弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

謹賀新年 2018年注目のビジネスクラス 5選

ANA A380 ホヌANAホームページより

あけましておめでとうございます。2018年も当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。2018年最初のテーマは2018年に注目の航空会社のビジネスクラスを5社ピックアップしてみましたので、お伝えします。設備やサービスが新しくリリースされる点やビジネスクラス運賃、マイレージ制度の改定、航空アライアンスの変更の可能性、新規就航路線など含めて、注目をしてみました。

ANA

ANAビジネスクラス

設備自体は2018年に新しいシートに直接、タッチできる可能性は少ないですが、ハワイ路線に就航予定のエアバスA380-800型機(通称:ホヌ)のビジネスクラスの概要が発表されるのか注目であります。もしかしたら、取りやめとかと言う超絶サプライズもあり得るかもしれなく、とても興味があります。ボーイング787-9型機をどんどん導入していますが、現在のビジネススタッガードシートは導入から10年近くたち、そろそろ新しいプロダクトが欲しいところであります。機内食やインターネットなどはアドホックにアップグレードしており、こうしたサービスは2018年に変化を体感できると思います。

マイレージサービスにおけるビジネスクラスの加算率の変更などについては2018年からの実施の可能性は低いですが、日本発においても70%加算の予約クラスPの運賃が拡大する可能性があります。

789拡大

ANAホームページより

新機材の納入予定では、ボーイング787-9型機が数機、小型機のエアバスA320neoが4機と2017年と比較するとペースが落ちるようで、ホノルル線へのシフトで影響を受けたバンクーバーやクアラルンプールにボーイング787-9型機を投入し、再開すると思われます。新規就航路線については驚くような長距離路線は2019年頃ではないかと思います。

サービスでは、国内線のWi-Fi無料が開始され、国際線ビジネスクラスにおいてもANAマイレージクラブ上級会員向けに何かしらのサービス提供があるかもしれません。

最新ビジネスクラスシートスペック

名称 ANA Business staggered
シート間隔 62インチ
シート幅 21インチ
配列 1-2-1 直列相互配置
種類 フルフラット
モニターサイズ 17インチ

シンガポール航空

シンガポール航空ホームページより

次から次へと新サービスを発表し、現在、設置されているレガシーのビジネスクラスでも十分ですが、それからグレードアップしたビジネスクラス、さらに、2017年12月からA380-800に設置され、運航開始した新ビジネスクラスなど注目点が多いキャリアです。

SQ新ビジネス
SQ新ビジネス

シンガポール航空ホームページより

特にA350-900など長距離運航可能な機材を増やしており、シンガポールから北米までノンストップ可能なフライトも増え、快適なビジネスクラスを飽きるくらい堪能できるかもしれません。東南アジア発券で北米までの安い運賃が出ないか淡い期待をしてしまいます。

SQビジネスクラスモニター
シンガポールガール

シンガポール航空ホームページより

また、セーフティデモのビデオも新しくなり、シンガポールガールさんへの機内での注目度も上がるかもしれません。

最新ビジネスクラスシートスペック

名称 Business class
シート間隔 78インチ
シート幅 25インチ
配列 1-2-1 直列相互配置
種類 フルフラット
モニターサイズ 18インチ

デルタ航空

デルタワンスイート

デルタ航空ホームページより

A350-900の就航とともに設置されたデルタワンスイートの評判がどうなるかが興味のあるところです。ビジネスクラスとしてはかなりハイスペックでファーストクラスにも近いデルタワンスイートですが、どれほどのものか知りたいところです。最近米系の航空会社のサービスのアップグレードがかなりのスピードで進展しており、機内のみならず、アメリカ本土のラウンジも注目点かもしれません。

デルタ航空アトランタ空港ラウンジ

デルタ航空ホームページより

日本語のブログでの搭乗記はあまりありませんが、海外では搭乗記がたくさん出てくると思いますので、そこに注目し、中国本土向けに新規就航がさらに考えられ、中国発券で、お得にデルタワンスイートを堪能できないかも考えてみたいと思います。

最新ビジネスクラスシートスペック 

名称 Delta One Suite
シート間隔 76-81インチ
シート幅 22-24インチ
配列 1-2-1 直列相互配置
種類 フルフラット
モニターサイズ 18インチ

カンタス航空

カンタス787-9

カンタス航空ホームページより

カンタス航空ではエアバスA380-800の全機改修を行い、ビジネスクラスとプレミアムエコノミーの座席を増加させる予定もあり、運賃がどのようなものになるか興味のあるところです。また、ロンドンやニューヨークとシドニー間のノンストップフライトをメーカー(ボーイング、エアバス)とも協議しているようで、2020年にオーストラリア大陸までノンストップを開始する詳細が発表されるかもしれません。20時間超のビジネスクラスはどのようなものになるのかが興味深いです。

カンタスビジネススイート

カンタス航空ホームページより

これに先駆けて、ロンドン=パース間について、2018年3月に就航を予定しており、飛行距離9,009マイルをボーイング787-9でノンストップフライトします。ジェット機運用開始後、死亡事故なしのカンタス航空だけに安全性も十分に超長距離フライトを実現すると思われます。カンガルーのジャンプの飛距離がますますま長くなります。

最新ビジネスクラスシートスペック

名称 Business Suite
シート間隔 80インチ
シート幅 24インチ
配列 1-2-1 直列相互配置
種類 フルフラット
モニターサイズ 17インチ

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック

キャセイパシフィック航空ホームページより

スカイトラックス社の2017年ワールド・ベストエアラインで第5位のキャセイパシフィック航空については、約3割の出資をしている中国国際航空との関係によっては、スターアライアンスへの移行も予想され、興味深いキャリアです。エアチャイナからの視点で考えるとワンワールドにおいて、エアチャイナとカニバリがなく、ワンワールドとしてスターアライアンスに対抗し、収益が上がれば、持分益も入り、時価総額も上がるのでメリットはありますし、スターアライアンスに移行して、シナジーを発揮するのであれば、それはそれでよいと考えられるので、動向が注目されます。

キャセイパシフィックビジネスクラス

キャセイパシフィック航空ホームページより

しかし、スターアライアンスに移行すれば、アジアでは、シンガポール航空、エバー航空、ANAのスカイトラックス社の上位ランカーのほか、アシアナ航空、タイ国際航空、深セン航空、エアチャイナ、エアインディアとフルサービスキャリアのかなりが加盟し、どこかのキャリアが逆に脱退する可能性もあります。アジアの人口増加は続いており、他の地域との移動は活発なので、キャセイパシフィック航空が移行してもスターアライアンスとしてはまたまだ、供給は足りないのかもしれません。

キャセイ香港ラウンジ

キャセイパシフィック航空ホームページより

個人的には、スターアライアンスに加盟してもらえば、ANAダイヤモンド会員だったりするとCXのフラッグシップラウンジに入れたりすると嬉しいです。

最新ビジネスクラスシートスペック

名称 Business class
シート間隔 81インチ
シート幅 21インチ
配列 1-2-1 ヘリンボーン配置
種類 フルフラット
モニターサイズ 18.5インチ

最後に

新年早々、所感のような記事になってしまい、深堀した内容でなく、恐縮ですが、今年はできるだけ、色々なエアラインを利用し、実体験をもとに記事を書き、今後の動向を考察していきたいと思いますので、本年も当サイトにお越しいただければと幸いです。

ハワイ海 


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.