弾丸トラベルは怖くない!

マイル、トラベル情報、海外発券など

ANA国際線 2-3月の燃油サーチャージ改定 シドニー往復だとプラス7,000円/人負担増

ANA

ANAの2-3月の燃油サーチャージを発表し、改定基準テーブルに変更が生じ、燃油サーチャージが引き上げとなります。2018年2月1日(木)以降の航空券発券分より、引き上げられることとなりましたのでまとめてみました。

シンガポールケロシン8,044円

改定基準テーブル

改定基準テーブル(ANAホームページより)

2017年10月から11月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり71.22USD、為替レートは1USD=112.94円でした。これにより、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は8,044円となり、改定基準テーブルの8,000円以上9,000円未満に該当するため、値上げになったとのことです。改定基準テーブルの閾値をわずかに上回ったことにより、改定となっています。

各地域の引き上げ額

引き上げ額

各地域の日本発往復の引き上げ額は以下の通りです。

欧州、北米、中東、オセアニアではプラス7,000円(+50%)

ハワイ、インド、インドネシアではプラス4,000円(+50%)

タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジアではプラス3,000円(+50%)

ベトナム、フィリピン、グアム、サイパンではプラス2,000円(+50%)

中国、香港、台湾、マカオではプラス2,000円(+66.7%)

韓国ではプラス400円(+66.7%)

の引き上げとなっています。 

成田=メキシコシティ線

メキシコシティ線は日本発に限り、片道7,000円と距離のわりに低めですが、引き上げ幅としては往復でプラス7,000円と欧州、北米、中東、オセアニアと同等になっています

引き上げ幅をマイル換算すると

スカイコイン換算レート

スカイコイン交換表

燃油サーチャージの引き上げ幅をスカイコインで負担するとして、マイル換算してみました。スーパーフライヤーズ会員のマイル=スカイコイン換算レートで計算してみました。

シュミレーション

シドニー

例 羽田=シドニー往復 家族4人(幼児でない子供2人含む)の場合

燃油サーチャージについてプラスの総額7,000円×4人=28,000円

スーパーフライヤーズ会員は20,000マイルを26,000スカイコインに交換でき、残不足額の2,000円は1:1の2,000マイルと想定すると合計22,000マイル必要となります。もちろん、スカイコインを利用する際は航空券のチケットにも充当することが考えられるため、30,000マイル以上でスカイコインに交換することが考えられますが、余計なマイルが必要となります。

最後に

2018年2月1日(木)以降の発券ということで、それ以前に購入すれば余計なサーチャージ費用は支払う必要はありませんが、マイルを沢山保有している人を除けば、年末年始で出費の多い時期のあとにキャッシュアウトがかさむのは心理的に割高感を実際以上に感じるのではないでしょうか。企業側は需要と利益を見ながら、期間限定運賃など出してくることも考えられ、逆にマイル加算やプレミアムポイント加算では割安なチケットに出くわすかもしれません。

空港


Copyright ©Dangan-Lucky All rights reserved.