弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

【気になるお知らせ】ANAキャリア運賃(マレーシア行き)改定について

ANA 787

 7月10日、ANAのMYキャンペーンページで【インターネット限定】2017年8月-10月 ANA国際線特典航空券 減額マイルキャンペーンがリリースされた翌日、国際線トップページのお知らせ欄に「ANAキャリア運賃の改定について」というリリースが出ていました。改悪ではないかもしれないと気になりましたので、調べてみました。

7月11日リリースの「ANAキャリア運賃の改定について」

改定内容

適用開始日

7月13日

対象地域

中東・アフリカ、マレーシア、ラオス、インド、オーストラリア

改定内容

運賃額改定、経路規定を一部変更、設定都市の追加

 

ANAキャリア運賃の改定について

マレーシア行きにおいて経路規定の変更があり、メリットとなるのかデメリットとなるのかとても気になるところです。 

日本発マレーシア行きを確認してみた

経路規定

7月13日以降に掲載されている経路規定は各クラス共通で以下の通りです。同日以前の経路規定を把握していなかったため、何が変わったか正直不明ですが、日本発着国際線区間については、影響はなさそうです。

経路規定

【日本国内区間】
ANA便利用に限る
日本国内区間の地上移動は不可
【日本発着国際線区間】
ANA便利用に限る
他社が運航するコードシェア便は、エアージャパン、ユナイテッド航空、ベトナム航空に限る
【東南アジア・南アジア亜大陸区間】
ANA、ミャンマー国際航空、ジェットエアウェイズ、エア・インディア・ビーマンバングラディッシュ航空、ロイヤルブルネイ航空、キャセイパシフィック航空、ガルーダ・インドネシア航空、香港ドラゴン航空、カンボジア・アンコール航空、マレーシア航空、シルクエア、マリンド・エア、バンコクエアウェイズ、フィリピン航空、ラオス航空、ネパール航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ヴィスタラ、スリランカ航空、ベトナム航空便利用に限る
【南西太平洋区間】
ANA、ニュージーランド航空便利用に限る

料金検索

ANA 東京発運賃

最安クラスのL運賃(マイレージ加算30%)も健在で、シンガポール経由の運賃も依然と同じく少し割高ですが、健在です。経路規定の改定は、ペナン行きが追加されたことによるもので、改悪というよりは条件が良くなったようです。

ANA 東京発クアラルンプール運賃

 マレーシア発日本行きについても確認してみた

では、逆のマレーシア(クアラルンプール)発の経路規定も確認してみました。特に変更はなさそうです。

経路規定

経路規定

◇マレーシア=シンガポール間はマレーシア航空・シンガポール航空・シルクエア利用に限ります。他社運航のコードシェア便はご利用いただけません 

◇マレーシア国内線区間はマレーシア航空便利用に限ります

◇日本発着国際線区間はANA運航便利用に限ります(他社運航のコードシェア便はご利用いただけません)

◇日本国内線はANA便利用に限ります。

料金検索

最安クラスのL運賃(マイレージ加算30%)のほか、50%加算、70%加算の運賃も健在で、プレミアムエコノミー運賃も相変わらず安いです。また、シンガポール経由の運賃も安いです。エコノミクラスのHよりもプレミアムエコノミーのEと同額と近年まれにみる面白いことになっています。

エコノミークラス(L)

ANA クアラルンプール発東京行エコノミーL

エコノミークラス(S)

ANA クアラルンプール発東京行エコノミーS

エコノミークラス(H)

ANA クアラルンプール発東京行エコノミーH

プレミアムエコノミークラス(E)

ANA クアラルンプール発プレミアムエコノミーE

プレミアムエコノミーEクラスの9月、10月の運賃一覧

74,720円が最安のプレミアムエコノミーEクラスです。9月は土日を中心に埋まっていますが、10月はまだ最安運賃だらけです。プレミアムエコノミーのプレミアムポイント加算率は100%で、搭乗ポイント400ポイントも付与されます。クアラルンプール=東京の片道のプレミアムポイントは5,407ポイントです。

9月

ANA クアラルンプールプレミアムエコノミー9月

10月

ANA クアラルンプールプレミアムエコノミー10月

まとめ

キャリア運賃の改定はまめにチェックするようにしたいと思います。改悪だけでなく、逆にメリットになる場合もあるので、備忘録代わりに今後も記事にしてみたいと思います。しかし、クアラルンプール発のプレミアムエコノミーは安いですね。

クアラルンプール市内

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.