往復が必要となります。同区間はそれぞれの国のフラッグキャリアのマレーシア航空、ガルーダインドネシア航空のほか、LCCが就航しています。さらに、以遠権フライトとしてKLMも同区間に就航しており、メリットとしてはその安さです。

KLM運賃

エコノミー往復で、9千円台、ビジネス往復で、3万5千円程度とお得です。デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員やフライング・ブルーVISAゴールドカード会員であれば、スカイチームの上級会員である「スカイチーム・エリートプラス」が付与されるため、エコノミーでもラウンジが利用できます。スターアライアンスの直行便については、以前、ルフトハンザが就航していましたが、現在はないため、シンガポール経由となりますが、割高です。

ルフトハンザ ジャカルタ

最後に

困った時はエアチャイナであり、また一つ路線が増え、ANAがプレミアムポイントを適正な運賃で加算されるように変更されていく中で重宝しそうです。ただし、ジャカルタ線は週4便ということで、旅程が組みにくいのが難点と首北京空港での遅延の影響を受けないよう祈りながら搭乗するのが大変なところかもしれません。

エアチャイナ 

 

 

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.