弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAスーパーセール ビジネス・プレミアムエコノミーで面白そうなプランを選んでみた

ANA スーパーセール

2017年8月18日から海外旅行(ツアー)商品がスーパーセールとして販売されました。ブログなんかでも徐々に取り上げられており、個人的には、航空券は最安を求め個別に購入し、ホテルは気の向くまま選択するタイプなのですが、気になったので調べてみました。

ANAスーパーセールとは

半期に一度、決算期に合わせて実施している海外旅行商品(ツアー)のセールで、特徴としては航空券とホテルがセットで販売される代わりにそれぞれ単品で予約購入するよりもメリットがあるというところです。旅作と言う名前で知られており、最低滞在期間は1泊2日から設定があり、北米や欧州では最低滞在期間が2泊4日から3泊5日で設定されています。自分でフライトとホテルをピックアップできる点がツアーでありながら個人旅行感覚であることが特徴です。

スーパーセールの購入期間

2017年8月18日から9月6日17:00までです。購入後の取り消しについてはインターネットで可能で、取り消しに際し、旅行開始日の30日前以降(ピーク時は40日前以降)には取消料が発生します。

※ピーク時とは4月27日~5月6日、7月20日~8月31日、12月20日~1月7日とのことです。変更についてはできなく、取り消しをしてから改めて対象期間中に予約購入するため、決めたら絶対出かける覚悟が必要です。この辺は安い航空券と似ています。 

スーパーセールで購入できる旅行の対象期間

行先や搭乗するクラスにより異なります。スーパーセール対象期間は前述条件により違いますが、おおむね第3四半期決算期あたりのツアーが多くなっています。業績や利益につなげたいのでしょうか。夏休みも終わり、正月までの比較的旅行をしない閑散期にセールにより需要喚起というのがわかりやすく見えます。

ツアーの対象国・地域

ANA便が就航している地域では、基本的にどこでもツアーの設定はありますが、搭乗するクラスや期間によって、対象地域は限定されるため、ホームページを参考にしていただければと思います。


面白そうなプランをセレクション

スーパーセールでは、ヨーロッパからシドニー、東南アジア、アメリカまで多種多様なプランがありますが、独断と偏見で二つのプランを検討してみました。 

羽田=バンクーバー、ビジネスクラスプラン

ANA スーパーセール ビジネスクラス

羽田とカナダ・バンクーバーの単純往復のプランで移動は優雅なビジネスクラスとなります。土日が休暇の方を対象に検討してみると10-12月の時期においては、11/23の祝日を活用した旅程が候補となります。下記の通り、安くなるルートは下記の通りです。リリースされた当初は11月22日も空いていたのですが、本記事投稿時点では埋まっていました。今後、検索の日程も埋まってしまうかもしれませんので、参考程度にしていただければと思います。

勤労感謝日の夜に羽田を出発し、11月27日に羽田に戻るプランです。バンクーバーでは3泊するプランです。晩秋のバンクーバーということで寒いと思いますが、バンクーバー市内は地下のショッピング街が発達しているため思いのほか快適に過ごせると思います。また、バンクーバー近郊には温泉も多く、日帰り温泉(日本と温度も楽しみ方も違いますが)で寒い晩秋に温まることもできるかもしれません。

バンクーバー 検索結果

このツアーで積算できるマイル数はビジネスクラスではありますが、ツアーということもあり、マイル加算率は70%であり、羽田とバンクーバーの区間マイルは4,691マイルで往加算は片道あたり3,283マイル(往復6,566マイル)です。ツアー総額は約20万円であり、PP単価としては消して安くはありませんが、宿泊付きでビジネスクラス往復で20万円は魅力的であると思います。対象日の機材はボーイング787-9の機材であり、ビジネスクラスのシートはフルフラットのシートであるため、快適に過ごせると思います。

f:id:dantra:20170822073736j:plainバンクーバーホテル検索結果

参考 ホテル検索結果【エクスペディアより】

ちなみに最安の対象のホテルであるセンチュリープラザ&ホテルをエクスペディアで検索するとレビュー評価は4.1であり、一泊あたり1万円越えとツアーの組み合わせとしてはなかなかです。 

成田=メキシコシティ、プレミアムエコノミープラン

ANA スーパーセール プレミアムエコノミー

ANA便最長路線であるメキシコシティ往復のフライトです。ビジネスクラスではありませんが、往復プレミアムエコノミーです。しかしながら、片道7,000マイルを超えるフライトであり、プレミアムエコノミーでは疲れるフライトと思います。そこで、プレミアムエコノミークラスで購入し、アップグレードポイントまたはマイルにてビジネスクラスにアップグレードするのが最適かと思います。

メキシコシティ 検索結果

機材はボーイング787-8ですが、ビジネスクラスのシートはスタッガードシートであり、フルフラットのシートです。マイルの加算率は100%とツアーのビジネスクラスの70%よりも高くなり、往復で14,006マイル加算されます。旅行代金総額は20万円超のため、PP単価は良くはありませんが、通常のチケット購入とホテルを組み合わせてもこの代金は実現できないため、快適にメキシコシティを往復し、1.5万近いプレミアムポイントを獲得できるのは魅力的かと思います。

最安の対象ホテルについては、フィエスタ アメリカーナ レフォルマであり、こちらもエクスペディアで検索するとレビュー評価は4.1でありなかなかのホテルのようです。

メキシコシティ ホテル検索結果

参考 ホテル検索結果【エクスペディアより】

メキシコシティで何をするかと思い、ダメもとで検索するとメキシコシティでも日帰り温泉はありそうです。トラントンゴ洞窟温泉という名前らしく、水着を着用し温泉を楽しむことができそうです。メキシコシティからは片道3.5~5時間かかるということで、最終日に行くかどうか迷うところでありますが、時間を持て余したら行ってみるのもいいかと思います。個人的にはとても興味を持ってしまいました。

最後に

季節は11月とオフシーズンではあり、仕事を持っている方については、休暇もとらないといけません。また、それぞれ旅行総額20万円超と高額ですが、マイルをスカイコインに交換して代金に充当するすると結構割安でビジネスクラスやプレミアムエコノミーを利用でき、マイルもプレミアムポイントも獲得できます。PP単価至上主義の方は別として、旅行を楽しみつつプレミアムポイントを獲得したい方にはいいかもしれません。

バンクーバー

 

 

    

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.