弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

【SFC 気になる前兆】ANA 日本発クアラルンプール行き プレミアムエコノミー値下げ

ANA クアラルンプール

7月28日、国際線トップページのお知らせ欄に「【国際線】マレーシア行きのANAキャリア運賃を一部改定いたします」というリリースが出ていましたので調べてみました。

7月28リリースの「ANAキャリア運賃の改定について」

概要

マレーシア行きのANAキャリア運賃を一部改定

対象路線(目的地) マレーシア

設定運賃 プレミアムエコノミー割引運賃「Super Value Plus」(E)

設定期間 2017年8月1日以降購入分かつ日本出発分

改定内容 運賃額を改定

運賃種別

E-NNY1

東京・大阪・名古屋

108,000

その他日本国内各都市

118,000

どうやら、プレミアムエコノミー割引運賃の値下げのようです。予約クラスはEなので、加算率100%のままでの値下げです。

運賃を検索してみました

東京発クアラルンプール

検索してみました。以下の通りです。

ANA 東京発クアラルンプール プレミアムエコノミー運賃

 

ANA 東京発クアラルンプール プレミアムエコノミー運賃詳細

金曜日出発で日曜日帰国の旅程で、運賃が108,000円で、税金・料金等が7,780円で合計115,780円です。マイル加算は6,676マイル、プレミアムポイントは10,814ポイントです。PP単価は10.7円と日本発の上級クラスとしては優秀なのではないでしょうか。 

沖縄発クアラルンプール

検索してみました。以下の通りです。

ANA 沖縄発クアラルンプール プレミアムエコノミー運賃

土曜日出発で日曜日帰国し、羽田から沖縄へは翌日月曜日フライトの旅程です。クアラルンプールでの滞在期間は0泊ですが、最安運賃が出てきました。運賃が118,000円で、税金・料金等が8,360円で合計126,360円です。マイル加算は国際線区間6,676マイル+国内線区間1,968マイル=合計8,644マイル、プレミアムポイントは国際線10,814ポイント+国内線3,936ポイント=合計14,750です。PP単価は8.57円と10円を切ります。 

マレーシア発日本行きについての変更は?

一方が安くなると他方では高くなるケースもあります。では、逆のマレーシア(クアラルンプール)発の運賃も検索してみました。以下の通りです。

 ANA クアラルンプール発券

ANA クアラルンプール発券詳細

運賃が73,180円で、マイル加算は6,676マイル、プレミアムポイントは10,814ポイントです。PP単価は6.77円とプレミアムエコノミーとしては破格と言えます。こちらは最安クラスが健在のようです。

プレミアムエコノミーが安くなると

ANA SFC G

プレミアムエコノミーが安くなるとそれだけプレミアムエコノミー運賃で購入して搭乗する人が多くなると思います。そうすると、上級会員のメリットであるエコノミー運賃で購入の場合でも、プレミアムエコノミーに空席がある場合はプレミアムエコノミーにアップグレードされるという特典の可能性が低くなります。特に、ANAではマイレージ上級会員は「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」「スーパーフライヤーズ会員」の順に優先されるため、クレジットカード年会費を毎年支払うことで「スターアライアンスゴールド」会員が半永久的に維持できる「スーパーフライヤーズ会員」の方がアップグレードされる可能性はさらに低くなります。言い換えると「スーパーフライヤーズ会員」のメリットが薄くなります。もしかしたら、「スーパーフライヤーズ会員」の改悪の予兆かもしれません。 

まとめ

競合関係なのかわかりませんが、日本発も値下げは喜ばしいことです。また、クアラルンプール発券の運賃も引き続き、安いようなのでうまく組み合わせてプレミアムポイントを短期間で獲得することも可能のようです。

クアラルンプール水族館

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.