弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAマイルを利用してファーストクラスだけで世界一周できるか

スターアライアンス加盟

一度は搭乗してみたいファーストクラス。しかし、有償で利用すると100万円以上は軽くかかります。でもマイルを利用すれば、空港税や手数料のみで済み魅力的でありますが、ファーストクラスは座席数も少なく、そもそもファーストクラスだけで世界一周できるか考えてみました。

ANA世界一周特典航空券

ANAの世界一周特典航空券はスターアライアンス加盟の航空会社のみで予約・発券する必要があります。スターアライアンス加盟の航空会社は28社あり、世界5大陸に就航しているのでルートはいろいろ組めそうです。

ファーストクラス設定のあるスターアライアンス加盟航空会社

スターアライアンス加盟の航空会社でファーストクラスのサービスを提供している航空会社は以下の通りです。検索してチェックしましたので、間違いがある可能性もありますのでご了承ください。

ANA

アシアナ航空

エアインディア

エアチャイナ

シンガポール航空

スイスインターナショナルエアラインズ

タイ国際航空

ユナイテッド航空

ルフトハンザドイツ航空

 スターアライアンス加盟は28社ですが、ファーストクラスの設定のある航空会社ですと9社と限定されます。ただし、いずれの航空会社も世界各地に就航しているので、世界一周はできそうです。

 ANAの特典航空券でファーストクラスが利用できる航空会社

ファーストクラスの設定はあっても、ANAの特典航空券では、そのファーストクラスを利用できない航空会社もあります。ANAのホームページには以下の通り記載されています。

シンガポール航空の次の機種(A350-900、A380-800、B777-200ER (retrofitted)、B777-300ER)ではスイートクラス・ファーストクラス・ビジネスクラスでの特典航空券での予約はできません。

スイス インターナショナル エア ラインズのファーストクラスはご利用になれません。

ANAホームページより

ということで、世界各地にファーストクラスを就航しているスイスインターナショナルエアラインズが利用不可であります。また、シンガポール航空についても、ほとんどが利用できない状態にあり、実質利用が難しいです。以上から、利用できる航空会社は下記の通りです。

ANA

アシアナ航空

エアインディア

エアチャイナ

タイ国際航空

ユナイテッド航空

ルフトハンザドイツ航空

太平洋・大西洋区間でファーストクラスを就航している航空会社

世界一特典航空券の利用条件として太平洋及び大西洋をそれぞれ一度横断するという条件があります。ファーストクラスだけで世界一周をする場合に、この二つの大洋を跨ぐフライトでファーストクラスの設定があるフライトを選択する必要があり、設定がある航空会社は以下の通りです。

太平洋

ANA

アシアナ航空

エアインディア

エアチャイナ

ユナイテッド航空

大西洋

エアチャイナ

ルフトハンザドイツ航空

ユナイテッド航空

太平洋はANAを含めて選択肢がありますが、大西洋はかなり限定されます。いずれかの航空会社が空いていないとファーストクラスだけでの設定は厳しくなります。また、大西洋線全便がファーストクラスの設定があるわけではないので、ファーストクラスの設定のあるルートを絞り込まないといけません。

南半球の大陸に就航かつファーストクラスの設定のある航空会社

北半球でも世界一周ですが、折角の世界一周ですので、南半球も含めて世界一周をしたい場合にファーストクラスの設定があり、特典利用できる航空会社は大陸別に以下の通りです。

オーストラリア大陸

エアチャイナ

タイ国際航空

南米大陸

エアチャイナ

ユナイテッド航空

ルフトハンザドイツ航空

アフリカ大陸

エアチャイナ

ルフトハンザドイツ航空

ファーストクラスの設定がある機材で就航していることを考慮に入れると、南半球の大陸まで含めるとかなり限定されます。また、南半球の大陸同士を直行するフライト(南太平洋またはインド洋を飛ぶフライト)はファーストクラス設定がないため、北米またはヨーロッパ大陸を経由する必要があります。また、日にちによっては機材繰りにより、ファーストクラスの設定がない場合もあるので難易度はさらに高まると思います。

特典航空券で簡単に予約発券できるか

先述のようにすべての旅程をファーストクラスで組もうとすると航空会社は限られてしまいます。さらに特典航空券の場合、有償のチケットと違い、空席の設定枠が限られ、一つのフライトの中で座席数が少ないファーストクラスでさらに空席が限定されてしまいます。そういう意味においては、さらに予約・発券は厳しくなるのではないかと思います。 

最後に

有償の世界一周ファーストクラス運賃は114万円からですが、マイルを使えば、空港税その他を考慮しても数万円から十数万円で済みますが、ルートが限定されるほか特典枠も限られるため事実上厳しいのではないかと思います。設定がないまたは空席がない場合にその区間のみダウングレードしたクラスで予約・発券したとしても利用するマイルはファーストクラス分のマイルが消費され、色々駆使して貯めたマイルの利用効率が低下してしまいます。ビジネスクラスであれば、設定のある航空会社は格段に拡大し、何とか組めると思いますのでANAのマイルにおいて、世界一周で色々な場所に行きたい場合は、ビジネスクラスがいいのではないかと思います。

フライトプラン


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.