弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

8月27日に大規模ネット障害が起きたら

0827iphone

8月25日のお昼頃から日本国内では、大規模なネット障害が発生しました。もし、これが8月27日に起きたら、どうするか考えてみました。

大規模ネットワーク障害

首都高速

首都高道路交通状況マップ|mew-tiミューティーより

8月25日(金)のお昼頃からインターネットが接続しにくくなりました。いつものようにはてなの購読中のブログを読もうとすると接続はされるもののなかなか表示されず、スマホのパケットを使い果たして速度制限でもかかったのかと思い、残量を確認するとそうでもなく、しばらくたってからニュースを確認すると大規模ネットワーク障害とのことでした。

原因は、海外の大手ネットワーク事業者がインターネットの経路設定(BGP, Border Gateway Protocol、冗長構成)を誤ったことが原因のようです。物理的に光ファイバーケーブルが切断やどこかのデータセンターが壊れたということではなく、本来、インターネット上での混雑を回避するための設定が間違っていたため、混雑に拍車がかかり、つながらなくなったようです。道路交通に例えていうと、高速道路の渋滞表示を誤って、お昼に渋滞の激しいルート(東京だと都心環状線)にどんどん車を送り込むようなものです。

これにより、海外の大手ネットワーク事業者と相互に接続している日本の大手プロバイダであるOCNやKDDIのバックボーンに不用意なアクセスが増加し、通信が不安定になり、日本国内でもモバイルsuicaやAmazon.co.jpが利用しにくくなったようです。

8月25日は隣国の前指導者が軍事を最優先とする政治を始めた日の「先軍節」でもあり、サイバーテロ発生かと思いましたが、ヒューマンエラーでした。

色々な記事ではネット社会の脆弱性とか書かれていますが、ミスとしてはかなり致命的なミスで10年前であれば通信全断規模であり、ネットにアクセスするデバイスも増加している中で、通信し難い状況で収まり数時間で回復しているのはネット社会の対策も進化したのではないかと思います。

8月27日は何の日

8月27日

言うまでもありませんが、ANAの国内線の割引運賃である「旅割」「特割」の予約・販売開始日です。厳密にいうと一般の利用者ではなく、ANAのプレミアム会員向けの予約・販売開始日となります。

従来からの変更

従来からの変更点は大きく2つあります。

プレミアムクラスの割引運賃の予約・販売期間の拡大

今回は国内線上級クラスであるプレミアムクラスの割引運賃である「プレミアム旅割28」・「プレミアム特割」の予約・販売期間もあわせて、変更されています。従来は2カ月前であったものが、普通席の割引運賃である「旅割」や「特割」と同じく2カ月以前から予約・販売が可能となり、8月27日時点では2018年3月下旬搭乗分まで購入が可能となります。

プレミアム会員向けの予約・販売方法の変更

これまで、「プレミアム旅割28」・「プレミアム特割」はプレミアム会員向けには「国内線の予約の先行受付サービス」として2週間前に会員向けのサービスデスクに電話をして先行予約するタイプでしたが、今回から電話での予約に加えてインターネットでも予約・販売に変更となっています。ただし、会員ランクにより開始時間は異なっています。 

予約・販売開始スケジュール

会員別のスケジュールは以下の通りです。会員ランクが上位であれば、早く購入できるようです。販売時間ごとに提供する座席数が決まっているかは不明ですが、早い方が有利と言えます。

8月27日 11:00

ダイヤモンド会員、プラチナ会員

8月27日 14:00

ANAカード保有者

8月28日 11:00

ANAマイレージクラブ会員

8月29日 9:30

全ての利用者

 個人的には、今年度はプレミアム会員のため、日曜日に予約できるのはありがたく、しかもスマホを耳に当てて電話予約する必要もないため、便利と思っています。

 8月27日に大規模ネット障害が起きたら

羽田空港

「旅割」「特割」「プレミアム旅割28」「プレミアム特割」の予約・販売開始日である8月27日にネット障害が発生場合どうなるか想定してみました。

大手プロバイダで障害発生を想定

仮に、日本の最大手プロバイダはOCN(NTTコミュニケーションズ)で障害が発生し、通信不可となった場合は、自身のプロバイダ回線が同社の場合、インターネットに接続できなくなり予約できなくなってしまいます。スマホがOCNやOCN系列の格安スマホでなければ、スマホで予約するか、スマホでの予約では操作時間がかかるのであれば、スマホにテザリング機能があれば、それを使いパソコンで予約したほうがが早いと思います。ただし、OCNが障害となると日本全国のインターネットトラフィックが一斉に他のプロバイダへ迂回するので、日本全国の通信が不安定になり、OCNを利用していない場合でも予約は厳しくなると思います。

電話で予約すれば大丈夫か

インターネットが接続できない場合に電話が考えられますが、同様のことを考える人で電話のアクセスが集中し、電話がつながりにくくなり、つながったとしてもオペレーターのアクセスする端末も影響を受けることが想定されるため、予約は厳しくなると思います。

大規模な場合は中止も

社会的な大規模障害となれば、販売を中止して、仕切り直しとなる可能性もあります。羽田空港に行ったり、ANAの本社のある汐留に行ったりしても障害は変化しないので、インターネットでのアクセスを続けて、静観した方がいいかもしれません。 

最後に

過去に超割というチケットで沖縄に行ったら、ANAのシステム障害が発生し、日帰りできなくなり、超割で購入した運賃よりも高いホテルを用意してもらったことがありました。ANAでは過去に大きなシステム障害を何度か起こしており、上記に挙げたインターネット全体の障害だけでなく、ANA自体のシステム障害も想定しておいた方がよいかもしれません。特に今回は販売方法が変更されているので少し気になります。場合によっては、1日中パソコンと睨めっこしてしまう可能性もあるので、障害が起きたら諦めて別な事をする計画も用意しておいた方がいいかもしれません。

海水浴 

 

   


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.