弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANAのシンガポールとクアラルンプール線 1月と2月は人気がないのか

anaroute

ANAで対象者限定キャンペーンがあり、その対象者となり、キャンペーン自体は驚異の内容ではありませんが、キャンペーンの真意を考えてみました。

対象者限定キャンペーン

ana cp

キャンペーン名は「中国・アジア線限定!4区間で4,000マイルキャンペーン」であり、対象期間内に対象の予約クラスで中国・アジア路線に4区間搭乗すると4,000マイルがもらえるというキャンペーンです。

■対象期間 2017年12月1日(金)~2018年2月28日(水)(ご搭乗分)まで

■キャンペーン条件

1.ANAウェブサイトからキャンペーン参加登録

2.対象路線に対象予約クラスで4区間以上搭乗

3.ANAマイレージクラブにフライトマイルを積算

■対象区間

ANAグループ運航の国際線

<アジア>

成田 ⇔ バンコク/デリー/ムンバイ/ホーチミンシティ/プノンペン/ヤンゴン/クアラルンプール/シンガポール/ジャカルタ/マニラ/台北(桃園)

羽田 ⇔ バンコク/ハノイ/クアラルンプール/シンガポール/ジャカルタ/マニラ/ソウル(金浦)/台北(松山)

<中国>

成田 ⇔ 瀋陽/北京/大連/青島/上海(浦東)/杭州/武漢/成都/厦門/広州/香港

羽田 ⇔ 北京/上海(浦東)/上海(虹橋)/広州/香港

関西 ⇔ 北京/大連/青島/上海(浦東)/杭州/香港

名古屋 ⇔ 上海(浦東)/香港

※提携航空会社が運航するコードシェア便は、全て対象外です。

■対象となる予約クラス

マイル積算率100%以上の予約クラス

ファーストクラス F/A

ビジネスクラス J/C/D/Z

プレミアムエコノミー G/E

エコノミークラス Y/B/M

■注意点

※本キャンペーンの対象となるフライトマイルの事後登録は、2018年3月12日(月)23:59<積算分(日本時間)>までです。

※対象期間内に対象路線を対象運賃で5区間以上搭乗された場合でも、本キャンペーン特典のボーナスマイルは1回のみのプレゼントになります。

※ボーナスマイルは、プレミアムポイントの対象外です。

 高額な運賃クラス(100%以上)であり、日本発では高額である点やビジネスクラスであってもツアーや期間限定運賃で利用される70%加算のPクラスは対象外となっています。日本発で利用する人は限定的かと思います。 

対象者はどんな人か

今回、当キャンペーンの対象となったのですが、日本発ではキャンペーンのような運賃で購入したことはなく、海外発券では何度か対象となるチケットは購入しています。いずれもクアラルンプール発券であり、EやMであり、過去にこうしたクラスで購入した人を対象としているのかもしれません。高い運賃で特定の期間に搭乗するとボーナスマイルを付与するということは、そのクラスに空きがあるのでボーナスを付加しても搭乗者を増やしたいということなのでしょうか。 

クアラルンプール発券の1月と2月の運賃

以上のキャンペーン対象の運賃で最も割安に搭乗できるクアラルンプール発券の対象クラスの1月と2月の運賃を検索してみました。

プレミアムエコノミー

検索結果は下記の通りです。

1月

 py1

2月

py2

この時期はクアラルンプールと東京の直行便はボーイング787-8型機でプレミアムエコノミーの設定がなく、シンガポール経由となります。割安なEクラスが空いているということはシンガポール線のプレミアムエコノミーの予約が少ないということかもしれません。他社のプレミアムエコノミー(シンガポール航空)のクアラルンプール発券では、往復で12万円以上はします。 

ビジネスクラス

検索結果は下記の通りです。

1月

jz

2月

fz

こちらは直行便によるZクラスの運賃です。ビジネスクラスの正規運賃としては一番安いクラスでほとんど空いています。季節的に需要が沈む時期かもしれませんが、一定期間に複数回搭乗する需要を喚起するということは、空席が目立っているということかもしれません。

対象期間で加算されるマイル数

プレミアムポイント

プラチナ1年目のANAカードゴールド保有で、クアラルンプール発券のプレミアムエコノミー(シンガポール経由Eクラス)で2往復した場合、ANA便では1フライトあたり6,458マイルであり、2往復合計で25,832マイルです。それにボーナス4,000マイルが加算され、29,832マイルと3万マイル特典ができるくらいです。キャンペーンはワンランク上のステータスで加算されるくらいの価値であります。

ちなみにプレミアムポイントは2往復で21,472ポイントとキャンペーンは関係ありませんが高効率です。 

最後に

ダブルマイルやプレミアムポイント増量のキャンペーンを実施するとマイラーが一気に流れ込み、定期的に利用するユーザーの定着がしないため、驚愕キャンペーンはできないけれども、クアラルンプール線とシンガポール線に1月と2月には安くても上級クラスに搭乗してほしいというキャンペーンなのかもしれません。もしかしたら、マイラーにも乗ってほしいのかもしれません。

シンガポール

 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.